鬼城

つらら

2018.01.27.Sat.12:00
鬼ヶ城にいかんかな?

携帯に・・・即 、「行く!」
「うわつ」さん、奈良から今朝、帰ってきたらしい。
取るものも取りあえず、防寒し出発!
しかし、財布は忘れる、携帯は忘れる・・・
お互い「歳はとりたくないなあ」と話ながら雪道を登っていく。

昨晩の深夜バスで、暖房が効きすぎ眠れなかったとか。
それでも彼は不死身か?元気である。
梅ヶ成までいくと雪が深く、引き返すことにした。
単独行の女性が・・・「八面山」まで行ったとか?

さて今回のアップは、帰りにつららを撮ったものである。
コンデジとフルサイズで撮ったが、構図が・・・
最後の二枚はレンズを貸して貰い、手取り足取り教えて貰ったものである。
一目瞭然!自分でも違いは分かる。
カメラの扱い方、レンズの選び方、構図などなど教えて貰った。

つらら0
続きを読む "つらら"

冬の札所

2018.01.26.Fri.09:00
寒菖蒲

寒菖蒲を捜しに浄瑠璃寺へ・・・
「永き日や 衛門三郎 浄瑠理寺」の子規の句碑が迎えてくれる。
お遍路さんの姿が見える。
お目当ての寒菖蒲は咲いていなかった。
お参りをし、裏手に回った。
ここは蓮畑で有名なところである。
冬の日差しの中、咲く日を夢見て耐えている。

札所0
続きを読む "冬の札所"

冬の花

2018.01.24.Wed.12:00
寒菖蒲(かんあやめ)

この花の存在を知ったのは、友人のランスケさんからだったと思う。
年数回の仕事を頼まれ、松山(生涯学習センター)に行く事になった。
昼食を食べ行くのであるが、時間待ちに浄瑠璃寺、八坂寺に行くことにしている。
当時、浄瑠璃寺でひなたぼっこをしているご老人からこの花の存在を聞いた。
カメラを肩に掛けていたからかもしれない・
そのあと、八坂寺にはきれいに手入れされ咲いているとランスケさんからお聞きした。
今回、浄瑠璃寺には葉はあったものの花は無かった。
がっかりして八坂寺に・・・

この寒さの中、毅然と咲いていた。5cm足らずの小さな花であるが、美しい。

寒菖蒲1
続きを読む "冬の花"

宇和島城作事所跡発掘現地説明会

2018.01.22.Mon.08:00
興味・関心

2018年1月13日の愛媛新聞に記事が掲載された。
それまでに広報で知っていた。
この日14日10時!
このニュースは、宇和島城の新しい発見と言うことで参加者は多かった。
この場所は地図(宇和島市HPから拡大)でしまされているようにJTの跡地である。
今回の発掘は駐車場となっていた場所である。
作事所の建物はJTの建物と重なっている。
戦前、ここには第二尋常高等小学校(現鶴島小学校)が在った場所でその基石も見つかっている。
面白いのは池の跡があること。
これは研究の余地があると学芸員のお二人が口を揃えて言われていた。
説明は聞きやすく資料も丁寧に編集されすばらしかった。
伊達博物館蔵の「宇和島城下町絵図」には建物の全容が描かれている。
今回、資料、発掘された機材などはアップしていない。

今後、この遺跡をどうするかが課題である。
集まった方々と話す中で、戦争で何もかも無くなっている宇和島市に復元をとの声が多かった。
私もその一人でJTの建物を利用をすると貴重な城の遺構が残らない。
この場所の上には式部丸も有り、城山らしさが出てくる。

作事所跡1
続きを読む "宇和島城作事所跡発掘現地説明会"

雪の宇和島 その3

2018.01.19.Fri.18:00
昼の雪

積もっている雪は珍しくないが、昼間に吹雪く雪は珍しい。
その雪で視界も・・・
お寺の写真を撮って、散歩コースをたどろうと思いついた。
まずは宇和津彦神社、愛宕公園・・・何時ものコースに加え菩提寺に・・・
それから別ルートで大超寺奥へ行った。
さすがに歩き疲れ、距離を見たら8km!
神経を使う雪道だったので、久しぶりに歩いたという感じがした。

雪の散歩道1
続きを読む "雪の宇和島 その3"

雪の宇和島 その2

2018.01.18.Thu.08:00
金剛山大隆寺

龍華を出て川沿いに大隆寺まで雪道を歩く。
鐘撞き堂も雪の中・・・
山家清兵衛の位牌所をお参りし、亀姫様の墓所を参拝した。

幕末の勤皇老師「晦巖」の碑の前を通り、西の谷の山家廟へ・・・
山家清兵衛の右腕として活躍した伊方屋仁兵衛の墓も雪の中だった。

金剛山1
続きを読む "雪の宇和島 その2"

どんど焼き

2018.01.16.Tue.10:00
左義長


どんど焼きとは、お正月飾りの門松やしめ縄それに書き初めなどを、火にくべて焼き払う日本の伝統行事です。
お正月に天から下りてきた歳神様は、どんど焼きの煙に乗って天に帰るとされています。
それをお見送りするために行われると言われています。【豆知識より】

アップが間に合わない。
旬なものから上げることにした。
日時は神社によって違うようだが、我が氏神様は昔の成人の日を変えることが無い。
三々五々、正月の飾り、古いお札を持ってくる。
昔みたいに積み上げ、焼く方法ではなく、安全を考え、焼却場を作っている。
これも仕方が無いことかもしれないが、一抹の寂しさが・・・
拝殿前では「ぜんさい」を振る舞っていた。


どんど焼き1


続きを読む "どんど焼き"

雪の宇和島

2018.01.14.Sun.15:00
竜華山等覚寺


雪が積んでいる。
我が家から見るとお城山は薄い。
天赦園も同様だろうと考え、雪の菩提寺をと・・・
ここ等覚寺は宇和島藩伊達家の菩提寺である。
山門を入ると足跡が一筋。
まず西の墓所のお参りをする。
そして東の墓所へ・・・

帰りに山門をくぐりばがら、さてこれから何処に行こう!
頭に浮かぶのは金剛山大隆寺だった。

等覚寺1
続きを読む "雪の宇和島"

遊子の段畑

2018.01.13.Sat.18:00
水荷浦

案内を頼まれたときに、段畑の案内が出来ますかとのこと。
宇和島に生まれた者なら私に年代なら誰でも出来る。
それに平成19年に「国の重要文化的景観」に設定されたこと。
また「日本農村百景」にも・・・

遊子「水荷浦段畑」はこの魚見の丘から一望できる。
眼前には真珠の養殖筏が・・・
昔を違ってモノラックによる荷物の運搬ができる。
歴史的背景については別の機会に・・・

段畑1
続きを読む "遊子の段畑"

天赦園

2018.01.09.Tue.15:00
天赦園案内

今回のご案内で子どもたちが一番喜んだところでした。
さて?
「池の鯉」だったんです。
宗紀公も苦笑いでしょう。
ニュージーランドには恋は居るようですが、真鯉だそうで錦鯉が珍しいとか?
宗城公腰掛け石はいくつかあるようですが、その一つに・・・

冬の日でしたが、お客さんは結構入っていました。
ただ春雨亭が改装中なので平成31年までは景色が・・・
案内と言えば2012年の「いやし博」
中村知事と橋下もと大阪市長さんをご案内したなあ・・・

天赦園1
続きを読む "天赦園"