鬼城

羽田空港

2017.11.01.Wed.12:00
台風21号

帰路、台風の影響で登場できるかどうか分からなかった。
飛行場まで行ってみることにした。
ネットでは南はOK、北は欠航だった。
時間待ちをしているとパネルに松山と出たので一安心・・・
時間真家押している間、うろうろと・・・
飛行機が一杯!
飛行場なので当然だろうと思うが、離着陸が多すぎる。
飛行機については、ほとんど知らない。
787くらいかな?

羽田2
続きを読む "羽田空港"

七五三

2017.10.31.Tue.09:00
横浜

今回の旅行目的は孫の小学校最後の運動会を見に行くこと、七五三のお祝いだった。
台風襲来で悪天候・・・運動会は延期だった。
七五三だけはと雨の中、鶴見神社へ・・・
本殿の裏には富士宮が祭られている。本殿の台座は富士山の溶岩である。
狛犬の台座も同様だそうだ。
由緒ある神社で参拝者も多い。
神殿で祝詞を上げていただく。
その後、大太鼓を五つ打つ神事があった。
記念撮影後、食事に向かった。

七五三1
続きを読む "七五三"

鶴岡八幡宮

2017.10.28.Sat.15:00
雪ノ下

北鎌倉から鶴ヶ岡八幡宮に至る道のトンネルである。
この地区を雪ノ下という。
伊達政宗の甲冑(雪ノ下洞)はここで造らせとか、芦名氏が会津に呼び寄せそこで造らせていたとも言われる。
どうも東北説が有力だが、この地名を採っているのは間違いないだろう。

相模国の一宮で、宇佐八幡宮(大分)・石清水八幡宮(京都)と共に、 三大八幡宮の一つ。
参拝し、孫達のお守り購入・・・
海に向かって開けた道路。
大石段、大銀杏(倒壊し、植えられている)、源平池、弁天堂をみて鎌倉駅に向かう。
小町通りで買い物、そして鎌倉駅へ・・・
北鎌倉駅よりずーっと豪華な駅舎である。


鶴ヶ岡八幡宮1
続きを読む "鶴岡八幡宮"

円覚寺

2017.10.26.Thu.12:00
瑞鹿山円覚興聖禅寺

二度目の参拝・・・
臨済宗円覚寺派の大本山であり、鎌倉五山第二位。
本尊は宝冠釈迦如来、開基は北条時宗、開山は無学祖元である。
今回は紹介していないが、北条時宗の墓、国宝「洪鐘」がある。
山号に鹿が入っているのは、開祖の飽和を鹿が聞きに来たことから付いたとされる。
禅寺特有のお庭「妙香池」や山号に因んだ「白鹿洞」もめずらしい。

円覚寺1

続きを読む "円覚寺"

金寶山浄智寺

2017.10.25.Wed.09:00
鎌倉五山

第4位の浄智寺を参拝していなかった。
今回の旅行で積み残した浄智寺を参拝をすることにした。
北鎌倉、この響きが堪らない。
一気に鎌倉時代にタイムスリップした感じがする。
ご本尊は「三世仏」弥勒様、お釈迦様、阿弥陀様である。
ゆったりとした空間、静かな佇まい、すばらしいお寺だった。
今度来るときは花の季節に来たいものだ。

浄智寺1
続きを読む "金寶山浄智寺"

中世の城

2017.10.18.Wed.12:00
河後森城

秀宗公事績「鶴鳴余韻」(大正3年3月)を見てみると西園寺15将の記述がある。
河後森城は「川原淵殿」と呼ばれ渡邊式部少輔敎忠が治めていた。
石高は西園寺15将の中でも一番高禄で1万6500石である。
惜しむらくは西園寺の統治から戸田、藤堂、富田、伊達とめまぐるしく変わったこと。
生き残るためには従うよりほかない。
天正9年(1604年)には天守を解体した。
その一部を板島丸串城(後の宇和島城)へ移築し、月見櫓として建立している。
あまり知られていないが、渡邊氏の末裔の方が現八幡神社の宮司さんである。

鬼北町から松野町へ足を伸ばし登ってみた。
入り口が分からず、「吉野の食いしん坊」さんへ連絡、助けていただいた。
道は整備され、現在も樹木の伐採をやっていた。
最初に目黒側の新城跡へ、そして旧城へ・・・
ここからの景色は延野々方面が見渡せ景色が良いところだ。
登り口からの高度は80m。
椎の大木、何を見ているのか?

時間の余裕が出来たので「食いしん坊」さんのログハウスを訪問・・・
おもてなしを受け、お母さんとも歓談、満足して帰途についた。

次は土居清良のの居城「大森城」に挑戦してみたい。

可後森城1
続きを読む "中世の城"

広見川

2017.10.14.Sat.09:00
鬼北町鬼街道

国道320号線の別名である。
道の駅「森の三角帽子」の鬼王丸と「夢産地」の柚鬼姫を結ぶ道・・・
赤い蕎麦の花を撮りに行った帰り道、ふと寄り道をした。
なん万年もの時を経て、造られた川の造形はすばらしい。
愛媛県下、他にもあるけれど、この場所には思い入れがある。
場所は小倉(おぐわ)轟橋の下である。
バス停も有り、すぐに分かる。
残念だったことは川まで降りる道が無かったこと。
下流方面、もしくは上流から遡行しなければならないようだ。


轟1

轟2

轟3

轟4

花を探して

2017.10.13.Fri.18:00
蕎麦の花

「うわつ」さんのブログで赤い蕎麦の花がアップされていた。
東温市まで撮りに行ったとばっかり思っていた。
ところが、今年の春に鬼北町の小越さんに「赤い蕎麦」を植えたら良いと助言していた。
小越さん曰く「蕎麦は面倒・・・」
しかし、気をつかわれたのか、人間関係なのかは分からないけれど、赤い蕎麦が植えられている。
道がわかりにくかったので「うわつ」さんに電話・・・
丁寧に教えて貰った。
赤と白と美事!
蕎麦を打ったらどっちがうまいんだろうと思いながらシャッターを切った。

側1
続きを読む "花を探して"

国体最終日

2017.10.11.Wed.21:00
レスリング会場

11日間にわたる愛媛国体最終日!
閉会式は県陸上競技場である。
日程の都合か、宇和島ではレスリングの決勝が行われた。
国体期間中、宇和島から動かず、いや所用も有り動けずだった。
選手の皆さん、お疲れさまでした。
ボランティアの皆さん、御苦労さまでした。
宇和島の活性化には疑問が残りましたが、歴史に残る日々でした。

国民体育大会、スポーツのイベント・・・
何時も思うこと、お祭り騒ぎの後の寂しさ。
何を残してくれたのか?感動!実績・・・

ここで美空ひばりの「お祭りマンボ」を思い出す。

お祭りすんで 日が暮れて
つめたい風の 吹く夜は
家を焼かれた おじさんと
ヘソクリとられた おばさんの
ほんにせつない ためいきばかり
いくら泣いても かえらない
いくら泣いても あとの祭りよ

レスリング1

続きを読む "国体最終日"

ワークショップ

2017.10.10.Tue.12:00
伊達博物館刀剣展

山下氏は日本の伝統文化を守るすばらしい宇和島人である。
この肥後象眼の鍔師としては、江戸時代よりわずか4人しか居ない。
現在は彼のお師匠さんである松山在住の玉岡先生のみ。
彼の人間性は勿論、材料も道具も技術も半端なものではない。
刀剣審査会の鍔部門で日本一に輝いている。
彼の初期の頃の竜田川の紅葉、吉野山の桜の鍔は私の大好きなものである。

ワークショップ2

ワークショップ1

ワークショップ3

[広告] VPS

鍔師山下!