鬼城

御施餓鬼

2017.08.20.Sun.13:00
お船流し

我が家の菩提寺「大超寺」の御施餓鬼が19日開催された。
近隣の浄土宗のお坊さんがたが勢揃いされ19:00より法要が営まれた。
昔は新しい仏様の船は細工も素晴らしかったが、最近では統一され、簡素化されている。
お寺の行事はお盆を中心に数多くある。

法要の後、御霊を西方浄土へ送る精霊流し(お船流し)がある。
これもしきたりがあるそうなのだが、詳しくは知らない。
今年も亡くなられた方は多いようだ。

御施餓鬼1
続きを読む "御施餓鬼"

芋朝顔

2017.08.18.Fri.09:00
朝顔

古来より、日本人に親しまれてきた朝顔・・・
夏の風物詩に「朝顔市」がある。
変種も多く、大きさや斑入り、そして花の形状など研究も盛んに行われている。
元々、芋科だそうなので接ぎ木は出来るようだが、至難の業!
お父さんから教わったという、izumigamoriさんに今年も頂いた。
何度か咲いたようだが、昨日咲いた花である。


驚き!
今朝咲いた花は「薄青」
izumigamoriさん、仕掛けたようです?
これは珍しいので写真追加です。

芋朝顔1

芋朝顔2

芋朝顔3

芋朝顔4

アトリエ パレット 教室展

2017.08.14.Mon.13:00
きさいや広場へ GO!

13日、今日までの案内を貰っていた。
アトリエ・パレットの教室展!
お世話になっていることと素晴らしい授業内容、そして作品に触れるため訪れた。
生徒さん方の作品、素晴らしいの一言・・・
努力の成果が現れていた。
緻密な作業、そして粘り強さは測しれない。
精密画は藤田氏、幸福の豚さんは指導者、そして最後の作品は主催者のもの・・・
予想を外れず、子どもたちからお年寄りまで素晴らしい作品だった。

個展1
続きを読む "アトリエ パレット 教室展"

打吹童子ばやしと海上渡御

2017.08.11.Fri.17:00
宇和島牛鬼祭りの知られざる行事ふたつ!
時期を逸したが、お盆の帰省の思い出にアップ・・・

[広告] VPS


[広告] VPS

本屋

2017.08.05.Sat.10:00
読書

私は本を読むのが好きだ。
しかし、読む本は大衆小説か時代小説か推理小説に偏っている。
この梨木香歩の本はエッセイ風の物語である。
それも昔話的なもの、視点を変えた自然界のものを題材にしている。
紹介していただいたのがブログ仲間の「ランスケさん」である。
今から10年ほど前だった。
何度読み返しても面白い。
ある話では笑みもこぼれる。
これも、数年前か?ランスケさんのブログで続編の紹介が出ていた。
本屋に行ったけれど無い!
後で考えると「ハードカバー」だったのかと思う。
久しぶりに本屋に立ち寄った。
すると在るではないか!
早速購入して読んだ。
厭きることが無い。
筆のタッチが、すーっと頭に、心に入ってくる。
今から何度も読み返すにちがいない。

梨木香歩1

梨木香歩2

金剛山大隆寺

2017.08.02.Wed.17:00
おたまい様

子どもの頃からこの名前で覚えている。
今では正式名勝「御霊屋様」・・・
この廟は秀宗入部の時の総奉行である家老山家清兵衛公頼のぼしょである。
扉の奥には五輪の塔が立っている。

この墓所とは別に五代村候は自分の戒名が付いた大隆寺に位牌堂を儲けた。
山門の正面の建物がそれである。
この山家清兵衛期には最近、夜店も出店している。
夜には花火も上がっている。
本堂では琴の演奏、広場では「宇和島さんさ」の踊りも奉納される。
神になった侍だが、個々はお寺で法要の場所である。
神は和霊神社である。
当時も暑い夏だったに違いない。

御霊屋さん1
続きを読む "金剛山大隆寺"

御霊屋さん

2017.08.01.Tue.15:00
山家清兵衛忌

元和6年6月晦日に上意討ちにあった清兵衛・・・
現在の暦では、7月29日である。
子どもの頃は毎年、お参りに行っていた。
仕事を引いてからお参りは欠かしていない。
18時より臨済宗妙心寺派のご住職達が法要を営む。
今年は丁度用件が重なり、16時頃にお参りした。
和霊廟の左手には伊方屋仁平衛の墓もある。
後ろには奥方、娘の廟所が・・・
今でも哀しい言い伝えが、数多く残っている。

金剛山1
続きを読む "御霊屋さん"

宇和津彦神社輪抜け

2017.07.30.Sun.15:00
夏越祭

7月28日のこと・・・
大急ぎで宇和津彦神社へ参拝する。

穢れを祓い、この暑い夏、無病息災で過ごせるようにと・・・
どこの氏神様でもあるようだ。
茅の輪をくぐり抜ける。

夕方から夜に掛け用事が入っていたので、時間的には早いがお参りを済ませた。
交通山全祈願場所も設置されている。
夜には花火も上がるとか。
ただいま、準備中!

輪抜け1
続きを読む "宇和津彦神社輪抜け"

海上渡御

2017.07.30.Sun.15:00
海の神

宇和島の町並みを駆け抜け、港に着いた御霊・・・
これから海の豊漁をねがって海を渡る。
距離的には800mほどとか・・・
伝説では清兵衛の亡骸は海に流される。
その御霊が帰ってくることから海上渡御の言い伝えがあるとか。
高地や瀬戸内で語り継がれてきた話は面白い。
高張り提灯、法被の背中は「釘抜き紋」
腰回りは「抱き波」
自分の今年の祭りもこれで終わった。

海上渡御1
続きを読む "海上渡御"

山家清兵衛屋敷跡

2017.07.29.Sat.15:00
お旅所

和霊様のご神体、神輿の御旅所は丸の内和霊様である。
「うわつ」さんより電話を貰い駆けつけた。
国道56号線の交差点を通行止めし、まずは先導の四つ太鼓・・・
そして神輿が続く。
交差点の真ん中には、短いけれど舞笹が・・・
御幣を取り、神事終了。
境内では、厳かに祝詞があげられ、御霊を慰霊する。

生まれて初めて見る光景!
走り込みに供えて、神輿の廻りの飾り物が取り除かれる。

神輿1
続きを読む "山家清兵衛屋敷跡"