鬼城

軍艦島にて 2

2017.07.06.Thu.08:00
クルージング

数年前まで軍艦島(端島)は上陸禁止の島だった。
当時はクルージングで島の廻りを回っていたと聞いている。
この上陸ツアーの帰りには、島を一周し、東側、西側の撮影ポイントで停戦してくれる。
右舷、左舷も平等に船を回してくれるサービスぶりだ。

西側は居住地区、東側は管理地区で迎賓館もあったそうだ。
まさに格差社会・・・
写真は南側、第三広場よりのものである。
坑道の入り口、ベルトコンベアの跡、倉庫など・・・
一番上には水のタンクがある。
白い灯台は、数年前にプラスティック製に新調された。
軍艦島最盛期には、住居の電灯が灯り、灯台は必要がなかった。
昭和49年閉山後は灯台が必要不可欠となった。
当然、太陽光発電によるものである。
コンクリートの島、だから植物はない。
屋上で
野菜を育てていたという記録は残っている。
当然土は運んできた。
廃墟に雑草が生え、花を付けていた。

この島で撮影されたドラマが数本ある。
この夏公開される韓国の映画は、強制労働を描いたものだそうだ。
私はサスペンスが好きでよく見る。
浅見光彦シリーズ」棄霊島」は素晴らしかった。
一夜、ニ夜の前後編で3時間20分の大作!
よくもまあ、このような筋を考えたと・・・
このとき主人公は島の中を自由に歩いていた。
残念ながら、これを境に危険地区への立ち入り禁止となったそうだ。


端島7


端島8
続きを読む "軍艦島にて 2"

軍艦島にて 1

2017.07.04.Tue.12:00
軍艦島全景

丁度、第一広場に説明板があった。
見学場所は3つの広場からのみ・・・
実際に建物の中に入りたかったが、今でもコンクリートが落ちてきていて危険とのこと。
そのため東側の3カ所の広場を結ぶ通路でしか見ることが出来ない。
その理由で西側、住居地区の見学は海からのみ・・・
鍋島氏より三菱が譲り受け廃鉱となるまで石炭を掘り続けた。
強制労働の話はついて回る。
坑道入り口、炭鉱は何処にあったのか?
説明板の入り口より海底に網の目のように張り巡らされた場所で掘っていた。
3kmほど西側の三ツ瀬まで横の坑道を堀り、そこから1,000m近く水鳥に掘ってもいる。
ボランティアガイドの方が丁寧に説明してくださる。
見るところは管理部門の建物・・・
端島神社、幼稚園の滑り台が屋上に見える。
建物は管理者のための住宅でバストイレ付き・・・
ちなみに作業員の家族は西側で6畳一間で共同風呂、共同トイレだった。
トンネルをくぐると第三広場である。
この島に一時、5,000人を越える人が住んでいた。
都市機能を備えていたが、世界一の人口密度は破られることはないだろう。

島7

島8
続きを読む "軍艦島にて 1"

軍艦島クルーズ出発

2017.07.03.Mon.10:00
長崎港

土砂降りも収まり、ホテル出発!
まだ出港かどうか不明・・・
長崎港到着で9時出港と連絡を受ける。
待合所には修学旅行の生徒達が・・・
情報では軍艦島方面はうねりがあるとか。
上陸は船長判断とのことだが、一生に一度の修学旅行生が居るので上陸できるだろうと・・・
写真は「観光丸」外輪船である。
乗船し、三菱100万トンドッグを左手に見る。
上空には長崎湾をまたぐ巨大な橋「女神大橋」が出現している。
三菱造船が交通事情を考え社員の通勤用に使っているとか。
このアイディアが凄い。
さすが、三菱さん!
次の橋は「伊王島大橋」、宇和島の九島ほど近くは無いが、島の人たちは便利になったろう。
港も変わった。

クルーズ0
続きを読む "軍艦島クルーズ出発"

矢太楼

2017.07.02.Sun.15:00
坂の町

長崎は三方山に囲まれ、坂の町として発展してきました。
宇和島とよく似ています。
山の中腹にあるこのホテル、修学旅行でよく泊まりました。
結構老舗・・・
向側には稻佐山公園があり、夜景を楽しませてくれます。
しかし、薄暮の外国船に火がつき始め、9時頃にはと期待していました。
雨が振り出し、煙ってきました。
街を見ると夜景はがっかり・・・
聞くところによると平成18年頃をピークに光が少なくなったとか?
写真、長崎くんちの龍、凧(長崎ではハタ)の写真です。
最後にチラシを載せています。

ホテル6
続きを読む "矢太楼"

出島

2017.07.01.Sat.10:00
出島

幕末の長崎では必ず出てくる場所である。
しかし、坂の町長崎には土地の部分が少なく埋め立てに次ぐ埋め立て・・・昔の姿は見る影も無い。
現在、復元作業中で中は工事中の建物が多かった。

ボランティアガイドのお侍さんに聞くところによると完成は、2050年!
「それまで生きては居ない。」(笑い)
しかし、扇形の上の部分は海に面していたが、今では道路、住宅・・・
この場所は堀にするとか。つまり、扇形を堀で囲む景観にとのことだった。

歴史的名所だが、面影が無いのが寂しい場所だった。


出島1
続きを読む "出島"

フェリー(行き帰り)

2017.06.30.Fri.12:00
フェリーの旅

最近、ぐっと減ってきたのがフェリーの旅です。
ゆっくり休んで運転も疲れない。
寝て行くことが出来る京阪神方面がなつかしい。

行きは佐田の岬から佐賀関へ・・・
九四国道フェリー「遙かぜ」でした。
三崎港入港です。
岬の灯台、いいですね。

帰りは別府、八幡浜宇和島運輸でした。
船は乗ってみたかった「あかつき」この名前がなつかしい。
同型船を建造中とか。
「ゆうなぎ」なら最高なんだが!
丁度、別府あるいは臼杵行きのフェリーとすれ違いました。

行き1

行き2

行き3

帰り1

帰り2

宇和島自動車パールツアー

2017.06.29.Thu.13:00
軍艦島(端島)

もっとも行きたかった場所!
写真はFreeより・・・
ご存じの通り、この島は明治から昭和にかけて、海底炭鉱で栄えた町である。
端島は本来は、南北約320メートル、東西約120メートルの小さな瀬だった。
それを埋め立て、コンクリートの壁を造り、これだけの巨大な島にした。
現在は南北480m、東西160m、周囲1,200mである。
1974年閉山で現在は無人島。
2015年「明治日本の産業革命遺産・製鉄、造船、石炭産業」が世界文化遺産に登録された。
先駆けること6年前、2009年上陸できるようになった。
詳しい内容は、ブログを見てのお楽しみ・・・


軍艦島1


軍艦島2

植え替え

2017.06.26.Mon.21:00
天赦園へ

講演依頼があり、その資料作成のため伊達事務所へ伺った。
部長さんは、菖蒲の植え替えで天赦園とか。
さっそく、天赦園に行く。
ここの菖蒲園は4等分され、一区画づつ、年ごとに植え替えを行っている。
今年は入り口に一番近い場所・・・
藤棚にネットが書けてあるので、理由を問うと明日の雨よけとのこと。
花の種類ごとに分けて並べてあった。
美しい菖蒲園を公開するための準備がもう始まっている。

植え替え1

植え替え2

植え替え3

植え替え4

薬師谷終了

2017.06.24.Sat.10:00
標示

滑床自然休養林等保護管理協議会、宇和島市とある。
この団体、組織は何だ!
つまり足摺宇和海国立公園だと言うこと。
そしたら調査、修復するのは・・・

沢路を登ったすぐ、水飲み場がある。
個々の水はミネラル分が多く、美味しいので汲に来る方が多い。
この日も自転車の前籠にペットボトルを一杯入れ、降りてくる人に会った。
渓谷には名も付いていない滝が数多くある。
また雨が降ると出現する幻の滝も・・・
今回は崖崩れで中途半端なアップになった。
近く再挑戦をしたい。

まずはリクエストのあった「鮎返り」「旧水源地」に行ってみようか?
週末は忙しく、時間が取れないので来週になるだろう。

渓谷1
続きを読む "薬師谷終了"

雪輪の滝

2017.06.23.Fri.08:00
代表的な滝

薬師谷。成川。滑床の岩は花崗岩である.
結構柔らかく、水の流れで削られ、滑床と言われるくらい表面がなだらかである。
滝もその影響で、水の流れが少ないときに輪を見ることが出来る。
その彩り、そいて形状から「雪輪」の連想で雪輪の滝と名づけている。
傾斜が緩く長いのは滑床、一気に落ち込む豪快な雪輪は薬師谷である。
よく見ると、この滝は二段になっている。
中学校の頃、この滝壺でよく泳いだ・・・

雪輪の滝1

雪輪の滝2

雪輪の滝3

雪輪の滝4