祭り | 鬼城

海上渡御

2017.07.30.Sun.15:00
海の神

宇和島の町並みを駆け抜け、港に着いた御霊・・・
これから海の豊漁をねがって海を渡る。
距離的には800mほどとか・・・
伝説では清兵衛の亡骸は海に流される。
その御霊が帰ってくることから海上渡御の言い伝えがあるとか。
高地や瀬戸内で語り継がれてきた話は面白い。
高張り提灯、法被の背中は「釘抜き紋」
腰回りは「抱き波」
自分の今年の祭りもこれで終わった。

海上渡御1
続きを読む "海上渡御"

山家清兵衛屋敷跡

2017.07.29.Sat.15:00
お旅所

和霊様のご神体、神輿の御旅所は丸の内和霊様である。
「うわつ」さんより電話を貰い駆けつけた。
国道56号線の交差点を通行止めし、まずは先導の四つ太鼓・・・
そして神輿が続く。
交差点の真ん中には、短いけれど舞笹が・・・
御幣を取り、神事終了。
境内では、厳かに祝詞があげられ、御霊を慰霊する。

生まれて初めて見る光景!
走り込みに供えて、神輿の廻りの飾り物が取り除かれる。

神輿1
続きを読む "山家清兵衛屋敷跡"

親牛鬼パレード

2017.07.28.Fri.12:00
位置

親牛鬼パレードの開始の式典があり、出発!
その前に定番の市役所牛鬼保存会の牛鬼とお城を・・・
牛鬼祭り大好き人間の撮影と倉吉の白い牛鬼!
そして打吹童子ばやしの追っかけが今年のメイン・・・


牛鬼1
続きを読む "親牛鬼パレード"

窪野の八つ鹿踊り

2017.04.19.Wed.15:00
八つ鹿

 この芸能は、仙台藩の伊達秀宗が四国宇和島に入部したおり、仙台地方の鹿踊を移したもの。
今も数箇所に伝承されており、他に七つ鹿、五つ鹿もある。
 この窪野の八つ鹿は、毎年四月十七日の三滝神社の春季例祭に境内で踊られる。
 笛と鹿踊歌につれて八匹の鹿が胸に吊るした太鼓を打ち振り美しく踊る。
(先鹿一、後鹿一、牝鹿一、小鹿五)
「道行」「長唄」「音頭舞」「小唄むすび」の次第からなっている。
 仙台地方の鹿踊に比べ、町風に長唄の類を加味するなど歌舞性を強くしている。
同じものが風土によって変化する様子がうかがえる点に興味深いものがある。

国指定文化財等データベースより

春祭り1
続きを読む "窪野の八つ鹿踊り"

秋祭り 神輿

2016.11.01.Tue.15:00
煙火

仕事から昼食に帰えってほっと一息・・・
突然、花火が3発!
「あっ、宮出しだ」と大急ぎで神社へ自転車を飛ばした。


宮出1
続きを読む "秋祭り 神輿"