天赦園の石蕗 | 鬼城

天赦園の石蕗

2016.11.05.Sat.12:00
文化の日

全国的に祝日で休みだが、仕事・・・
天赦園で石蕗の花が満開と聞いて出かけた。
学校は文化祭、周辺の町は秋祭りである。

石蕗0
春雨亭

石蕗の花はこの周辺に植えられ、広がっている。
来年より修復工事が始まるのでこの景色もしばらく見ることができない。

石蕗1

魚眼風

カメラも種々様々・・・
今回撮っているのはキャノンのコンデジ・・・
超ワイドから超望遠まで撮ることができる。
おまけに魚眼風の画像も撮ることができ、変化をつけることができ面白い。

石蕗2

つくばい

いつもきれいに水が張られている。
青空を移し、その根元には石蕗が・・・

石蕗3

群生

最初は植えられたのだろう。
今では株も増え、庭園の小川のところに群れている。

石蕗4

接写

このカメラは接写もできる。
こなしきれていないが、まだまだ面白い使い方ができるようだ。

石蕗5



コメント
 TENTIJINさんのブログにもつわの花の蕾が載っていましたが、こちらもまだまだ綺麗ですね。我が家はもう終わってしまいました。
 こんなにきれいな接写の画像はやっぱりカメラによるのですね。
 つくばいに写る空、はってある水の管理も行き届いているのでしょう。
吉野の食いしんぼう 様
このカメラ、コンパクトデジカメです。29,800円・・・腕が良いのでしょう(笑い)何度も指導を受けたり、画面で解説されているのを見ると「光」だそうです。私はその扱い方が分かりません。名人は曇りだろうが、晴れだろうが撮っていますね。石蕗の開花、吉野の山の方が暖かいのでしょうか?それとも短日性かな?
つわぶき
つわぶきはどちらかと言えば海岸に多いですね。
良くつわ採りに行ってました。
下処理は手が黒くなるので敬遠されます。
茹でて皮をむいて茹で汁の中に浸けると緑色になります。
手は黒くなりますがね~。
我が家の庭にも黄色い花が咲いています。
普段は花の少ない庭なのでホッとするつわぶきの花です。
蹲踞の使途を教えてください。
ここの蹲踞はいつ、どんなときに使われているのですか?
 先日、風の国に行ってみると、ツワはまだまだ固いつぼみでした。元々は、海岸に生えるツワですが、山にやって来て、その寒さで、早くから花を咲かせるのでしょうね。接写の写真が、伝わってきますね。今の秋。
うわつ 様
石蕗、奥さんが植えられたのですね。何か華やかなものとか、目印的なものがあれば、ほっとします。由良半島に石蕗は、取りに行きました。あそこのふきは大きいんです。煮付け、佃煮・・・お茶漬けのおかずに風味最高ですね。
木下博民 様
相撲用語(そんきょ)にも使われます。日本庭園の「つくばい「は次のような意味があるようです。
茶室の露地に低く置かれた 石製の手水鉢 (ちょうずばち) 。茶客が入席する前にここで手を清めるが,そのとき体を 低くしてつくばうのでこの名が生れた。手水鉢に前石と控え石を置く簡単なものから,漢字も難しいが、意味も難しいですね。
tentijin 様
新聞広告に飛びついて購入したコンデジ、使い方次第では面白いです。なにより1cmほどの接写が出来るのがいい。それと魚眼風に撮ることが出来る技術・・・いつも持ち歩くのはこれ!写真技術が進歩しないのは、この所為かも(爆)どうも石蕗は短日性ではないかと想像します。風の国のように日が長いと咲くのが遅い。確証はありませんが、菊と同じかもしれません。

管理者にだけ表示を許可する