帰省 おもしろ水族館 | 鬼城

帰省 おもしろ水族館

2016.08.31.Wed.12:00
夏休みもあとわずか

デパートで毎年行われている「おもしろ水族館」に連れて行った。
子どもたちは「八景島」や「江ノ島」などの水族館を見慣れているので面白くないかもと・・・

おもしろ水族館1
展示種類

屋内なので、限られた空間・・・
また魚の種類も限られる。

おもしろ水族館2

おさかなくん

彼のデザインしたシャツも展示中!
東京水産大学の准教授でもある。
何かに秀でることは大事なこと。

おもしろ水族館3

椰子蟹

むかし、この蟹が椰子の木に登って椰子を落とすと聞いたことがあった。
孫に「それは嘘」と書いてあると指摘される。

おもしろ水族館4

昼寝

空調は効いているが、狭いところに閉じ込められているので、大変だ。
今回の売りは「桃色ペリカン」の展示!
1羽いた。
結構大きな鳥だ。
まあ、手に触れたりする場所もあり、少しは満足したかもしれないと・・・

おもしろ水族館5

手に触れる

係の女性に指導を受け、取り上げて遊ぶ。
子どもの興味関心はつきない。

おもしろ水族館6
コメント
面白そうですね。いよてつ高島屋もなかなかやりますね。手に触れられるんですか?こどもは楽しいけど弱らないかな?ハリセンボン、可愛らしいイメージで是非見てみたい。本物は可愛かったですか?お孫さんの感想はいかがでしたか?鬼城さんのブログへのカキコ1番のりかな?初めて、超うれしい。(笑)
 江の島の水族館も楽しいでしょうが、おじいちゃんに連れて行ってもらった水族館は思い出に残ることでしょう。
 先日のTV放送でさかな君が「個性」を伸ばす大切さ素晴らしさを語っていました。なるほどと。
 椰子蟹のハサミ威力ありそうでちょっと怖いです。でも、食べたらどんな味?と思うところが食いしん坊の視点です。
kinoppy 様
一番乗り!景品は出ません。(笑い)横浜中華街に「吉本おもしろ水族館」があります。ここを少し大きくしたようなものですね。手に触れるというのは、都会では経験があまりないので喜んでいました。8月末となると行くところが無いので助かりました。
吉野の食いしんぼう 様
椰子ガニ、食べれるのかな?どう猛な感じはしましたが・・・写真はOKだったのですが、撮るのを忘れてしまいました。クマノミなどのkawaii魚もいたのですが残念!しかし、イルカショーやでかい水槽の方が好きですね。今一番の水族館は「京都」だそうですよ。一番人気!
水族館といえば、松野町に四万十川水系の魚がテーマの水族館がありましたが、いまはどうなっていますかね。
友人に行定勉(結婚して清家勉。故人)というのがいまして、彼が当時の古川町長と組んで創った水族館でしたが、私も何度か訪ねましたが、いまはどうなっているかな?
当時の松野は積極的で目黒に山型の展示館をつくったのも、森の国ホテルをつくったのもこのころでしたが・・・
宇和島には宇和海に関心をもたせるためにも、水産学校があるのですから、水族館くらいつくってもいいと思うのですが・・・
水族館
宇和島市は海洋産業で有名なのに・・・
水族館関連施設がないのが不思議ですね。
この施設があれば、子供一人に対して、大人が複数付いてくるので何かしら賑わい見せるのでは?です。
それにしても、孫たちに対するバイタリティー凄いですね!!

 「やはり体験に勝る学習なし」ですね~。本物に触る・聞く・食べる等々、その時の感動が人間を成長させるのですね。大けがや命をなくす危険などは合ってはいけませんが、多少の切り傷する傷は、させないと人間は大きくなりません。
 ブドウ狩りから始まって数々の体験、充実した帰省になりましたね。お疲れ様でした。m(_ _)m
木下博民 様
松野町の「おさかな館」「森の国ホテル」健在ですが、昨今はお客さんが減り、指定管理者も手を引き、町運営を余儀なくされている現状です。おさかな館、川の水族館としては目新しく良いと思うのですが・・・・地の利でしょうか?
宇和島に水族館、友人が九島に作ってはというアイディアをもらいました。九島小学校が困難度いっぱいで釣島小学校と合併になります。その後の利用ですね。さて実現できるか?
結女 様
日数が限られていること、親の要望が強いこと、季節感がいることなどなどで日程が決まります。どうしよう?それならと行事を拾っていきます。しかし、子どもの遊ぶ場所がないのが現状です。空路で降りる場所の工夫・・・高知なら「アンパンマンミュージアム、香川ならレオマワールド、松山なら砥部動物園ですね。都会と違って一日遊べる場所がありません。今年はすみましたが、さて来年は???どうしよう。
笑隆で~す。様
ご指導ありがとうございます。体験旅行、良いですね。さてそれを探すのに一苦労です。八幡浜の釣り堀がなくなったのが、残念です。もう少し大きくなれば、キャニオニング、水中散歩などできるのですが、中途半端ですね。さて来年はどうしよう?
 眼に入れても痛くない方々、お孫さんも、おじいちゃんも楽しかったことでしょうね。ヤシガニは、なかなかの美味と聞いたことがあります。エビ、カニ系は、すべからく美味しいようです。展示されている種類を見ると、なかなかにおもしろそうですね。子供でなくても楽しめそうです。
頑張ったで賞
かなり頑張りましたね~
お疲れさまでした(笑)
tentijin 様
まだまだ被写体はあったのですが・・・ほとんど孫が葉言っているものですから遠慮しました。やしがにおいしいとか?食べてみたいですね。孫が帰ってくるといつも思います。愛媛には子どもの遊ぶ場所が無いと・・・梅津寺も閉園したようだし・・・
うわつ 様
来年は帰ってくることが出来ないそうです。孫の受験だそうです。もう行くしか無いですね。しかし関東は遠い・・・歳と共にだんだん交流も薄れていくのかな?
とかく南予の人は口は出し物を作らせるが、維持管理運営チェック発展はやりませんね。
50年経ってごらんなさい、九島大橋もお荷物になるでしょう。
九島には中学はおろか、小学校までなくなるとは、しかもこどもたちは無料バス通学ってことになり、昔ならば「泳いだり、艪を漕いだり、歩いたりした日常生活の中で鍛えられた体力づくりが、スポーツにいう遊び教育に摩り替っていくのでしょうね」。
松野の滑床のホテル経営困難ですか? まだ独身だった秋篠宮がここに1泊されて、随分酒豪だったとか。夢のような話ですね。

木下博民 様
価値観の変遷でしょうね。松野町は市町村合併の狭間で揺れ動き、身動きとれなかったつけが回ってきています。評論家は何とでも言えますが、この状況で生きていくしかない。滑床の万年荘も幽霊屋敷化しています。猿も出てこなくなりました。今残っているのは、川のみ・・・それも水量が減っています。
平成50年は宇和島の人口3万人の予想が出ています。停めるための施策はなにもありません。
鬼城さん
平成50年ってもう22年しかありません。私は生きてはいませんが、先生はご健在のはず。それでいいのでしょうかね。
滑床をわざわざ国立公園に咥え込んだ先人が泣きますね。あの万年荘の位置も森の国ホテルの位置も行政区は宇和島ですのに、宇和島の観光案内には何ら詳しく紹介していませんね。
松野が合併に反対したのは、島崎藤村の「破戒」思想のせいだときいていますが(間違ったらごめんなさい)、これは日本中どこにもあることで、徹底的な話し合いが出来なかったのは残念でした。
山家清兵衛の知行地だった滑床の下流の目黒村はいまでは「限界集落」になってしまっているのではないでしょうか? 寂しい限りです。

管理者にだけ表示を許可する