天赦園の夏 | 鬼城

天赦園の夏

2016.08.07.Sun.12:00
夏枯れ

言葉のごとく、例年ならお客さんは減るのだが、今年は
「こどもプロジェクト」があたり、多くなっている。
うれしい悲鳴!
しかし、どこへも行くことができない。
一番近い天赦園に行ってみた。

天赦園の夏1
国の名勝指定

そのためではないが、毎朝、お客さんに気持ちよく訪れてもらおうと清掃、整備されている。
つくばいの水面に映る葉、夏雲・・・

天赦園の夏2

芙蓉

ふと見あげると「芙蓉」の花がさいている。
まだ見たこととはないが、「酔芙蓉」を見てみたい。
朝は白、夕方には赤くなる花だそうだ。

天赦園の夏6

鷺草

毎年見事に咲かせている「鷺草」
今年も見事に飛び立った!
簡単だと言われ、自分も栽培したけれど、根が腐り失敗!
やはり、難しい!

天赦園の夏3

三羽の白鷺

見事飛び立っている!

天赦園の夏4

一羽の白鷺

見事な白!
マクロで撮影した鷺草一輪!

天赦園の夏5
コメント
鷺草が、名前と同じように鳥に見立てて押し花にも使用します。小さな鷺草です。でもきれいです。芙蓉の花の白さは、夏にすがすがしさを醸し出してて良いですね。
田舎の我が築山も綺麗にしたいなあ!なんちゃって。口だけ、そして頭の中だけが天赦園モードです。
やりたいことはいっぱいある。しかし、思いつくだけ・・・鷺草でも押し花絵ですか?城花の変色はないのでしょうか?色が変わらないのであれば、すばらしい絵ができますね。結女さんは趣味と言うより芸術家の域のようですから・・・
鷺草の開花って今時分でしたか?
小学校の自然科学教室で、みまきの湿地で開花しているのを見に行ったのを思い出しました。
鷺草が夏の涼しさを見事に現していますし、今にも空に飛び立っていきそうです。羽根の感じが良く出ています。
なかなかお互い身動きが取れそうにもありませんね。
izumigamori 様
源池公園ですね。今は辞世のものは無くなっているかもしれません。鷺草は今頃です。天赦園は尾崎さんが毎年丁寧に育てています。今年はなぜか慌ただしい日々です。お盆期間中にはいろんな人が・・・それが済めば特別展の準備が始まります。月末には孫達が帰省します。まっ、元気なのがなによりです。
東京小石川大塚仲町41番地は、むかし侯爵伊達家別邸のあったところで、大正ころまでは鴨場までありました。この一画に「侯爵伊達明倫館」(空襲で壊滅)や北白川宮邸がありました。戦後区画整理されましたが、この一帯が白鷺の巣になり、アララギ歌人古泉千樫が
 鷺の群かずかぎりなき鷺の群そうぜんとして寂しきものを
と歌いましたが、いまは上野へ下る坂道を「白鷺坂」とよび往時を偲んでいます。
ここの明倫館で学んだ人も今は少なくなりました。ご健在なのは河野藤夫さんと承っています。宇和島市長のお父さんも、ここから出征した特攻要員で、いまは故人です。
鷺の群、鷺の群草、夏の雲 
木下博民 様
小石川と聞くと「養生所」を思います。伊豫伊達明倫館もここにあったんですね。白鷺、大正時代には繁殖していた、花のお江戸で・・・びっくりです。白鷺坂に名を残す、大正は近く、遠い存在です。戦争で個人に成られた方、終戦記念日間近です。元気で生活できることに感謝です。
純白
 やっぱり純白の美しさはどんな色にも勝るのかもしれないと思いました。
 我が家もはるか昔、何年かは鷺草を母が育てていました。何気なく見ていましたが、今回の写真を見て、まさに鷺そのものの姿形だとこれ程納得したことはありません。
 10日楽しみにしております。
サギ草
サギ草が咲いてたのは知ってたんですがマクロを持って来てなかったので撮りませんでした。源池公園は絶滅しています。辛うじて愛南町の湿原地にあります。ここも無くなるかも知れませんね。
吉野の食いしんぼう 様
花の名前には昆虫や鳥の名前、人の名前もあります。なくなられた体育のT先輩が「カタカナの花」は嫌いとよく言っていました。つまり日本のもの、和名ですね。鷺草もその一つ、鴇草というのもあります・これも綺麗ですね。
10日お待ちしています・・・
うわつ 様
自生している者の多くが、盗裁されているようです。久万高原町の敦盛草、熊谷草しかり・・・販売しているものは、ほとんどが台湾産・・・日本のものは高価ですね。もう自生はなくなりつつありますか?
花火撮影、お疲れ様でした。撮るまでの時間、臨場感が伝わってきました。暑かったでしょう。体調管理を万全に・・・
 素晴らしいサギソウですね。私も撮影して帰りました。伊達事務所のN氏の父上様が作られているとか。数株分けていただくことはできないですかね~。
 大洲の臥龍山荘では、小さいつくばいにも花が生けてあり、格調の高さを感じさせます。天赦園も水が替えてあり、とても感じが良いなと感じています。大変ですが、小さい気配りが次のお客を呼ぶように感じます。
 
syoryuで~す。様
昨日確認、DAIKIで5株くらいかな?500円で販売中・・・蕾です。天赦園のものも購入したもののようです。大名家から頂いた者なら・・・(笑い)出かける間が無いので、最も近い場所でとなります。
それにしても暑い。体調には気をつけましょう。
 鷺草いいですね。私も、五段高原で苗を買ってきてしばらく木陰で育てていましたが、いつか少しずつ減っていき、ついには消滅していました。こんなにたくさん立派に咲かせるには、何かコツがあるんでしょうね。また、挑戦してみたいものです。
tentijin 様
竹まで枯らす私ですから、鷺草はあきらめています。球根を育てるのは事務所の方のお父さんです。勿論植え付けも・・・そのあと水やりと液肥を一週間に一回やるのだそうです。そうすれば綺麗に咲くとか?DAIKIで売っていますから、挑戦しては・・・
暑いですね。と言っても涼しくなる訳では無いんですが、ついつい挨拶用語になっています。身体には気をつけましょう。
鬼城さん
このブログの表札は九島側からみた「九島大橋」ですが、拝見しながら、さぞや九島は変わったことだろう、と思いなす。
なにかの機会に、九島の方々のその後をレポートしていただけませんか? 鯨大師が「海すずめ」の重要な舞台になったのですが、その後の宇和島人の鯨大師への反応はいかがですか?
さらに対岸の赤松の覗岩の島の家がこれまた重要な舞台になったのですが、反応はいかがですか? 
いずれももう遠い過去になってはいませんか?
九島、その後・・・
木下博民 様
昨日、ある方が来館され、赤松の荒れように驚いていました。自分も「だるま夕陽」撮影に行ったおり、なぜ公園にしないのかと思いました。私有地だそうです。九島大橋は、お盆月、今月末までライトアップされています。綺麗で結構、訪れています。九島の島民の皆さんは便利になったと言っています。市内の人間は、目的を持って訪れる人は少ないでしょう。釣り客は増えていると聞いています。開通して3度ほど行きました。まだまだ整備途中ですね。今から宇和島市はどの方向に進むのかが課題でしょう。鯨大師もお参りが増えたとは聞いていません。今夜、同窓会で情報が入ります。

管理者にだけ表示を許可する