太郎側公園 | 鬼城

太郎側公園

2016.06.18.Sat.19:00
雲の上温泉

目的地高知へ行くときの、檮原を過ぎて休憩場所である。
天狗高原やカルスト台地に行く時も休む場所。
温泉と名前は付いているが、ぬるいお風呂でおすすめできない。

太郎側公園1
道の駅の草分け的存在

人気があり、訪れる人も多かった。
今では店は開いていたが、人は少なかった。

太郎側公園2

水車小屋

太郎側公園3

紫陽花と水車

太郎側公園4

苔むした水車

水量も多く、水車は勢いよく回っていた。

太郎側公園5

山間の里

昔は水車が動力源の一つだった。
現代は水力発電など、工夫して使っている地域もあるようだ。

太郎側公園6
コメント
No title
 私も撮影の帰りによく立ち寄るところです。いつも思うのですが、お客が少ない。温泉は、石鎚から降りてきて疲れをとるために入りましたが、とても気持ちが良かったように記憶しています。お湯が、少しぬるかったかどうかの記憶がありません。
 水車小屋は、立ち寄ったことはありません。先日、お昼をと思ったのですが、パスしてしまいました。
賑わい
syoryuで~す。 様
今から30年ほど前、道の駅の走りでした。人気ナンバーワン・・・長い滑り台などもあり、子供たちを連れて行ったことがありました。今では・・・いいところなんですが、価値観の変遷ですね。
No title
子どもたちを良く遊びに連れて行っていました。檮原に叔父を連れて行ったときに立ち寄りましたが、活気がなかったですね。
奥四万十博が終わったので減少したのでしょうか?
愛媛では農業大学校を志望する生徒が多くなっていると聞いています。空き農地を有効活用できると良いのですが・・・・・・。
No title
11日もこの前を通りましたがスルーしてしまいました。
 若い頃はこのレストランで何度か食事をしましたがその時は何時も満席に近かったと記憶しています。年をとった今は、布施峠の道の駅?の販売品、特に安い花がお気に入りです。
 私の母方の祖父母時代は、米屋をしていて、実際にこの水車の動力でお米をついていたと母がよく話します。もちろん、私は全く知らない時代の話ですが。
政策
izumigamori 様
いうも思うこと・・・実際の現場を知らない政治家が案を立てても机上の空論です。教育も同じ・・・有識者なる人たちは、雲の上で会議をしている。イベントは続けることが大事ですね。お祭りにならないようにしたいものです。
水車
吉野の食いしんぼう 様
水車は観光、水利、発電、仕事ですね。昔ながらの米つきはなくなったようですが、砥部の石を砕く作業には使われています。笑隆で~す。さんのブログに水利の水車がありますね。ここはトイレ休憩です。今は寄る人(特に食事)は少ないと思います。
大雨、博物館の出水警報で休みですが、見回りに・・・(^_^;)
宿泊施設
HP検索しました。良いところですね。
帰ったらここの温泉はいって帰ろうかな・・・
稲刈り後なので「遠回りして帰ろう」と誘ってみます。良い情報を有難うございます。

帰省したとき「天赦園」で夕食予約しました。初めてなのでドキドキです。私の友(米や)のご馳走で、弟を連れて3人でのお食事会です。
No title
結女 様
良いところなんですが、以前ほどの賑わいが内容です。のんびりするには一番・・・天赦園、築堤一五〇年です。少し早めに行けば、見学できます。食事する人は無料だったと・・・時間があればお寄りください。
No title
 地の利を得ていない辺鄙な場所にあるホテルや温泉なので、何かリピートしたくなる工夫がないと、やはり、じり貧になるのでしょうね。私も何度か温泉にも入り、ホテルにも泊まったことがあります。水車もあったんですね。
遊び場も・・・
tentijin 様
後ろの山全体がトリムにもなっていました。天狗高原に行くとき、立ち寄り、子どもたちを遊ばせました。丁度、いいところに休憩場所としてありました。今はアクセスが早くなったので一気に通過する人が多いようです。
道の駅
道の駅ですね。
ここにはスキー場があって
キャンプすることも出来るようです。
最近は寂れていますね。
チェック忘れ<(_ _)>
うわつ 様
最近は寂れていますね。雲の上温泉も入場者は激減とか?道の駅の走りでは無かったでしょうか。こんなところが日本中に出来るんだと興味が尽きませんでした。古き良き時代ですね。

管理者にだけ表示を許可する