紫陽花 | 鬼城

紫陽花

2016.06.08.Wed.12:00
金剛山大龍寺

柏葉紫陽花
植物に関しては詳しくないが、紫陽花は草花ではない。
茎は木化しかたくなる。
紫陽花の仲間か、この柏葉紫陽花は木のようである。
これだけ大きなものは珍しい。

紫陽花1
寺の前の庭園

寺の本堂の裏手には禅寺には必ず庭園がある。
ここの寺には前庭があり、池も作られている。
宇和島藩伊達家の菩提寺、名刹である。

紫陽花2

山家廟

山家清兵衛を祀っている廟所の石段の脇に植えられている紫陽花・・・
桜の古木とのコラボがいい。

紫陽花3

山家廟の庭にある紫陽花

この紫陽花が原種か?

紫陽花4

山家廟にある伊方屋仁兵衛の墓と紫陽花

紫陽花6

辰野川の紫陽花

手入れが行き届き、水もきれいになり蛍も帰ってきた!

紫陽花5
コメント
No title
 先日行った六條天満宮で紫陽花の世話をしている方にお聞きしたら「赤色にしたいのなら消石灰などを入れて土をアルカリに、青色にしたかったら肥料の入っていない山の土(酸性)に植えたらいい。白色は、土は関係ない。」と言われてました。 
 それで画像を見たら、酸性の山の土ようですから青色なのですね。辰野川も肥料が入っていないので青色ですね。
ヘンコツ
土で変化するそうですね~でも、赤と青と並んでるアジサイもあるんです(笑)どうやら頑なに色分けしないヘンコツもいるようです(爆)
勘違い
 ずっと勘違いしていました。柏葉紫陽花
と思っていた我が家の紫陽花は何?調べなくては。
 確かに最初の紫陽花の葉っぱは名の通りの形をしています。
 川にこんな綺麗な紫陽花が咲き蛍が帰ってくるのは嬉しいですね。
色変化
syoryuで~す。様
紫陽花の色に関しては、研究が進んでいるようですね。土はほっておいたら三誠になるそうです。そこで畑には石灰を蒔く必要が・・・古くから在る焼き畑農業は草木を燃やし、灰を石灰代わりに使う、理にかなっているんですね。
返骨
うわつ 様
なぜでしょう?隣り合わせなのに・・・変わった種類かもしれません。人間にも変わった人がいますから・・・いろんな色の紫陽花、梅雨の頃に楽しませてくれる花ですね。
自然
吉野の食いしんぼう 様
山や里にホタルがいなくなった、人災ですね。やっと気がつき、川掃除・・・まだまだの感じがしますが、宇和島の川もだいぶ綺麗になりました。川の畔の紫陽花、西江寺の下です。
紫陽花
梅雨時の紫陽花は印象的ですね。昨今、品種も増えたのか、様々な花を見ることが出来ますね。長持ちする花で切り花にしていても少しづつ色が変化します。
それにしても金剛山はいま住職不在ではなかったでしょうか? 誰が日々の手入れをされておられるのですか?
檀家の方々
木下博民 様
檀家の方々が運営されていると思います。お寺は兼務でのかたちでしょう。剪定や整備などは業者委託だろうと思います。
紫陽花、いろんな種類が生まれています。バイオ技術の進化でしょうね。
いたるところに紫陽花ロードや寺
紫陽花は咲き始めと終わりの色が変わり、綺麗です。「雨降らないうちに取りに来なさい」と言われ、いろいろな色押し花しました。これまた面倒なんです。一つ一つ切り取り、A4サイズの所に重ならないよう並べます。そして、待つこと3・4日。いただいた紫陽花入りきらないので、隣で飾ってもらいました。
小川の側の紫陽花、素敵!!
押し花絵
結女 様
何の花でも押し花絵になるんですね。色素は薄くなることは無いんでしょうか?見せて頂いている絵は、技法もさることながら、デッサンも凄い。
小川のほとり・・・小川では無く、辰野川で宇和島の2つの川、堀のかわりで外堀の役目です。この辺りは、食いしん坊さんの縄張りです。(笑い)
蛍が蘇ったんですね
宇和島の川と言えば須賀川と保手川しか知りませんでした。良くPRなどに出て来る辰野川ですね。多分まだ行ったことがない。国分寺周辺でも「蛍の会」がいくつかあって、川に戻す運動をされているようですが、まだ放すところまでは行ってないようです。知り合いの蛍を飼っている方は元水道局にお勤めで、水が大好きな方です。それにしても宇和島でも見られなくなっていたとは知りませんでした。
追伸
鬼城さんのブログを拝見するようになってちょうど1年が立ちました。はやっ!昨年の6月10日天赦園の紫陽花をきれいにUPされてますね。
No title
 柏葉紫陽花、名前通り葉っぱが柏の葉に似てますね。しだれた花もおもしろい。今は、あちらこちらに紫陽花が咲いて目の保養になります。土のPHで色が変化するそうで、ある色を保つのが難しいそうです。
早一年、もう一年
kinoppy 様
年をとると時間の観念が無くなります。(苦笑)しかし、半世紀以上も生きていると言うことは感慨深いものが在ります。あまり考えたことは無いのですが・・・ホタルもその間、絶滅の危機があったり、飛び始めたよの連絡があったり、現在に至っています。自然を壊すのはすぐ、回復させるには時間が掛かります。大事にしたいですね。
自然が一番
tentijin 様
七変化と言われる紫陽花の色・・・その土地による色の変化を大事にしたいですね。いろんな色とかかたちとか、バイオで何でも出来る世の中です。自然が一番!(笑い)
No title
病舎への紫陽花小路梅雨に濡れ
素晴らしい木下翁
いつもコメント数を見て開いています。
私には、理解することは不可能だった、木下翁の今回のコメント最高!!!
理解出来ます。私にも!!!
頑張ってコメント続けて下さいね。
祈念!
木下博民 様
まだまだ宇和島への思いを書いて頂かないといけません。一日も早く活動できられることを祈念致しています。
おしかり
結女 様
宇和島をこよなく愛している方です。はげましの言葉、喜ばれるでしょう。私は怒られたり、おだてられたり・・・ここ10年のお付き合いなんですが、父親のような存在の方です。まあ、よく本を読まれていますね。また執筆も・・・

管理者にだけ表示を許可する