活断層 | 鬼城

活断層

2016.05.17.Tue.12:00
天然記念物「砥部衝上断層」
砥部町内には、様々な地層や岩石が分布しています。
また、これらの中に、過去に起こった地殻変動を示すしゅう曲や弾奏なども見ることができます。
さながら地質の標本室のようです。
これらのうち最も有名なのは、砥部川の河床”かがす淵”付近にみられる中央構造線の露頭です。
1938年(昭和13)5月30日に「砥部衝上断層公園」として国の天然記念物に指定されています。
ここでは、南から北に流れる砥部川を直角に横切る衝上断層を観察することができます。
この露頭は、西南日本を南北に二分する大断層、中央構造線の活動した時期について貴重な情報を提供しています。
ふつう、天然記念物は一つの”物”を指します。
この「砥部衝上断層」の場合は、弾奏面が露出している”かがす淵”一帯が天然記念物に指定されています。


衝上断層公園0
中央構造線

中央構造線( Median Tectonic Line)は、日本最大級の断層系。 MTL とも言う。
露頭で見ることが出来るのは、長野県大鹿村、三重県松阪市、愛媛県砥部町ほか・・・
過去にこの断層のずれによって引き起こされた地震は、最大M7前後である。
問題となるのが愛媛県、佐田岬にある伊方原子力発電所・・・
瀬戸内海側に活断層があることが分かっている。

衝上断層公園7

吊り橋

公園にするためか、吊り橋で現地に行く道が整備されている。

衝上断層公園1

衝上断層へ

雰囲気は非常に良い。
そのためか、食事をしている家族連れ、若者達の姿も見える。

衝上断層公園2

砥部川

目的は、会議の時間待ちで砥部焼の里の外れにある石を搗く水車を見るためだった。
ふと道路にある標識が目についた。
今から30年ほど前に訪れた場所である。
懐かしさで寄って見ることにした。

衝上断層公園3

砥部川にかかる橋

30年前にはこんな橋は無かった。
国の天然記念物を紹介するため、整備したのだろう。
全国的にも断層が見える場所は貴重である。

河原 



この淵の名前を「かがり淵」と言うそうだ。
ちょうど今頃は蛍が乱舞!
よく見るが断層は・・・?
滝下の写真右手の突き出している岩と左手の衝きだしている岩らしい。
これがずれると地震が・・・

衝上断層公園5

野薊

川縁には野薊の花が満開・・・
時間だ。
会議に遅れないように生涯学習センターに向かった。
水車は次の機会にしよう。

衝上断層公園6
コメント
お蔭でいろいろな処に連れて行って頂ありがとうございます。
日本は小さな島の癖に、世界の地震の20%を受けっているようで、断層もやたらありますね。百数十万年間にずれた断層を「活断層」というのだそうですね。
徐徐に動いてくれるのならばあまり気付きませんが、ある時一挙に10センチ以上も動けば大変ですね。昨夜、入浴中に震度3の地震あり、ピチャピチャ水が揺れていささかあわてました。
No title
ここには行ったことがります。難しいことが苦手なので説明版を読みはしたけど覚えていないのです。なぜなら,
その時そばの川でカワセミを見つけたものですから(笑)
その後カワセミを追いました。
カワセミは羽があり追いかけても無駄ということは知ってるんですがね~(^^)
No title
 中央構造線が愛媛の北部を横断しているのは知っていましたが、砥部を通っているのは知りませんでした。熊本の地震も、この流れなので、いつ半島に及ぶかひやひやしていました。原発は正に最も危ない場所に立っています。被害が出れば、宇和島も危ない気がします。怖いですね。
地震列島
木下博民 様
今は、ひんしゅくを買うので放映されないと思いますが、東宝特撮映画で「日本沈没」「地震列島」が在りました。小説の映画化ですから科学的な裏付けも納得できました。現実となると大変なことです。吉村昭の「三陸海岸大津波」も同様ですね。マスコミのあおり気味なのはいただけませんが、対策はしておかねばと考えています。
被写体
うわつ 様
「うわつ」さんらしい!カワセミですか?私が行ったときには、何もいなかったですね。追っかけていくのは意欲ですね。姿が目に浮かびます。(笑い)
考え方
tentijin 様
活断層が何処を走っているのか?調べていますね。調査の内容が分かりませんし、専門で無いので影響も分かりません。伊方の三机の沖(伊予灘)だと聞いたことがあります。さて、ずれたときどんな影響があるのか?規模はと言うことになります。さて・・・
美しい所ですね。
砥部は松山から近いので何度か訪れたことがありますが、全然知りませんでした。ノンビリしに行きたいけど、こんなところでランチ中に・・・。と思ったら、恐怖がよぎります。伊方原発は以前から気になっていました。なぜあんな所に?なぜ皆さん賛同されたのかしら?と思っていました。地震国日本、いつ地震が起きても仕方ないですが、原発事故のもたらす被害は永久に消すことはできないでしょう。怖いですね。
いいところ・・・
kinoppy 様
愛媛県は市町村合併のとき、示された案に従った県、第2位です。広島が一番・・・愛媛県の中で砥部町、松前町、松野町、愛南町、鬼北町が町、あとは市です。村がありません。活断層は地図のごとく、列島を横切っています。どこで地震が起こっても不思議は無い。日本はどこでも起こりうるようですよ。
砥部は景色も街自体も落ち着いたところですね。
マグマの上で生きていれば地震は当然。
科学者があれこれ言いますが、じゃあどうするか? 列島が徐徐に動いていることなど知っていても、それはそれだけのこと。いつだったか、伊豆半島は以前はハワイの近くにあったのが、いまは富士山の東にやってきているが、いつか日本海へ抜けるだろうといわれて、地殻変動に興味を持った程度。まあ、明日が判らない地球の上に居るだけのことでしょうね。
なるようになる・・・
木下博民 様
地震は怖い、怖い!しかしながら「来るぞ!来るぞ!」と学者さん方が・・・宇和島は津波4mと行っていたが、17mまで高くなった。あおりとしか言いようが無い。過去17mなどという津波は来たことが無い。来たらどうしようも無いだろう。宇和島はほとんど水没だから・・・今日、豊後水道を震源とする震度3の地震があった。3では驚かなくなっている。慣れとは怖い。
全く知らない事や場所
 今回も、全く知らない場所だし、断層のことも無知です。
 地震も気になり、枕元に靴と救急バックは準備していますが、なるようにしかならないって思ってしまいます。
 立派な吊り橋、のんびりできそうな風景に誘われ、お弁当使いに行きたくなります。
砥部の外れ
吉野の食いしんぼう 様
ここから奥も窯元があるようです。ロックフィルダム(調子ダム)も在りますし、砥石山(町名の由来)もあります。何より水車が見たかったのですが・・・時間が無く、次回にしました。一度行ってみてください。

管理者にだけ表示を許可する