兵頭賢一 | 鬼城

兵頭賢一

2016.05.13.Fri.08:00
芳原(ほはら)

ここは何処でしょう?
宇和島市津島町芳原地区です。
昔の岩松村芳原です。

兵頭賢一1
畑・田んぼ

兵頭先生の履歴

明治5年~昭和25年(1872~1950)
現在の宇和島市津島町芳原の風景・・・昔はこのように開けてはいなかっただろう。

兵藤賢一2

インター

宇和島道路、芳原インター
現在、これより南には延伸していない。
ここが終点である。

兵藤賢一3

岩松大橋

向こうに見える新しい橋が「新岩松大橋」である。

兵藤賢一4

勤務地、尋常高等小学校

現在の岩松小学校
校門を入って右手に・・・

兵藤賢一5

記念碑

教育者,地方史研究家。
明治5年,北宇和郡岩松村(現津島町)生まれ。
愛媛県師範学校卒業。
大正12年宇和島第二小学校長を最後に教育界を退き,伊達図書館長をつとめる。
旧宇和島藩主伊達家に伝わる古文書・記録を巾心に,宇和島藩政史の研究に没頭する。
また,宇和島史談会の育成につとめ,地方史研究に多くの業績を残した。
宇和島青年団長,南予文化協会,宇和島史談会の幹部としても活躍した。
著書に『北宇和郡誌』『南予遺香』『宇和島藩における尊皇思想の発達』
『先哲叢書・伊達宗城』などがある。
昭和25年3月21日,死去,78歳。

兵藤賢一6

碑文

実績、顕彰碑を建てた人たちの心が刻まれている。
しかし、宇和島の歴史に実績を残されているにもかかわらず、その名前を知っている人は少ない。
津島町に於いてさえである。

兵藤賢一7


思いをはせる・・・

このたびのFMガイヤの伊達博通信で兵頭先生のことを述べた。
気がつくと津島に向かっていた。

自宅に帰ると「ガクアジサイ」が開いていた。

兵藤賢一8

柏葉紫陽花

この花は元気で可憐で毎年花を付ける。
この花が咲いた頃は初夏!

兵藤賢一9
コメント
岩松といえば宇東時代の友人の家があり
お泊りして海水浴に行った思い出があります。なつかしいな~。彼女は現市長の石橋君のご実家が経営する旅館の1画?に下宿していました。
兵頭さん、とい姓も愛媛を連想させます。鬼城さんのブログをみていると、そんなお名前があちこちに・・。でも兵頭賢一先生は存知あげませんでした。伊達図書館長とは以前の図書館だったのでしょうか?増原恵吉さんが宇和島市出身だということさえ知りませんでした。色々勉強になります。いつも有難うございます。
No title
 私もこの方を存じ上げませんでした。教員の大先輩なのですね。経歴を見ても凄いですね。
 宇和島出身の偉人の取り扱いについていつも思うことですが「粗末だな~!」ということです。小学4年生社会科で使う「私たちの宇和島市」という副読本にも取り上げられていないのでしょうね。
 増原恵吉さんの秘書をされていたのが、現県議会議員の横○弘○さんだったと思います。懐かしい名前ですね。
芳原
知りませんでした。ネットで調べて分かりましたが、津島町芳原という地名あまり聞きませんね。今は水田になっていますが、その辺りはレンコン畑だったと記憶しています。
No title
知らないことが一杯です。増原さんはちょっと知っていましたが。
 芳原の地名の読み方も初めてです。

 我が家の柏葉紫陽花は?明日、さっそくたしかめてみま~す。
 紫陽花の季節が始まりますね。
知ることは面白い
kinoppy 様
兵頭姓は結構在りますね。この賢一先生の係累かどうかは分かりません。石橋市長さんと同級でしょうか?岩松の川はきれいでした。私も対岸まで泳いだ経験があります。今は汚れが目立ちます。著名人が数多く出ていますが、何をされたかまとめたものが在りません。宇和島市史には出てくるのかな?ブログに断片的な物だけでも掲載します。
繋がり・・・
笑隆で~す。様
津島の尋常高等小学校に勤務、そして校長になり、宇和島女子小学校(第二高等小学校)の校長に就任。現在の鶴島小学校では・・・そして伊達家に乞われ伊達著書刊の主事、館長に就任され、そこから研究が始まったのです。大先輩ですね。津島の偉人ですが、過去の方たちは顕彰碑まで建てていますが、今の方たちは、ほとんどの方は知らないでしょう。
 
昔は・・・
うわつ 様
山の中だったでしょう。御荘から鳥越トンネルを越え、あたし坂をのぼり、開けたところが芳原、そして岩松だったのでしょう。いまでこそ自動車道、56号線がありますが、舗装されていない道を思うと・・・湿地帯みたいですから田んぼ、蓮根畑だったでしょう。
知らないこと
吉野の食いしんぼう 様
木下先生におしかりを受けます。なんで宇和島の歴史を知ろうとしないのかと・・・勉強中ですが、なかなか追いつきません。しかし兵頭賢一氏に関しては知っておいて貰いたいとブログにアップしました。偉大な教育者ですね。また生活も羽織袴で仕事をされていたとか、エピソードも数多く残っています。増原氏、この方もこの地方のため良い仕事をされましたね。
兵頭賢一先生
敗戦まで伊達図書館館長をしておられた頃の兵頭賢一先生は存じ上げています。いつも奥の部屋で調べものをしておられましたっけ。いつか、伊達事務所でお子さんにお会いしたことがありましたが、お子さんの目からは大変厳しいお父さんだったようですね。
ところで鬼城さん、兵頭先生が宇和島女子小学校(現在の鶴島小学校ですか)に津島から赴任されたことはわかりましたが、この学校は「宇和島第二尋常小学校」になったはずで兵頭さんの卒業した学校が「郡立宇和島高等小学校」です。ここでの同級生には芝義太郎、中川鹿太郎、樋口虎若などがいます。
国務大臣 増原恵吉
この方も忘れられない思い出があります。宇和島から大臣が出たといって大騒ぎしましたが、国務大臣防衛庁長官で、就任ご数日にして自衛隊機が岩手県雫石上空で事故を起こし、その責任をとって長官を辞任しました。
私は偶然に当日社用で雫石に出張していたもので忘れられない思い出の一つになりました。
宇和島高等小学校
木下博民 様
この時代の学校の名前の変遷はよく理解できていません。宇和島高等小学校は第一尋常高等小学校でしょうか?今の明倫小学校ですね。懐かしい方々のお名前が・・・芝、中川、樋口氏たち。40代の方々にこの名前を聞いて事績など分かる人は皆無に近いでしょうね。先生が言われるように歴史を大事にしないといけませんね。
偶然とはいえ・・・
木下博民 様
国務大臣ですね。懐かしい響きです。今では大臣の数もバブル並みで、訳の分からないような大臣もいます。過去を振り返って懐かしむ訳で無いけれど昔の大臣には背骨がきっちりとありましたね。この方も宇和島の歴史を語る上では大事な方ですね。

管理者にだけ表示を許可する