パークスが歩いた道 | 鬼城

パークスが歩いた道

2016.04.26.Tue.07:00
ウォーキング試歩

5月5日に「市長と歩こう」のイベントで、幕末に対抗したパークスが歩いた道をたどった。
残念なことに現在は須賀川を付け替えているためコースの変更を余儀なくされる。
樺崎歴史資料館出発・・・

歴史資料館
見返り橋から川を渡る

幕末はここには川は無い。
当然見返り橋も無い訳だが、見返り坂があった。
罪人が宇和島の町を振り帰って名残を惜しむところからついたと言われる。
現在は川の付け替えで橋にその名前が残っている。

船番所(現在は痕跡すら無い)を通り、多賀神社の裏へ抜け須賀川を渡る。
この道も現在は無い。

多賀神社

商店街へ

ここから恵比寿町、高野長英の隠れ家を通り、堀沿いに豊後橋・・・
御浜御殿を通り過ぎ、南御殿へ入った。
今の天赦園である。
この年1866年は天赦園が完成した歳でもあった。

今回のパークスに関する行事のため、9日白玉上り藤の下、イギリス艦隊の船の試走・・・
満開の藤棚の下は絵になる。
制作は大村仁志氏である。

イギリス艦隊

宗紀公物語贈呈式

20日宇和島信用金庫から伊吹幼稚園児へ「絵本」が贈呈された。
その機会に、船を走らせた。
もうこの日には白玉上り藤は散ってしまっていた。
代わりに野田藤が・・・

イギリス艦隊2

白玉上り藤と蜜蜂

天赦園ブログでも同じ写真があがっている。
偶然、蜜蜂を捉えていた。

蜜蜂
コメント
パークス行列の検証
パークス一行の大行列がご城下に入って、南から西へ曲がったのはどこですか? おそらく追手門を右に見て、右はお濠、左は家老屋敷を西へ向かったのか? パークスを春山隠居所の天赦園に案内することはかんがえられないとおもうのですが。案内したのは御殿(宗徳の住まい)ではなかったのですか? 今の「御殿町」の一画(博物館のあたりは庭園)に広大な屋敷が、接待の場所ではなかったのですか? また、樺崎の「お上り場」は今の砲台の北側ではなかったのでしょうか?資料館のあたりは私の子供の頃でも海です。見返り橋のあたりは見返り坂とはいいません。いまの川の右岸が高く、ここを見返り坂といいました。坂を超えると「玉ヶ月」という葦の生える海岸で、ここがいまの河口です。このあたりは寂しいところで、「エンコ」が出て化かされるといったものです。 
懐かしい言葉
木下博民 様
商店街の北側、本町との間の道を突き当たり、北へ向かいます。笹田文化学園まで行かず、右に折れ。六兵衛坂の入り口から右に折れ、木屋旅館の前、桑折家のあったところを豊後橋まで・・・城内には入っていないそうです。歓迎は南御殿(現在の天赦園)です。伊達博の東側を突き当たり、天赦園へのコースだったと・・・近藤先生と検証しました。描いているとおり、過去の道、集まる場所など無いのでこのコースとなっています。エンコという言葉、久しぶりに聞きました。
No title
 開発が進み過去の町並みが残っていない以上、想像してコースを設定しなければ行けませんね。
 ただ、このイベントの情報やCMなど一切ありません。どのように参加者を募るのでしょうか。もう少し前から情報公開をしておかなければいけないでしょうね。
 昨年度の歩こう会は、凄い参加者で大盛況でしたが、今回は閑散としたイベントになるのではないでしょうか。市長と一緒に歩きたいと思う人間は、それほど多くはないのではないでしょうか。
時間が過ぎて
 母が天赦園の白玉上り藤を見たいと言っていましたが、ついに時期を逃してしまいました。年齢を考えると、今年見せておけば良かったです。この写真を見せます。
 恥ずかしいけどバークスについて殆ど知りません。syoryuで~す。様の御意見じゃないけど、私もネーミング他の方が良かったかもなんて思いました。(失礼)
 5月に風薫る季節のウォーキングは気持ちが良いでしょうね。
やっつけ仕事
syoryuで~す。様
さて、どうなることか?観光客誘致には良いチャンスだと思うのですが・・・宇和島を訪れている人は少なくなっていますね。昨年の賑わいが嘘のようです。世の中、賛否両論があります。イベントはもういい、イベントをしないと人は来ない。結果は・・・経済効果は? 
今年は!?
吉野の食いしんぼう 様
ゴールデンウィーク、前半は晴れ模様、後半は雨のようですね。5日は雨では中止なのかな?私はスタジオでしゃべりですから・・・無計画なのは、学校でも失敗が多いですね。きちんと計画しても失敗はあるのに・・・
パークス公使の宇和島来航についてなにも知らない人が多いのはなぜか?
宇和島に郷土史を真剣に教える講座、機関、チャンスなどがありませんね。
私も自分から資料を探し、本を読んで覚えました。ところで、もし図書館へパークス来航について勉強したいが何かありませんかと尋ねたら、すぐに教えてくれますか?
わたしならば拙著「岡本家の矜持」第21章を読んでくださいといいますね。
私も機会あるごとに切口を替えながら書きたいと思います。
ただ、その気にならない方々にはいくら訴えても馬耳東風(何処吹く風)でしょう。自分の耳をふさいで、教えられなかったという人が意外に多い郷土史音痴のお国柄の街にはしたくないですね。
それ以前の問題
木下博民 様
水を飲まない馬を泉に連れて行っても吞まないのと同じで、最初から勉強するつもりに無い人が多い。残念ながらそれが現状です。博物館としては展示が精一杯で周知徹底まで手が回らないのが現状です。
なんとも異人種揃い
鬼城さん
水を飲まない馬は残念ながら走れません。
小さいときから教えればサルでも芸をします。
教えること
木下博民 様
教わる気も無い人に教えることは不可能です。壁に向かって話すようなもの・・・最近無駄なことの連続のような気がしています。しかし、何とかせねばとは思っていますが・・・
No title
 桜もあっという間ですが、藤もよく観察していると、すぐに散ってしまいますね。記憶の中の街角と藤の花が重なる時、ほんの一瞬のタイミングであったんだなと不思議な気になりました。実は、そのような時間がたくさんあるのでしょうね。
5日間ほど・・・
tentijin 様
藤も桜も5日間ほどでしょうか?不思議な時間、よく分かります。疲れたとき、ふっと目をやると紫の藤が・・・これも瞬間ですね。
壁との対話
鬼城さん
壁面と対話されている空しさを感じておられるようですが、壁面ならば表も裏もあり、対面位置が違うのかも知れませんね。
糠に釘、豆腐に鎹、いや月夜に提灯か釈迦に説法か、ひょっとしたら猫に小判的対話を続けていて、人間相手も対話手段でないのかもわかりません。
我々は往々にしてそれに気づかない、やはり猫にはマタタビを工夫しなければなりませんね。
政治
木下博民  様
こんな小さな町にも政治がらみの問題が・・・話せば分かるで行けば良いのですが、あれはだめ、これもだめ・・・やる気が無いのには疲れます。まっ、愚痴を聞いて貰って感謝です。
パークス
パークスの人物像や宇和島藩との関わりなど知られていませんね。パークスに限らず郷土の歴史を学ぶ授業がなかったので知りません。(現在も無いのかも)歴史資料館があることすら知らない人が多いのでは?
郷土史を学ばない人々の街は急激に人口が減ります。
うわつさん
宇和島の人口が急激に減少していることをご存知ですか? ある有識者は2040年代には4万を切るとまで嘆いています。
これは郷土史に無関心なところに起因しているのではないでしょうか? 郷土史は与えられるものではなく、自ら学びとるものではないでしょうか? 膨大な税金を使って「歴史資料館」を運営していながら、周知も活用もしないとは残念至極です。
まず、拙著「岡本家の矜持」21章にパークスのことを書いていますからごらんください。この本は図書館に寄贈してあります。
とにかく有識者がどうすれば郷土史を市民に学ばせることができるか、批判だけではなく真剣に行動してください。
お願いします。
個人
うわつ 様
自分は歴史を扱っているところにいるから知識はそれなりに広がっています。興味の無い人は、学ぶことすらしないですね。これが今の現状です。「うわつ」さんのように動き回って、写真を撮りながら地域の人との繋がり、社会に触れるから分かるんですね。
残念ながら・・・
木下博民 様
現在の教育は選択制・・・日本史などは学んでいない高校生も半分くらいいます。これを改革するのにやっと動き始めました。しかし、何年かかるか?「うわつ」さんが言っていることは事実です。いくら良い展示をしても人は来ない。宣伝ではありません。地域格差だと思います。今東京では「若冲」ですね。何十万人来るでしょうか?宇和島で同じものをしても2万人が良いところです。文化の低さでは無く、高速が開通しても遠いんですね。人口減少、具体策が無い・・・
市長と一緒に歩きたい!
見返り橋、須賀川、多賀神社、伊吹幼稚園天赦園、みな懐かしい。白玉藤とイギリス艦の画像がステキですね。とても良くできていますね。これからも積極的に活動を推進されますように遠くより応援しています。
木下様
図書館もう何十年も行ってません。
ありがとうございます。読んでみます。
懐かしさ
kinoppy 様
ウォーキングイベントは参加者が結構在ります。しかし、残念なことは古いものが残っていないことです。神社仏閣はかろうじて残っています。船番所跡など影も形も無い。砲台跡などは陸の中・・・いろんな解説をするようになっていますが、昔は・・・の接頭語がつきます。須賀川縁の散策は良いですね。
私も・・・
うわつ 様
図書館に行くことはあっても、自慢にはなりませんが、本を借りたことはありません。自分の興味は他のことですから・・・しかし「うわつ」さんのように勉強家にとっては必要かもしれませんね。最近本を読むのに非常に疲れます。歳を感じるし、必要に迫られないのかも・・・今興味があり読んでいる本は「若冲」です。これは面白い!
若冲
若冲は金比羅にたくさんあるそうです。
こんぴらといえばこんぴら歌舞伎のNHK放送が5月27ににあるそうですよ。今は覚えてるけどたぶん忘れます(笑)
へえぇ!
うわつ 様
最近トレンディは若冲! 1000年後に理解して貰うと豪語した実力、全く面白い。もし忘れなかったら、録画しておきます。情報ありがとうございました。

管理者にだけ表示を許可する