天赦園 白玉上り藤 | 鬼城

天赦園 白玉上り藤

2016.04.13.Wed.20:00
見頃

昨年も同じ日だった。
4月12日・・・
写眞の上手な方たちは、日をずらして撮りに来ていた。
構図など見せてもらったが、とうてい出来ようはずも無い。
こんな時は、いつも無理はしない。
定番の構図となる。(苦笑)

白玉上り藤3
   
竹の間より白玉上り藤を・・・

ご存じのように、宇和島藩伊達家の家紋は「竹に雀」竹の種類は22種類とか。
この竹は「黒竹」である。

白玉上り藤2

太鼓橋

水面に映る、支えが面白い。
この天赦園の借景は鬼ヶ城である。

白玉上り藤4

別の角度から

池に浮かぶ落ち葉が気になる。
しかし、除去は難しいと聞いている。
何処も同じだが、予算を伴うものは難しい。

白玉上り藤5

藤棚より望む

石灯籠をぼかしてと思ったが、焦点が・・・
野田藤は咲く準備万端整っているようだ。

白玉上り藤6

蜜蜂

香りの高い白玉上り藤、日が差すと蜜蜂が群れてくる。
例年より少ない。
別の虫・・・名前は分からない。

白玉上り藤1
コメント
うお~
v-510にこのブログ見せると、
写真ごとに「うお~っ」の連発でした。最近は歩きが苦手になり、外出を望まなくなりましたが、「一辺、見に行かなくちゃ」と。
 白の清潔感と水面に映る美しさが素晴らしいです。
 もう、藤の絵柄の抹茶茶碗出しても良い季節になりましたね。早速、出します。
No title
 良い所を撮影していますね。先輩方の撮影ポイントとよく似ていますよ。私も石灯籠とのコラボも撮影しましたが、上手く撮れていませんでした。レンズの選択を間違えたかなと思っています。
 水面の楠の葉っぱは、仕方がありませんね。除けて欲しいですが・・・。
季節は早いものでもう藤が咲いていますね~
藤が終わるとツツジやサツキそして菖蒲やアヤメ、田んぼでは田植えが始まっていました。
白の藤
藤のイメージと違ったかな?小ぶりで可愛い!匂いは同じかなぁ?匂いは苦手なの。

18歳までいたのに、どこも知らない?
宇和島城=行ったことあるけど城内は無し
天赦園=食事したことあるけど庭園は無し
神社仏閣=全くなし
情けない!恥ずかしいです。
もっともっと、散策しなくては・・です。
No title
14日撮影に行きました。水面に花びらが落ちていないので満開だったのでしょう。昨夜のテレビ放送の影響か数多くのカメラマンが。
ケーブルテレビも撮影に来ていました。今日の夜放送とのことでした。
初めて、咲いている時に撮影しましたが、簡単なようで難しい。
清楚な白藤懐かしく思い出します。
できることなら飛んで見に行きたい。ステキですね。

先程「大武者行列」の記事を自分のブログで紹介しました。トラックバックの仕方が良くわからなかったので、すみません。紹介記事のみ書かせていただきました。
No title
白玉の藤の大橋渉らむか、少年の日の思いのままに。
この藤をテーマに詩歌、絵画、音楽など芸術コンクールを毎年やって天赦園の年中行事にしたいですね。
抹茶茶碗!
吉野の食いしんぼう 様
さすが、松野のお大尽!藤の絵柄の「抹茶茶碗」とは・・・さて、一服いかがでしょう?季節ごとの茶碗、帯、着物などと言う趣味はなかなか出来るものでは在りません。我が輩は、衰えてはいますが、ひたすら歩くのみ!(爆)なにしろ只ですから・・・30日は友人たちとまたまた九島登山です。
写真機
syoryuで~す。 様
日本語で言った方が・・・(笑い)今回はX5と5DM3とを使いました。しかし、構図はいつもの事ながら、いい加減!被写体任せとカメラ任せです。絵柄は良いですね。枯れ葉の除去は、不可能に近いようです。特に楠などの葉は腐らないので大変だとも・・・網ですくうしか無いのかも・・・
被写体の変化・・・
うわつ 様
行動予定が分かりますね。しかし、毎年、新しい場所の発見をされ、楽しみです。例年であれば、花もそうですが、棚田巡り・・・頭を使い、身体を使うことは健康に良いですね。そうそう、Kさんのところで写真見せてもらいました。紅葉筏が気に入りました。
時間
結女 様
大丈夫です。まだまだ先は長い!私には時間が少ない。(笑い)いろんなところ、見聞きするたび新鮮なことが多いです。昨日まで京都にいました。初めて「都踊り」を見ました。8景の踊りを堪能・・・奈良の春日大社が出てきました。ふっと結女さんを思い出しました。将軍塚も初めてでした。この年になり、何度も訪れた京都なのに見ていないところ、季節など一杯在ります。
難しい!
izumigamori 様
いつもの事ながら、構図は単調になりますね。定番と言っても良い。しかし、記録写眞が主の私には、ただ撮すのみ・・・構図とか、良い写真は「うわつ」さんや「笑隆で~す。」さんに任せましょう。ということで・・・(笑い)
ありがとうございます・・・
kinoppy 様
紹介していただけるなんて光栄です。白玉上り藤、素晴らしいですね。全国で調べてみても天赦園ほど大きなものは内容です。ということは、日本一かも・・・
飛んで帰ってください。(笑い) 
そうですね・・・
木下博民 様
なにか起業しなくては・・・会社では無く、アイディアですね。今年のパークス、子どもたちを巻き込もうと思っています。初めて全ての学校に手を打ちます。これも体力勝負となりそうです。何かやると言うことは、自分の首を絞めることにもなりますが、達成感もあります。四月半ば・・・早い!
No title
 白藤を見ると、いつも不器男の「白藤や 揺りやみしかば 薄緑」という句が頭に浮かびます。しかし、この薄緑は、なかなかに微妙です。それを感じるか否かは、感性のような気もします。竹藪からのショットがいいですね。

管理者にだけ表示を許可する