花祭り | 鬼城

花祭り

2016.04.10.Sun.12:00
4月8日花祭り

お客さんの対応で昼食が遅れ、大急ぎで行ったがすでに遅く、商店街を運行中だった。
毎年、保育園児による白象とお釈迦様の運行がなされる。

西江寺では甘茶をいただける。
甘茶とは、お釈迦様が生まれたとき九匹の龍が現れ「甘露」の雨を降り注いだと言われることから・・・

花祭り1

花御堂

灌仏会(かんぶつえ)は、釈迦の誕生を祝う仏教行事である。
日本では原則として毎年4月8日に行われる。

釈迦(ゴータマ・シッダッタ)が旧暦4月8日に生誕した伝承に基づいている。
降誕会(ごうたんえ)、仏生会、浴仏会、龍華会、花会式、花祭の別名もある。


花祭り2

花御堂

お釈迦様は「天上天下唯我独尊」と右手は天、左手は地をさして生まれたと言われる。

花祭り3

白象

インドでは聖獣とされ、夢の中で赤ちゃんが生まれてくる前兆だとの話も伝わっている。

花祭り4
コメント
No title
毎年の恒例行事ですね。商店街の方々も行事を通して春を感じることができるのですね。
 子供のころは、水筒をもって甘茶をもらいに行ったものです。今のように美味しいジュースなどなかった時代でしたから、この甘茶がとても美味しく感じました。
甘茶
甘茶の思いでは子どもの頃、富岡の照源寺に赤いアルマイトの水筒を持って貰いに行ったことです。母の時代にはレンゲの花でお釈迦様の屋根を飾ってあったと言います。
 可愛い園児の行列で、お寺に行かずとも季節を感じる人も多いのでしょう。それにしても、やっぱり商店街は閑散としていて寂しいですね。
 我が家も、お隣の奥さんが甘茶を貰ってきて下さり、御利益を求め即飲みました。
花火
笑隆で~す。 様
宗教的行事も知らない人が多いのか、朝早くから花火が上がっていました。どのお寺でもやっていたようですが、宇和島は仏教連合会?で一緒に西江寺であるようです。甘茶もここで振る舞われます。我が家は両善寺より毎年送って貰います。
花御堂
吉野の食いしんぼう 様
レンゲで屋根を飾る、花御堂ですね。日本人は結婚式は神社、クリスマスは教会、葬式は仏教と大概の家は決まっています。お祭りも忘れてはいけませんね。それぞれありますね。排他的にならないためには、多宗教を認めることは良いことかもしれません。ある人が言いました。「日本人は見境が無い」とも・・・(笑い)
花会式
白象とお練り、良いですね。
孫が通っている保育園は、「極楽坊保育園」で、元興寺さんの系列です。
この日は、園でも盛大に行われたとか・・・花を一輪持っていきます。そしてお寺での花会式に参加させてもらいます。(行ったことないもんで・・・???)
テレビ中継とか、大々的にして欲しい。ハロウィンみたいに・・・ね。
お祭り好き・・・
結女 様
仕事さぼってでも行っていましたね。我が家の子供達もお寺の保育園、孫達も横浜の総持寺保育園です。花祭りはやっていると思います。公立では仏教行事なので無理ですね。学校教育でもできません。良い時代は過去のものですね。自由と規制、相反しますから・・・
甘茶
甘茶覚えています。
正直美味しくない、まずい!(笑)
昔から商店街を練っていたのでしょうか?
覚えていません。
まずい・・・
うわつ 様
何をばちあたりな・・・(笑い)昔は各お寺でやっていましたね。私のところは大超寺へ水筒を持ってもらいに行ってきました。最近ですね。一カ所で行事をまとめようとしたのは・・・赤い辰巳橋の上を通る白像を撮りたかったのですが、間に合わなかった。((;。;))
甘茶の味
甘茶ほど不味いものはないと今でも思っています。浄念寺で一度だけ頂いたことがありましたが、とてもとても二度と頂く気にはなれませんでした。
釈迦のあの姿「天上天下唯我独尊」に、ああこれは飲むものではなく、お釈迦さんが湯浴みする薬湯だなと思いましたっけ。
甘茶
木下博民 様
人それぞれの味わい方ですね。辛口(飲める人)は甘茶はだめでしょう。私みたいに下戸は甘茶は結構おいしかったです。今は遠慮します。(笑い)やはり沐浴のための水かもしれませんね。
No title
 小学校に入る前、宇和島の保育園(お寺)に通っていた時、花祭りを経験しました。物心付くか付かないかの時代だったので、普通の日常の中に花祭りがありました。お寺の多い宇和島ならではだったんだと今では思えます。
狭い街だからも・・・
tentijin 様
こんな行事はなかなか大きなところでは出来ないと思います。地域的なものもあるのでは無いでしょうか?宇和島は檀家さんに連絡するのが簡単ですから・・・(笑い)「今日は花祭り、お釈迦様の誕生日ですよ」と連絡があれば「甘茶」と連想ゲーム的な感覚なんでしょう。子どもには宗教的なことより、お祭りが良いですから・・・

管理者にだけ表示を許可する