閻魔様 その1 | 鬼城

閻魔様 その1

2016.02.23.Tue.19:00
閻魔釜

毎年、閻魔祭りにはお茶会が開催される。
この会には二回目となる。
茶掛けは」村上天心」の閻魔大王・・・
茶花は椿だった。
茶碗は「でかい!」閻魔大王の冠や鬼の文字が入ったものだった。

閻魔様1
境内の鐘撞き堂

由緒正しい寺で元々はお城の鬼門封じだった。
だからこの寺に来るための橋を「辰巳橋」という。
伊達家の祈祷所を龍光院に移し、西江寺は臨済宗妙心寺派の寺となる。

閻魔様2

扁額

閻魔祭り3日間の内、この日は弁財天の日・・・
日曜日なので親子連れが多い。

閻魔様3



香の煙をかけると無病息災・・・
悪いところは直ちに良くなる。
頭は・・・?

閻魔様4

閻魔大王図

迫力ある村上天心の力作!

閻魔様5

天井画

あまり知られていないが、天井画の龍も美事である。

閻魔様6

地獄絵図

誰も行ったこことが無い場所である。
想像の産物だが、仏教の教えは面白い!
毎年解説をされている美人の女性・・・
慣れたもので、流れる口調は聞きやすく、気持ちをゆったりとしてくれる。
ファンの人も多いと聞いている。

閻魔様7

閻魔大王像

道内にある仏像・・・
ろうそく、線香たてがあり、お参りは絶えない。
お参りする女の子。

閻魔様8
コメント
No title
 今年も参拝に行かれましたか。私は、家でゴロゴロしていました。閻魔大王様にお叱りを受けるかもしれませんね。
 これで南予路に春が訪れますかね。例年並の寒さですが、なぜか春が遅いように感じてしまいます。それだけ、春を待ち焦がれているのでしょうかね。
初日
syoryuで~す。 様
この写眞は初日の日曜日・・・閻魔釜のお茶会に誘われ出かけました。弁財天の日、大黒様の日、閻魔様の日と3日間在ります。最後が閻魔様・・・法要の転読は見応え在ります。次回アップします。それにしても寒さがぶり返してきていますね。
No title
 いやあ、立派な鐘撞き堂ですね。施された細工が、柱の根元にまで至り見事だと思います。久しぶりに地獄絵を見たいと思うのですが、いつもタイミングが定まらず、見過ごしてしまいます。
閻魔大王
こわ~いです。
子供たち、平気なんですね。
「鬼さんに電話するよ。」より、効き目ありそうなお顔ですね。絵はがき売っていませんか?孫の土産に・・・
圧巻
tentijin 様
いつみても閻魔大王図はすごいです。村上天心はメジャーで無く、純くらいかな?それにしても美事な筆捌きですよ。久しぶりに見るのなら是非、来年!鐘撞き堂も美事な彫刻ですね。禅宗のお寺にふさわしい、お庭、塔もあります。
絵はがきはありません・・・
結女 様
ネットでいろんな方がアップされていますから印刷すれば良いと思います。勿論、私の物でもかまいません。子どものしつけにこの絵はよく使われていました。丸山<(_ _)>
No title
一月二日の七福神巡りの時、訪れましたが、天井絵には気が付きませんでした。
 子どもの頃、うそをつくと閻魔様に舌を抜かれると恐れを成していた頃の純真さはもう何処にやら。とは言え閻魔大王図の迫力は半端じゃないですね。
 
大黒様
吉野の食いしんぼう 様
宇和島七福神のお寺は正月期間のみご開帳ですね。閻魔様(西江寺)は一日のみ、閻魔祭りの日に扉が開きます。西江寺の3男さんが大浦の西光寺のご住職に3月から入山するとか。おめでたいことです。この西光寺にも七福神がありましたね。

管理者にだけ表示を許可する