暖冬 | 鬼城

暖冬

2016.02.05.Fri.20:00
春とはいえど・・・

天赦園に用事があり訪れた。
紅白の梅は満開!
香りもまさに春・・・

春1
天守閣

良い天気!
天赦園からのお城・・・

春2

紅梅

きれいに刈り込んだ梅・・・

春3

白木蓮のつぼみ

博物館横の白木蓮のつぼみが膨らんでいる。
例年より半月ほど早い。
しかし、明日から寒波とか?
椿祭りが終わるまでは・・・
宇和島ではえんま様・・・

春4

松に止まった山鳥

春5

すわっ、おしどり!

どうもカモみたいである。
天赦園は海に面していてカモ猟ができていた・・・
カモの猟場も残っている。

春6
コメント
No title
 お城と梅の花、のどかな風景です。今朝はNHK番組「朝イチ」のゲスト山本陽子さんの帯にこの梅を見つけ、春を見つけたと思いましたが、やっぱり自然の中に見つけた春は一味も二味も違います。
 夜の散歩が殆どですが昼間も歩いてみたいと思いました。私も春を見つけに。
No title
梅の開花は少し早いようです。梅の赤とお城はよく合いますね。江戸時代もこのように見えていたのでしょうね。時が経っても、見事な光景です。
今年の桜の開花は、遅いとの発表ですが今から待ちどうしいです。
No title
 鶴島の前を通ると、におってきそうなほどに梅が開花していました。もちろん天赦園も春の息吹ですね。鬼北の里は、まだ、蕾が膨らんだ程度です。お城下春近しですね。
このメールを拝見するといつも故郷にいる気持ちになります。
あと僅かですが、天赦園の隅々まで鬼城さんのお蔭でふんだんに楽しませていただきます。
もう梅が満開ですね。学期試験が終った当日は決まって城山に上った子供の頃が懐かしいですね。
愛でるものの
梅をデザインすれば、花びら丸く描かれ、おしべめしべは可愛く真ん中にあります。押し花すれば、おしべめしべが花より長く押されます。可愛くない。まして実に生るもので花を取るの、躊躇しています。
やっぱ、花は愛でるものですね。
「梅は咲いたが、桜はまだかいな」桜の前に桃の花かな?
No title
 2・3枚目は、設定を変えて上手く情景を捉えていますね。指導の賜でしょうかね。
 春山公もこのように我が城を眺めたのでしょうね。
 これからの天赦園は、5月までいろんな表情を見せてくれますね。楽しい撮影ポイントですね。配慮いただいたパスでたびたび入場したいと思っています。
5W1H
吉野の食いしんぼう 様
最近惚けて誰に聞いたか忘れましたが、何時何処で誰とどういう風に何をしたか?昔聞いたことですが、これで人生観が変わるなと・・・大げさですが・・・昼間歩くと景色が変わります。会う方たちとも変化します。是非、いろんな場所、時間も変えて見てください。自然が一杯は松野の宝です。
桜守
izimigamori 様
上光満の桜守ですね。天赦園も建築物が建って景色は違ってきていると思います。借景の鬼ヶ城も市立ができて・・・梅と城、何とか入りましたが、もっと大きな梅が良いですね。しかし、天赦園に梅は無かったようです。花や紅葉樹も無かったのではないかと・・・宇和島一番桜は咲いたのに、遅れるんですか?
日当たり
tentijin 様
花々は日当たりと気温変化でしょうね。風の国などは開花が早いのでは無いですか?今日は晴れ模様ですが、西高東低の冬型、寒い一日です。季節はどんどん巡っていきます。
城山に・・・
木下博民 様
中学、高校時代、私も城山によく登りました。仕事柄、よく今でも登りますが藪椿が満開です。しかし天守の大楠、銀杏、山桜は老木化と石垣崩壊防御で危険なため切られています。寂しい感じもします。宇和島は春が近い感じです。
そうそう。九島架橋4月4日渡り初めとか・・・
花実
結女 様
人それぞれ、使い方で感じ方も違うんですね。端唄をご存じとは驚きです。「しょんがえな節」だそうです。続きもありますよ。は 咲いたか 桜はまだかいな 柳ャなよなよ風次第 山吹や浮気で 色ばっかり しょんがいな.
押し花絵、梅は厚いので難しいのでは?
欲を言えば・・・
笑隆で~す。様
むかし、天赦園の俗化はのぞまぬ!と新聞に書かれた方が居ましたが、昔の名残は大事にしたいですね。先日、あるテレビ会社の方が来られ、江戸時代の建物はと聞かれました。城と天赦園と伊達家の門くらい・・・話ながら情けなくなりました。歴史的な街ながら何も残っていない。
水鳥
鴨やオシドリなどの水鳥も来るといいのですが狭い池ですのでサギなどとの共存は難しいでしょうね。
市内には歴史的建物がありませんね。歴史的町名を残さなかったので市民も関心が薄くなったのではありませんか?樺崎の建物、砲台の砲身が転がっていました。
樺崎の資料館や砲台の脇にある砲身
うわつさんのメールで、思い出しました。
あの歴史資料館は、明治に中野逍遥の詩に出て来る警察署の玄関で、戦後に西海町役場に移築されていたものを再度現在地に移したことはご存知でしょうか。
あの砲身は樺崎砲台とは無関係で、戦後に砲台跡を現在のように改修した時、佐賀から頂戴してさもここの砲台の大砲のように似せて置いたものです。
そうそう、資料館の庭に「板島橋の水産学校側の親柱」が転がっていましたが、どなたのご記憶にも消えているでしょうね。
宇和島の歴史って、そんなもんです。
水鳥
うわつ 様
守備範囲が広い「うわつ」さん、鳥を捕ることにも細心の注意とノウハウがあるようですね。鳥は一度来れば再訪すると聞いていたのですが・・・6年前のおしどりは夢と消えました。悠々と泳いでいた姿が目に浮かびます。ほんと歴史を大事にしない街ですね。今あるものを知ることからですね。
記憶
木下博民 様
「うわつ」さん、私の年代は警察署は覚えています。校区内ですから・・・武徳殿もありました。警察官の修練の場だったようです。予科練橋もまだまだ健在で、橋の下であさりを掘りました。砲身も大事にしないといけませんね。そうそう、龍光院の階段には日ロ先生の大砲の弾が飾っていった跡が残っています。先生からお聞きしたのだったか?
手遅れ!
警察署の裏には武徳殿(漢字?)がありました。すぐ傍には融通座もありましたね。写真仲間の話に良く出て来るのは融通座の話と朽ちて行く丸山の梅林の話。
融通座も今残っていれば歌舞伎役者が来て芝居をするでしょう。融通座はかなり前に無くなりましたので仕方ないとして、丸山の梅林は風前のともし火状態です。ここは昔の闘牛場跡ですり鉢状になっているので、宝くじから助成された梅だそうです。昔は上から馬蹄形のように紅白に桃色が混ざってそれはそれは見事な梅園でした。
人の手で植えたものは管理して行かなくてはやがて消滅してゆきます。梅の樹木医に診察してもらいたいものです。
やりっぱなし・・・
うわつ 様
誰が首長さんになっても同じことの繰り返しでよき宇和島が消えていく。仕方が無いことかもしれませんが、残念です。梅林などは何とか復活し、新名所にしてほしいですね。城の整備もまま成りませんから・・・
宇和島に公園がいくつあるでしょう?
公園を管理されているのは市の何課でしたかね。おそらく樹木などというものは日々の手入れがなされなければ駄目でしょうに、造園してあとは天然のままにというのではどういうものでしょうかね。
たぶん都市整備
木下博民 様
剪定や下刈りなどは業者任せでしょう。その後のチェックが行われているかどうか?一市三町になったので公園の数は増えていると思いますが、どのくらいあるかと聞かれたら、ほとんどの人は知りませんね。さて・・・

管理者にだけ表示を許可する