恒例の仕事 | 鬼城

恒例の仕事

2016.01.23.Sat.12:00
いつものことながら・・・

今日は審査会で外部の方が来られ、遅れる訳にはいかない。
「早く出てと・・・」。
あまりに早く着きすぎた。
昼食を宛てにしていたところはまだ開店前だったし・・・
やっと砥部で昼食を摂った。
時間がまだある。
この時期、寒菖蒲がと、浄瑠璃寺へ行くことにした。

仕事のついで1
えっ!

寒菖蒲は毎年、この時期には蕾である。
しかし暖冬の所為か、花は過ぎてしおれかけていた。(>_<)

仕事のついで2

お参り

本堂、大師堂をお参りし裏の蓮畑へ・・・
日が差し、きれいだった。
このようなとき、カメラに詳しい人はPLフィルタなど使うのだろうなと思いつつ・・・

仕事のついで3

蓮の花

ピンク、白と可憐な花姿だが、咲く場所は泥田の中・・・
この冬の季節、栄養を蓄えているのだろう。
花の残骸が哀れである。
宇和島出身の日本画の大家である濱田泰介氏の作品に冬の蓮畑がある。
私は彼の作品で、このモチーフが一番好きである。

仕事のついで4

手洗い場

お遍路さんの儀式では、重要な清めの場所である。
四国八十八カ所のみならず、各お寺や神社には身を清めるための手洗い場がある。
伊勢神宮などは川で身を清めていたらしい。
整理整頓、これも「おっせったい」だろう。

仕事のついで5

そうか、八坂寺に・・・

寒菖蒲は八坂寺にも植えられていたことを思い出した。
ひょっとしたらと工事中の道を引き返し、参拝した。
ここのお寺も通筋の工事をしていた。
フェンスの向こうに美事に咲いた「寒菖蒲」・・・
お参り、写真を撮り仕事に向かった。
今年も「館菖蒲」に出会えた。

仕事のついで6
コメント
No title
 この時期に花を楽しめる寒菖蒲、いいですね。冬空を写し枯れた茎が作る幾何学模様もなかなかいいですね。花というか、実の残骸など持って帰って飾りたいくらいです。いい風景ですね。
No title
 お仕事ご苦労様でした。寒気と寒気の間で良かったですね。
 浄瑠璃寺の寒菖蒲は、終わっていたのですか?いささか早いですね。
 この辺りは、田舎の風景が残っておりなかなかいい所ですよね。よく行かれていますが、フットワークがいいですね。
No title
引き返された甲斐があり、美しい寒菖蒲を見せて頂きありがとうございます。
 最近読んだ中学校の課題図書(私の今の程度に合っていてよく借ります)の一つにこの蓮にまつわる風景や不思議な縁が描かれていてそれとこの写真の風景がオーバーラップしました。枯れた風景も魅せられました。
苦手
ハスの残骸は被写体になりやすいので狙うカメラマンが多いですね。面白いのですが惨めさや寂しさを感じて苦手な被写体です(笑)
よく松山へ行かれますね。
そういえば、宇和島と松山は通勤圏になっているのですね。東京は車1時間といえば、便利なところにお住まいといわれますが、宇和島も松山の居住区になったのかもしれませんね。浄瑠璃寺の辺り寺が多くて安らぎの場所ですね。
幾何学模様
tentijin 様
意識していませんが、自然のなせる技です。この花は山野草の部類になるんでしょうか?あまり鉢植えなどは見たことがありません。冬に咲く花として、好きな花です。
早いです・・・
syoryuで~す。 様
昨年は、この時期には蕾でした。参拝されているおばあさんが「館菖蒲」がありますよと教えてもらいました。その後、ランスケさんより、八坂寺には参拝の道に植えられていると聞きました。仕事の合間の年中行事ですね。
時間待ち
吉野の食いしんぼう 様
引き返したご褒美でしょうか?しかし、友人と生涯学習センターで入れ違いだったようです。蓮は不思議な魅力があります。いずれあの世で出会うかもしれないなあと花を見て感じます。(笑い)咲いているかどうか、見てきた人の報告は受けていませんが・・・冬の枯れたわびしい風景も良いですね。それより根、茎?のお料理もおいしいです・・・
滅びの美
うわつ 様
ほんと「うわつ」明るい被写体が多いですね。私はふっとこんな風景にあこがれるんです。しかし、それを切り取るのは難しいですね。知らなかった。こんな風景を撮り続けている方も居るんですね。
昔の久谷村・・・
木下博民 様
一昨年、仕事を辞めていましたので、県歴博友の会で三坂を下りて、浄瑠璃寺、八坂寺をお参りしました。いわれるとおり,良いところです。遍路宿「坂本屋」はNHKのドラマにもなりました。
JRで通勤されている方は多いです。つまり南予圏の出張所、支店は全て松山に・・・当然のことながら社員は移動です。移動できない者は退職となります。企業はリストラ、一極集中で設備投資を浮かせることができます。日本の縮図ですね。

管理者にだけ表示を許可する