七五三参り | 鬼城

七五三参り

2015.11.24.Tue.11:11
七五三参り

横浜の長男の次男が三歳になった。
お祝いに横浜を訪れた。
鶴見区に自宅があり、氏神たる鶴見神社でお参りした。
11月15日、あいにくの雨・・・

鶴見神社1
街中の神社

昔は武蔵平野の中にあったようだが、現在は鶴見駅近くの街中にある。
横浜の北部の中では一番古い古式豊かな神社とか。
お参りする方々も多い。
七五三だけで無く、毎月「酉の市」がたっていて屋台もでて賑やかだと聞いた。

鶴見神社2

拝殿

長男の7歳の時もお参りした。
神社は、なぜかお参りすると落ち着ける。

鶴見神社3

神社の紋

鶴のデザインがすっきりと良い!

鶴見神社4

拝殿

雨のため、本殿ではなく、事務所に作られた拝殿で式が行われた。
何組かあり、待たされた。
祝いの太鼓を3つ・・・
おもいっきりたたいていた。

鶴見神社5

本殿

神社を回ってみると溶岩が・・・
むかし、富士山が噴火した折、溶岩が飛んできたとか。
その上に拝殿、本殿が建っている。
両脇にある狛犬も溶岩の植えに設置されている。
安全祈願でもあるんだろう。

鶴見神社6
コメント
No title
 横浜市内は、ミーハーですが、中華街と山下公園がメインで、鶴見区には行ったことがありません。一度、総持寺に行かなければと思ってはいるのですが・・。
 これで、お孫さんも元気に健やかに成長されることでしょう。やはり、日本人は節目節目を大切にしてきたの民族だなということが分かります。寺社詣でをすると、心が落ち着くというのもこの辺りからきているのでしょうね。
総持寺
syoryuで~す。様
総持寺は本山ですから大きなお寺です。また修行をしているお坊さんの数も半端ではありません。歩くだけで疲れます。歩き回って石原裕次郎のお墓のお参りをしました。いつも花が絶えないとか。しかし、鶴見区は住宅地ですから他に見るところはありませんね。隣の川崎は遊ぶところ、食べるところが一杯在りますね。
言われるとおり神社、仏閣参りは日本人だからこそでしょうね。
No title
 溶岩の上にある神社なんて、そうそうはない気がします。おもしろいですね。節目に寺社を詣でると、確かに日本人は心安まるのでしょうね。七五三は、子供たちの未来良かれと詣でる行事なので、なおさら、飛ばしてしまうわけにはいきませんね。
家の孫は
7歳の七五三参りの服装で、息子と7歳の孫が喧嘩してして未だ行っていません。写真だけでも撮って欲しいものです。

無事終わったよし、よかったですね。神社のしめ縄は、漢字で書くと「七五三縄」ですよね?これって関連あるのかな?
健やかに育って欲しいものですネ。

噴石、溶岩!
tentijin 様
一区切りという感じでしょう。自分の頃はあったかなあ?記憶にはありません。溶岩の上に立てた記録も残っているとか。富士山から横浜ですよ!結構近いのかもしれません。チリの感覚がつかめません。
ありがとうございます・・・
結女 様
一区切りです。長男の3歳は日枝神社(赤坂)これが大変な待ち時間で・・・東京はあきらめ、氏神様へ・・・ここも待たされました。近くの写真屋さんで撮影してもらいましたが、まあなんと我が儘で撮るのにも時間が・・・とにかく済んでほっと・・・(笑い)
No title
 お孫さんの三歳のお参り、おめでとうございます。400年祭のお仕事疲れが癒される一時だったのでは。
 この様な由緒あるお寺を知りませんでした。
 神社の紋も珍しいですね。
神社、寺
吉野の食いしんぼう 様
期間中だったので、疲れは倍増!一段落です。蔓の家紋、有名どころは徳島の札所、鶴林寺です。神社ではここですが、個人の家紋に蔓は見たことがありません。和服で嫁さんが頂いたものにありましたが、これは「おしゃれ紋」というのだそうです。何でもありの世の中になっているんですね。家紋の研究も面白い!
七五三参り
境内内に露店が出ているのも大きな神社なのでしょうね。七五三参りは神社だけなのですね?
さて?
うわつ 様
寺で七五三はあまり聞きませんね。在るのかもしれません。高嶋易断の暦があります。この中には厄年があります。お寺もあるのかなという感じです。薬王寺は厄除けで有名ですから・・・さて七五三が厄年になるのかどうか?

管理者にだけ表示を許可する