秋祭り点描 | 鬼城

秋祭り点描

2015.11.04.Wed.12:00
御旅所

神輿の休憩場所
天赦園、南予文化会館前が当てられている。
荒獅子を見て園外に出ると丁度、神輿が・・・
ここで一休み、昼食だろう。

その他5

先導

牛鬼の役目・・・
ご神体を載せた神輿の先導役である。
丸穂の牛鬼は大小2つあるとか。
この場合は小だそうだ。
商店街向けとか。

その他1

稚児行列

牛鬼が過ぎると神主さん、若禰宜さん、お稚児さんが牛鬼ストリートへ・・・

その他3

神輿到着

遅れている・・・

その他2

差し上げ

まだまだ担ぎ手には余力が・・・

その他0

コラボ

牛鬼、三体の神輿が広場で練り合う。
祭りの見せ場である。
例年に比べ観客は少ない・・・

その他4
コメント
No title
和霊様の牛鬼は夏の香り、この牛鬼と御神輿はやっぱり秋の香りを感じます。
 久しぶりにアーケード街もにぎわったことでしょう。普段のアーケードにももう少し活気が戻って欲しいものです。
訪れやすい
吉野の食いしんぼう 様
シャッター商店街を活気づけて成功した例はほとんどありません。なぜか?既成概念に縛られているからだと思います。何かやろうと思っても、理由を付け反対・・・若者は育ちません。このような祭りを利用することが出来ないのか?ほんと活気づいてほしいですね。 
イベント通り
どうせ、人通り少ないのであれば、イベント通りと名うって、アーケード上に3D映像流してみてはいかがでしょう!!クリスマス関係とか?サンタさんトナカイ乗って走っているとか?下で運営のための募金活動してみたり・・・こんなに広くて長いアーケードあまり見ませんよね?中にはCM流してみても?
神輿の意義
神輿は練物ではないのだが、さも四つ太鼓か何かのように、乱暴に担ぎ上げているのをみると、古い考えかも知れませんが、なんとなく神々しさに欠けた奇妙な気持ちになります。
さらに、こんなことを言うと軽蔑されましょうが、女性のあられもない担ぎ姿にはいささか辟易しました。男女にはそれなりの勤めがあって、それを逸脱した感じがします。神さまはどうお思いでしょうかね。ちょっと言いすぎ、ごめんなさい。
いいアイディア!
結女 様
そんな発想はなかなか浮かばないようです。もし是を提案したら、費用は誰がの問題が・・・税金を使うわけには行きません。そうすれば商店街が・・・出しません。(苦笑)全国的にも同じような事の繰り返しでしょう。しかし、あきらめては全身はありませんから・・・
No title
 神輿の上に女性を乗せるのですか?個人的には、「いけませんね~。」神輿は、神様が乗る輿です。そこに土足で上がるような行為は、罰当たり以外の何ものでもないと思います。
 牛鬼は、悪魔払いですから許されるとしても神輿はいけませんよね。
 不易と流行ではないですが、不易なものが不易でないと・・。
 猿田彦は、待ちくたびれて先に帰ったようですね。(笑)
最近
木下博民 様
神輿は担ぎ手や賑わしさが無くなり、女性も参加するようになりました。ここ数年です・・・衣装も白いはっぴから、エキゾチックな衣装に・・・様変わりしています。人口減の町には贅沢は言えません。トラックに乗せて走るよりはましかも・・・
時間無視(笑い)
syoryuで~す。様
祭りだから赦されるんでしょうか?宮入も30分ほど遅れました。女性蔑視ではありませんが、不易と流行・・・変えてはいけないものもありますね。木下先生の言われるとおりでしょう。むかし、土俵の表彰式に女性をとの話・・・相撲協会が断固として断りました。これからの社会、どうなっていくのか?
No title
 私などにはよく分かりませんが、行事や神事には歴史なり意味合いがあるものですから、それらが伝わりきらず、表面の形のみ伝承している向きがあるのでしょうね。御輿にはご神体が埋め込まれているようなので、神の化身、象徴のような存在なのでしょう。
tentijin 様
いろいろと言われていますが、私には分かりません。格式のある神様の源流は天皇家と深い関わりがあることくらいでしょう。神に祀られている人も居ます。秀吉、家康、近いところでは山家清兵衛・・・先日、大坂の豊国神社に立ち寄りました。大勢の参拝客が居ました。
祭りが変わった
祭りが変わったですね。
和霊神社の神輿にも人が乗ったことがあったそうですが、神輿にはご神体を入れているので和霊神社では人が乗らなくなったそうです。バチが当たるかも知れませんね?
人が居ない!
うわつ 様
祭りの流れの中に人口減、特に若者が居なくなった所為があるかもしれませんね。そのため募集して何でもありにしたのでは・・・木下先生がよく言われる牛鬼に人が乗るのは・・・これなども良い例かとおもいます。寂しいことですが、ますます変わっていきます。

管理者にだけ表示を許可する