佐伯町荒獅子 | 鬼城

佐伯町荒獅子

2015.11.01.Sun.12:00
獅子舞

お祭りのお練りとして荒獅子は何処にでもある。
佐伯町の荒獅子は歴史は新しく、家串からの者と聞いている。
家串の荒獅子は高知県(土佐)から来たと・・・
ルーツをsぐると面白い。

荒獅子1
継承者

佐伯町も下火になって苦労されていたが、子どもたちによって復活している。
継承していくことの大切さを学んでほしい。

荒獅子2

3連太鼓

以前は一つだったと思う。
この太鼓に鐘や小太鼓が・・・

荒獅子3

仲間

獅子は取り合ってもらいたい、太鼓をたたくものにちょっかいをかける。
話の筋立てはあるようだ。

荒獅子4

荒れる獅子

太鼓と獅子の踊りが最高潮に達する!

荒獅子5

集中

大勢のお客さんの中で音を聞き分ける。
獅子も太鼓も演技が大変・・・

荒獅子6
コメント
No title
 後ろ2枚の写真が、獅子が躍動しているよう感じられて素晴らしいですね。
 この獅子舞は新しいのですか?知りませんでした。また、ルーツをたどれば土佐になるのも興味がありますね。K先輩が、「家串の獅子舞は、日本一になったことがある。素晴らしいよ。」と言われていました。そこからの伝承なんですね。文化を次に伝えていくということは、少子化の時代難しいですよね。
No title
お城と獅子も似合いますね。躍動感が伝わってきます。吉野も祭に獅子舞が家を回ってきます。どこから伝承された獅子舞なのでしょう。頭の顔つきが少し違う気がします。毎年後方の舞い手の膝にのって、高く伸び上がる動作の時は拍手が起きます。
伝承
syoryuで~す。様
三瓶の文楽も鬼北の文楽も同じですね。伝承するものがいるか居ないか?育てることの大切さを考えてほしいですね。
この踊り、頭の重さは半端ではありません。慣れてないと肩が壊れます。ルーツをたどれば面白いことは分かっては居ますが・・・
ところ変われば・・・
吉野の食いしんぼう 様
獅子頭はいろんな顔がありますね。牛鬼もそうですよ。歴博のO学芸員さんが中心で、平成10年だったか「牛鬼100態」の特別展をされました。このときの資料がすごかったと聞いています。
獅子の研究も面白いかも・・・松野の伸び上がる所作、見てみたいです。今治の5連獅子も・・・お祭りを楽しむ会などいかがですか?
獅子舞
神社に行かなかったた理由は宵宮に行ったのと、当日は祝儀集めしていたからだそうだ。なんともコメントのしようがない。
なんとまあ!
うわつ 様
宇和津彦神社だけでなく、各神社にはお練りがあるようです。ちなみに愛媛県で一番のお練りは何でしょうか?「太鼓台」それとも「だんじり」・・・しし踊りはは何処の神社にもあるようですね。起源はとなると・・・お練りをするしないにかかわらず、面白いですね。
No title
 佐伯町の荒獅子は、赤い獅子なんですね。緑の獅子と赤い獅子にはどんな違いがあるのでしょうか?南宇和郡にも秋祭りに獅子舞が登場するところが、たくさんあるように見受けます。やはり、流れがあるのでしょうね。
分かりません・・・
tentijin 様
聞いた話によると愛南町の獅子は高知よりだそうです。その流れが宇和島に来たのだそうです。各地方に獅子舞はあるけれどルーツは・・・沖縄、中国、ミャンマーあたりかもしれませんね。長崎に渡ってきたような気もします。結論は、分かりませんです。
獅子舞のルーツを纏めた資料はありませんか?
南豫の獅子舞といえば家串のものがいいですね。鬼城さんからDVDを頂戴していてなんども見ていますが、獅子は体力のいる踊りですね。太鼓を打つ子供も大変。
歌舞伎にも獅子の出てくる舞踊はいろいろありますね。ここでは獅子と蝶のからみですが、家串のそれは蝶が太鼓を打つ少年になったのでしょう。とにかく大が小に翻弄される楽しい庶民嗜好の踊りだから、喜ばれるのかな。
ルーツ
獅子踊りに関しては興味関心がわきました。これから資料など収集していきたいと思います。しかし、足が入りますからどうなることやら・・・獅子と蝶は歌舞伎の連獅子などにありますね。今日は北宇和、南宇和の秋祭り・・・「うわつ」さんが家串に行くとか行っていました。写真に期待します。

管理者にだけ表示を許可する