スーパームーン | 鬼城

スーパームーン

2015.10.01.Thu.12:00
これが精一杯

カメラ、腕前全てでこれだけの撮影・・・
今年は十五夜と満月が一日ずれているそうだ。
これは28日満月!
ちなみに27日は十五夜だった。

スーパームン
コメント
No title
私は、全く撮影できませんでした。手近で済まそうとしたのが失敗でした。撮影しようとピントを合わせたが、全く合わない。「だめだ~。やめ~た。」となりました。
私と同じ・・・
syoryuで~す。様
自宅なので三脚をセット(楽しかしない)・・・昨年「うわつ」さんに教えてもらった通りしましたが、月の右端に焦点をがなかなか出来ません。月が動いているからとのこと・・・自然界も勉強しないと行けないのかと、がっくりした記憶があります。来年は・・・
お月様に・・
とっても綺麗です。

伊達藩の五傑のっていたので検索しました。
興味深い事見つけました。5傑の中ではないのですが、「山下亀三郎」その中に、石原裕次郎の父上が南予地方の出身だとか?この父上の話、本になれば、すぐに有名になるんでは?もっと詳しく知りたいです。
鬼城様の撮った「スーパームーン」にお願いすれば、叶うかも・・・お願いします。
ウサギが見えてるから、いい月ですよ。
お月さんはけっこう明るいから白くなるので露出が難しいです。ウサギが見えたら成功ですね。
No title
 私も散歩の途中で、自分の目で見ることはできましたが、デジカメでの撮影はとても無理と最初から諦めておりました。
 じっと見ていたら、ウサギの餅つきしている姿が想像できたような・・・。
 ちなみに私、兎歳。うさぎ大好きです。
石原潔
結女 様
私が知っていることは、裕次郎の父親は愛媛県長浜町(現大洲市)出身です。海の仕事に携わり、山下汽船につとめ重役となります。宇和島での生活もあり、兄慎太郎は和霊公園で遊んだこともあったとか。甥になる良純はテレビ番組の撮影で伊達博物館に来てお話をさせてもらいました。気象予報士、絶好調の頃です。祖父、慎太郎は宇和島にも居たと聞いたことがあると・・・身近な話になりますね。
焦点
うわつ 様
最近目が悪く、医者には白内障の初期といわれました。焦点がぼけて・・・月の端に合わせよというご指導の下、必死で合わせました。20ほどシャッターを切った一枚です。うさぎに感謝!「うわつ」さんに感謝です。
かぐや姫ですね・・・
吉野の食いしんぼう 様
うさぎ年ですか?それで野菜が・・・ということでは無いか。(笑い)宇宙は神秘ですね。地上に光が無いところでは、星が降るという表現がぴたり!北アの合宿がそうでした。剱沢がなつかしい・・・
花鳥風月
月が「花鳥風月」や「雪月花」など自然を代表するもののひとつしたのは古代人でしょうが、これほどに個人で月の写真を写せる時代になれば、あばただらけで、自然の代表というにはどうかな。
いまに月の裏側も写せる時代がくるかもわからない。ただ、近づけば近づくほど奇怪な鉱物の塊だから、とても花鳥ってものではない。
まあ「遠くにあって想うもの」で十分。これ以上接近しないこと。
ただ、被写体ではなく映写技術の器械と腕は別ですね。すごい。
ロマンと現実
木下博民 様
現在展示している政宗の陣羽織、水玉かと思いきや宇宙を表し、星野数々とか(後で付け加えられたもの)、政宗は日輪、月光をこよなく愛した。月で一杯、青空で一杯と風習名武将だったんでしょう。命がけで駆け抜け、自然を愛した。
現在は命がけで生きる時代に成りつつあります。無為な殺人などその良い例・・・教育の間違いでしょうか?
不思議
 美しい月ですね。私のデジカメではとうていこのような美しい月は撮影できないと思います。おそらく、満月かどうかも定かではない写真になると思います。うらやましい限りです。
不思議
tentijin 様
コンパクトデジカメでもきれいに撮れますよ。しかし三脚は必要です。昨年はコンパクトデジカメで撮りました。一眼の使い方が分からなかったからです。マニュアルあるいは検索をすれば写し方が出てきますよ。

管理者にだけ表示を許可する