神輿出御 | 鬼城

神輿出御

2015.07.28.Tue.12:00
和霊神社氏子総代総代長

神輿の出御式の挨拶です。
この画面は、解説のため待機している場所からは遠く、撮影できません。
UCATのモニターでご勘弁を・・・


出御0

先払い

神輿の出御の前に出御する4つ太鼓
小学校の低学年の子どもたちの太鼓の音が見事!
書き手の方々は思い屋台が肩にのしかかる。
この写真は中継場所から見える御幸橋の上です。

出御1

一番神輿

山門を出る神輿、バランスが難しい。

出御2

御幸橋上の神輿

別名、太鼓橋ともいう。
影が水面に映る姿からその名前がついた。
眼鏡橋、二重橋もその名称のようである。

出御3

牛鬼太鼓

送り太鼓
神輿出御の時にたたく太鼓
太鼓集団「牛鬼太鼓保存会」
出御4

高張り提灯

御幸橋には高張り提灯の列が並ぶ。
家紋は「釘抜き」山家家の家紋である。
ちなみに最上山家家の家紋は抱き沢瀉(だきおもだか)である。
いつの時代から「釘抜き」「抱き波」担ったのか不明で、興味がわく。

出御5
コメント
No title
 は○し先生が、和霊神社の役をされているのですか。びっくりしました。
 二枚目三枚目などは、臨場感があり素晴らしいですね。動けない所からの撮影ですから大変でしょうね。
 うわつさんのブログに書いたのですが、かき手の格好はあれでいいのでしょうかね。和霊神社のご神体を乗せている神輿ですから、麦わら帽子や金髪等々、もう少し考えてほしいですね。規制すると人が集まらないのでしょうかね。
氏子総代ではなく・・・
syoryuで~す。様
氏子総代の皆様をとりまとめる氏子総代総代長さんです。もう3,4年やっておられるのでは無いですか?担ぎ手はなかなか集まらないようです。また、海上渡御の船もなかなか・・・昔なら競って担ぐし、船を出していたようです。規制をしなければならないほど神様の格も落ちてきたのでしょうか?日本の国全体で考えねばなりませんね。これこそ普遍と変化の代表となるかも・・・
祭り撮影
今日はお世話になりました。K先輩も勉強になったと喜んでいました。感謝です。
祭り撮影は思うようなアングルは望めませんね。そこを工夫してカメラを縦にしたり横にしたり、急遽F値を変えたりしますがうまくいったら「やったー」となるけど予期せぬ人が前を通ったりして上手くゆきません。24~105mmを常用しているので、結局パソコンの餌になる写真ばかりでした。
No title
あれは何時のことだったでしょうか?宇崎竜童とダウン・タウン・ブギウギ・バンドが橋の上でコンサートしたとき、FFさんに誘われ行ったきり、このお祭りを楽しんでいません。
 臨場感を求めるには現場に行かなくてはならないでしょうが、活力を失いつつある今はこうしてブログで楽しませて頂きe-466
パソコンのえさ
うわつ 様
言い得て妙!私の写眞はほとんど、えさですね。祭りはやはり、報道などの腕章がいりますね。癒やし博の時に、勝手に作っていた人が居ました。これは困りものです・・・
暑かった!
吉野の食いしんぼう 様
人が居ないところでさえ暑いのですから・・・その上、松明の近くとなると地獄ですね。しかし、どこからも見ることが出来る祭りになりました。人出が激減しています。家でケーブルテレビを見る人が多くなったんでしょう。宇崎竜童は4年前かな?
No title
 歴史ある祭りなので、見ていても、見応えがありますね。私も、近くなのに、走り込みを見たのも、1度だけでした。最近、木下先生のコメントがなくて心配しています。
伝統
tentijin 様
走り込みはいいですね。写真を撮るには川の仲がいいと聞いています。しかしカメラがぬれたら・・・
木下先生は先日、手術され現在入院治療中です。無地、成功されたようですから、もうしばらくしたら搭乗していただけるものと思います。

管理者にだけ表示を許可する