視察 | 鬼城

視察

2015.06.27.Sat.20:00
土曜夜市

文化講演会のパネラーとしての責任を果たし、帰宅・・・
お茶会に行くとのこと。
久しぶりに夜市にでかけた。
孫たちが来月帰省するので、その下見を兼ねてである。
淡交会青年部のお茶席。
夜市1
お運びさん

どこかの保育園か、幼稚園の学童茶会のメンバー?

夜市2

彼女たち二人の説明

紫陽花です・・・

夜市3

木工細工

ワークショップ的な店が多くなっていた。

夜市4
名物亀レース

亀レースの歌が出来たはずだが、流れていなかった・・・

夜市5
恵比寿町銀天街

宇和島には袋町、新橋通、恵比寿町の各商店街があり、夜市にも特徴がある。
10日恵比寿の看板が出ているのは、恵比寿町・・・

夜市6
コメント
様子見おおきに
ご夫婦で様子見いいですね。ちょっとしたことですがお手々つないであげると喜ばれますよ。私からでしたが「何さらす 不意の手つなぎ いと楽し」その時の思い出が残っています。私も二つ折りの額作成してみたくなりました。
遅くなりましたが、「伊達秀宗公物語」冊子ありがとうございました。姉にも届けました。重ね重ねのご厚意頂戴しうれしいです。といっています。
接待できず・・・
結女 様
いつもなら館長室で積もる話などするのですが、調度の時間帯で・・・今年は特にお客さんが半端でないので・・・次から次へと綱渡りです。まだ特別展は続きます。特に秋は仙台との交流で大規模なものとなります。おかげさまで4月より昨日で8,000人突破です。例年の3倍強の入館者となります。
その合間の視察の時間です。孫たちがもう少し大きければ、滑床なんですが・・・秀宗、好評だとか。もう残部が無いとか行っていました。増刷するでしょう。ありがたいことです・・・
No title
 パネリストお疲れ様でした。今日の行事は、分かっていたのですが前半の話には興味がなく触手が動かなかったので行くのをやめました。申し訳ありません。
 夜市も息子たちが小さい時は連れて行ったのですが、それ以来行っていません。もっと人出があるのかと思っていたら、それほどでもないのですね。
No title
 商店街も、昼間歩くと寂しいこと限りなしです。若者がほぼ歩いていないのが現状でした。日曜日だというのにです。出合うのは、お年寄りばかりでした。さすがに夜市は、若い方々の顔が見えてほっとします。それでも年々人が少なくなっているのかも知れませんね。
思ったより・・・
syoryuで~す。様
講演会、思ったより多かったような気がします。500人ほどかな?動員もあったようで・・・しかし、川前の鹿踊りは良かったです。残念ながら一眼を持って行っていなかったので((T-T)
夜市は妻のお茶のお付き合い・・・6時過ぎだったので、写真の後くらいが賑やかだったんでしょう。亀レースの会場、ゲームコーナーなどは一杯でした。
子どもが多かった・・・
tentijin 様
新橋通は歩くのが難しいくらいの人出でした。しかし年々減ってきているのでしょう。久しぶりの夜市・・・7月18日の最終日には孫を連れて行かねばなりません。疲れるでしょうね。(笑い)
不思議な夜市
なかなかの盛況(?)結構なことです。
それにしても商店はシャッターを降ろしていますが、夜市の人びとはこの商店街とは全く違ったお店作りをしたのですね。
昔、中国で杭州、河南省省都鄭州の夜市や、台湾高雄の夜市など見て歩いたことがあります。日が落ちると忽然と路上に一大市場ができ、夜明けにはまた何処にでもある路上になってしまう。あの活力と比べろというのは無理かもしれませんが、宇和島にもあのような活力がほしいですね。
10年前大合併したとき9万いた人口が8万になったことに危機感をお感じになり、手を打つ市民群がほしいですね。
文化講演会
木下博民 様
昨日の文化講演会(奥島先生と伊井先生)、川前の鹿踊りと裏町の鹿踊り共演、そしてパネルディスカッション・・・その中で仙台は100万都市になろうとしている、宇和島は8万人を切る危機感について石橋市長さんが述べられていました。打つ手は御槇のIターンくらいしか聞いていません。夜市は怒御路上のイベントの感じがします。店に入っている方はほとんど居ません。工夫がほしいですね。
夜市
まだ夜市やってたんですか。シャッター街になったのでやってないと思ってました。利益はあるんでしょうか?見ると出店が多いようですね。人口減少にブレーキがかからないようです。
まもなく8万切り
うわつ 様
商店街連盟の行事ですが、各出店に人は集まっていますが、商店内には入っていないようです。袋町の上の方はシャッターばっかりなので、出店も無くひっそりしていました。地方創世・・・ばらまきですね。まさに税金の無駄使い!
お疲れ様でした
 講演、パネリストとお疲れ様でした。そんな中、本当に丁寧なご案内ありがとうございました。
 母が秀宗公物語を読みながら「あらっ~長男さんが後をとらず、宇和島に入られたのね~」と独り言っていました。それを聞いて、まだ呆けは来てないなと安心した次第で。v-8
 淡交会の青年部のお茶席、若かりし頃、浴衣着て、手伝いに行っておりました。懐かしい!
 そして、もう一つ驚いたのは、フクロウを中心とした木工細工の作者は私の山仲間だった「どんぐり工房」のS氏です。我が家に飾っている木の実で作られたリースはS氏の作品なのですよ。
 帰省されるお孫さん、宇和島をたっぷり楽しんで欲しいです。
どういたしまして・・・
吉野の食いしんぼう 様
何度も言うとおり、目の前で顔と顔を合わせてお話が出来れば良かったんですが、残念です。絵本、ご迷惑をおかけしました。まだ残りがあるそうですから、出かけた折、もらってください。私の手持ちが無くなり、5冊もらってきました。評判上々・・・よかったです。お母さんの喜んでいただけるのが、うれしいです。子どもたちにも歴史のおもしろさあ、悲惨さが伝われば・・・
「どんぐり工房」これも不思議!ワークショップ的なものが増えています。もう7月・・・お祭りの解説準備にかかります。倒れないかと少し心配です。(笑い)
なぜ宇和島には活力が感じられないのか
もう一度申し上げますが、10年で人口が1割強減ったのに、誰もその点について市民は慌てもしなければ対策も講じない。流れのままにどうにでもなれではないでしょうが、とにかくシャッター街が増え続けているようですね。
危機を認識する数字をもっと市民に知ってもらって、どうするか考えてほしいですね。なぜ、松山、今治、新居浜は人口が増えて、宇和島、八幡浜は減るのでしょう。宇和島の適正人口は何人くらいが理想でしょう?
もっとも量の大きいことは、宇和島の良質人口には叶わないだろう、というのならば、なにをかいわんや、ですが。
誰が・・・
木下博民 様
活気が無いのは事実です。自分の周りを見ると一過性かもしれませんが、活気づいています。人口増とは関係ありませんが・・・若い職員とよく話します。なぜ、どうするの?この思考回路が無いような気がします。さてどうするのかは人それぞれ・・・今は自分の足下で精一杯・・・原因は自分を含め、それぞれにあると思います。

管理者にだけ表示を許可する