またまた、国道工事 | 鬼城

またまた、国道工事

2015.06.04.Thu.12:00
国道56号線改良工事

天赦公園内に5m入り込み、歩道の整備のための工事です。
来年には完成とか?
城南中学校前の歩道橋からの写真です。

国道1
同じく歩道橋より

写真で見ると歩道の幅、側溝が分かると思います。
完成後は、左手の東校側にも歩道ができます。

国道2


天赦公園内より

植えられている幼木は、伊達400年祭記念植樹の桜のようです。
植樹する場所が無いとか?
調査研究不足の感はぬぐえない。

国道3

現在の歩道

なにか、やっつけ仕事の感もありますが、安全第一!

国道4

伊達博物館前からの写真

この写真を見るかぎり、結構広く感じます。東高の生徒さんにとっては、より安全になるでしょう。

国道5
コメント
すばらしい道になりますね。
両側歩道あり、並木あり、すばらしい道になるのですね。これにならって宇和島の道は広くなるのですかね。並木あり、ところどころに老人の憩うベンチあり、てなことかな。
昔、ロシア人の造ったハルビン街の歩道脇にベンチがあって白系露人の老夫婦の散歩姿を見かけたものでした。それを思い出しました。
利用
木下博民 様
道路拡張のためと景観を保つ、利用はいいですね。それより天赦公園の利用は何かないものでしょうか?子どもの遊び場があっても姿は見えず・・・広場はウォーキングしている人が居ますね。
宇和島は民意のはっきりしない街ですね。
市議会議員さんはそれなりに民意を吸い上げてやっておられるのでしょうかね。宇和島には沢山の公有地あり、公有施設あり、それらがどう機能しているのか、せめて年に1度くらい、話し合い、関心をもって欲しいものです。
鬼城さんのことですから、目の前の広場がどう使われているのか、一番よくご存知のはずですがね。利用計画の細部までご存知ではないですか? 
No title
 東高の生徒が部活やら体育やらでしょうか?東高敷地側の歩道をぐるぐると走っている姿をよく見かけます。歩道を歩く歩行者とすれ違う時、窮屈そうに見えます。それが緩和されるくらいの歩道の道幅になるのですか?安全になりますね。
No title
 グランド側が終わってから東高側になるのですね。なかなか大変な工事ですが、完成すると素晴らしい道路になることでしょうね。
 それにしても桜の木を植える場所は、行き当たりばったりの感じがありますね。もう少し環境の良いところに計画的に植えるようにはならないのでしょうかね。
人にやさしい道路へ
最近の傾向として、歩道を一車線分広げる道路工事が多いようです。
家の近所に出来た新しい道路は、みんなこのタイプです。
歩道が広くなると散歩やウォーキングをする人が増えてきます。
途中にベンチや緑地もあるので、気持ちを和ませてくれます。

やっと車中心の道路行政から歩行者や自転車に配慮した環境整備へ移行してきましたね。
ここは宇和島の文教地区ですから、天赦園や伊達博物館に繋がる、ゆったりした空間ができると良いですね。
思い出
木下先生のロシアの思い出、なんてロマンチックなのでしょう。
 私は、博物館前の広場前に、こんな思い出がありまして。
 まだ、車の運転免許とりたての20代後半の頃、広場前に数台駐車していたので、横に停めたら、お巡りさんが突然現れ~「ここは停めたらいけんが、なせ停めた?」「みんなが停めていたのでいいかな~と思って」「みんなが死んだらお前も死ぬのか?」余りの飛躍的な話に舞い上がった私は、バックに手間取り、また怒られてしまいました。
あの時のお巡りさん、何か頭にきたことがあったのかな?
憩える道になることを願っています。
どの街も・・・
木下博民 様
どこの街も自分のほしい情報がすぐ手に入るところは内容です。宇和島市も同じでしょう。400年祭もどこに聞けば良いのか分からないことが多々あります。発信ではなく、収集しなければならないようです。
歩道の幅
tentijin 様
校門前、天赦園側、鶴島小側は普通の幅の歩道ですね。残念ながらバックネット側は今まで通り、狭い歩道でしょう。昔埋め立てたところで計画が立っていなかったのでしょう。堀の跡でもあります。
記念植樹
syoryuで~す。様
桜の植樹、尻つぼみといおうか、想定内のことですね。寄付を募られても私は参加しません。見込みの無い行事に投資はできませんから・・・植える場所が無いのに寄付金を集めるとはいかなものか?さて何本くらい集まったのでしょうかねぇ? 
人に優しい・・・
ランスケ 様
その通りです。この場所は綠が多く中心部でありながら、未整備地区でした。国、市をあげて整備してもらいたいものです。丸山の二の丸公園、ほっとします。サイクリング、ウォーキングなど自由にできる道の推進をしてもらいたいですね。九島架橋はそれも狙いだとか。是非・・・
よき時代?
吉野の食いしんぼう 様
おまわりさん、今なら完全に新聞記事ですね。(爆)良い思い出、つらい思い出、生きていく中で一杯ありますね。一つ一つ、それを糧にしながら元気で生きていきましょう。人生は面白いと言えるような毎日でありたいですね。
400年記念情報
東京のようなところなら、ひと言喋れば人はあつまします。山奥の村ならば毎日あらゆる方法を使って動員しなければ人はあつまわない。宇和島のような市民の上げ膳据え膳をゆめみているグループでは、報道手段の手を変え品を変えしなければ、なかなか周知しないのでしょうね。
おそらく人の集まる場所には今週のイベント、明日のイベント周知方法が手段を変えながら常に流れていることでしょう。
掲示板に出しているというでしょうが、同じ状態の掲示では出しても目にはなかなかはいらないものですね。成功を祈ります。
その通りです・・・
木下博民 様
集客力をどのようにするかは、常に課題となっています。それにしてもアイディアは一杯出していただけるのですが、実現不可能なことが多い。人員不足、館の機能不足は否めません。あとはアイディア勝負ですね。
夢と現実と
人員不足・館機能不十分を論うアイデアは「夢」といいます。会議に「夢」は必要ですが、実行するためには「何が今やらなければならんことか」「集客力を拡大して管理者諸氏の脚を一歩踏み出させるには今なにをするか」そんなことも常に考えるといいですね。
先を見て
東高側の電柱何とかなりませんかね?
校内の塀に組み入れるだけで道は広くなります。
市内のいたる所の電柱が道を狭くしています。
立てればよい、作ればよいと言うのではなく
100年いやそれ以上先を考えてほしいものです。
桜の木もしかりです。
函館にて
宇和島散策
津島の南楽園まで足を伸ばし・・・
宇和島市内では、城、博物館、天赦園・・・
欲張りすぎて、時間切れ(体力切れ)
宇和島に、リュック持参で行くのは登山の時だけでしたが、今回もトレッキング準備がいりました。お城もシンドクなかったのですが・・体力減を忘れていました(笑)
400年祭のパンフレットを博物館で戴きましたので、山家精兵衛展の時は、ウオーキング支度でまいります。
何とかなる・・・
うわつ 様
四電は何とかなりますと言っているのですが、当局がどう動くかですね。地下配線も題字だと思います。道幅も広げることが不可能なので、せめて電柱をのけてくれたら安全なんですが・・・
旅をしてほかの地区の便利さに驚きますね。良い旅を!
日程
松ぼっくり 様
400年祭で一番ネックになるのが日程なんですよ。回るのは順序さえ決めればOK何ですが・・・見学する時間がどれだけか、考慮しないといけません。声がけしてください・・・いろんなアドバイスができますよ。多く回られるのであればトレッキングが良いかも・・・伊達な街歩きの案内はトレッキングシューズでした。おかげで足の疲れはほとんどありませんでした。お待ちしていま~す・・・
夢の指示
木下博民 様
自分の考えで集客力はどうしたらよいか?テーマはと考えています。立場も分かりますが、思いつきで言われると・・・とにかく目の前のことを片付けねばなりません。夢を追うには、年や期間が短い(笑い)
時間がないから夢です。
鬼城さん
夢に時間があれば、それは夢ではありません。でも、夢追い人生は必要です。
有難いことに、人は現実には時間を平等に持っているということですから、自分だけ沢山の時間が欲しいといっても無理。
実行は夢と時間のアンバランスをさておいて、決断の積み重ね、しかもそれは密度によって評価されるでしょうね。
決断
木下博民 様
次から次へと決断せねばならないことが多すぎて・・・今日は信用金庫さんの宇和島の歌「おかえり」と絵本「秀宗公物語」完成お披露目式でした。400年祭、記念に残るものとしてすばらしいできばえでした。
来年のことはまだ先になりそうです。

管理者にだけ表示を許可する