白道 | 鬼城

白道

2015.04.09.Thu.20:00
白玉上り藤

なぜ白なのか?
仏教思想、白道の考え・・・
彼岸から此岸へは二河白道を通る。

上り藤1
借景

天赦園は鬼ヶ城を借景としている。
しかし、今日は曇り空・・・
花は例年より早い気がする。

上り藤2

太鼓橋

白玉上り藤を橋の上に絡ませている。
水に映った姿はすばらしい。

上り藤3

下からの藤棚

桜との共演とはならなかった。

上り藤6

新聞記事

今朝の愛媛新聞を見て写真、テレビ局などのお客さんが・・・
私もその一人(笑い)

上り藤5

七部咲き

天気がよければ、香りが結構するのだが、あいにくの曇り空・・・
ミツバチの姿も見えない。

上り藤7
コメント
No title
 大幅に剪定をしたのですか、それともまだ咲いていないのですか。なにか隙隙のように感じますね。
 来週も雨ばかりで、いつ行こうか悩ましいところですね。本当に今年の天気は、おかしいですね。
白藤
藤が咲く季節になりましたね~池はキレイでしたか?白い藤なので青空のほうがいいですね。お天気は12日くらいになるようですよ。
勢い
笑隆で~す。 様
木の勢いが弱っているようです。数年前から気になっていました。どうすれば良いのか、わかりませんが、樹木医などと相談するのがベストかも・・・次の苗木は育てているようですね。今の藤は二代目とか。
ほんと、雨が多いですね。こんな気象は初めてではないでしょうか?
残念
うわつ 様
池の水は長雨のためか、濁っていました。青空を待っていたら、藤は散ってしまうかも・・・(笑い)桜は悲惨、三間のチューリップも悲惨だったようです。雨に強いのは芝桜くらいでしょうか?
白は何とも映えるけれど
青空か、新緑か、澄んだ水面か、相手がいないと映えないのが白でしょうね。
今年は春の嵐どころか、花見と雪見の二重奏ですっかり予定の狂った人もいたでしょう。昨日、所用で街へ出ましたが、櫻はすっかり葉桜、来年お待ちしていますよといわれているようで、げんなり。来年なんて、明日がどうなるか分らないボケ老人なのし。
次々
 桜が終わり淋しく思っていたら、藤がもう咲き始めたのですね。水面に映った景色は美しさを更に増してくれる気がします。
 この白玉上り藤も上手に世代交代し、美しさを保たれているのですね。
異常気象
木下博民 様
会う人、会う人、みなさんが今年はどうなっているの?という具合ですね。桜の撮影に行かれた友人の皆さん、口をそろえて「今年はだめだ!」と・・・無情の雨ですね。
宇和島を元気にということで、博物館は「刀剣協会」の方々の秘蔵の刀の展示が始まりました。小敵にもすごいし、名刀の数々は創刊です。日本一の肥後鍔も美事です。
管理
吉野の食いしんぼう 様
人を楽しませてくれるものは管理が大事です。ほっておいても良いのは、山野草ですね。季節は瞬く間に移っています。もう山ツツジ、川ツツジの咲く頃ですね。野田藤は月末頃でしょう。そして菖蒲となります。良い季節到来・・・雨はもう勘弁してほしいですね。
No title
こんにちは。

この太鼓橋は最初から藤棚として架けられたものなのですか? 洒落た趣向ですね。

こちらでは藤が咲くのはもう少し先です。やはり季節が進むのが少し早いですね。
訪問ありがとうございます・・・
kanageohis1964様
はい、幕末に7年間掛け築き上げた庭園で、庭園内には7基の藤棚があります。白藤が2基、紫(野田藤)が5基あります。なかでも太鼓橋の白藤は圧巻です。春の風物詩となっています。
しゃれた趣向は、ご先祖の政宗公ゆかりでは(笑い)宇和島でも例年よりは早い気がします。
No title
 いつまでも桜に心を残していてはいけないと感じました。天赦園のあの美事な藤の季節になりつつあるんですね。非常識かもしれませんが、びっくりです。藤のアップの写真が印象的ですね。白藤やゆりやみしかばの句を思い出します。
芝 不器男
tentijin 様
句碑が博物館にあります。よく訪ねてこられる方がいます。季節は移るですよ・・・笑隆で~す。さんは藤を狙って西条の方まで足を伸ばすとか?機会があれば横峰寺のシャクナゲを見に行ってください。開花はネットで調べるといいかも・・・半端ではないシャクナゲ林です。

管理者にだけ表示を許可する