玉惚け | 鬼城

玉惚け

2015.03.15.Sun.15:00
写真の効果

「玉惚け」という技術のあることを知った。
さて、どのように撮影するのか分からない。
てっとり早い方法は聞くこと。
「うわつ」さんに聞く。
カメラを手にとって教えてもらった。
光が関係することは分かった。

早速、やってみた。(´・ω・`)

テスト

ランスケさんの教示

ブログに難しいと書き込んでいたら、「ランスケ」さんより、親切なアドバイスが・・・
雨が上がり晴れたベランダで「水滴」を・・・
玉は出た!しかし・・・

玉惚け1

被写体を前にマクロ撮影

光の反射だと教えていただいた。
位置とも・・・
自宅の桜草、ジョロで水をやり・・・
まあ、出ているかな?

玉惚け2

夕方の光

新芽をとらえるが・・・

玉惚け4

同じく新芽

光を取り込みすぎ?

玉惚け5

散歩で緋寒桜

淡い光に包まれた桜
思った画面に近いものとなった。
しかし、角度を少しずらすとでない。カメラ片手にローアングルでとなると・・・
肩は凝るし、通りがかりの人が珍しそうに見ていた。
教えていただいたのは、「難しいテクニックではない」とのことだった。
しかし、丸二日間ファインダーをのぞき込んでいたら頭が痛くなった。

何より、教えていただいた、お二人に感謝!

玉惚け6
コメント
No title
 私も「玉ボケ」の出し方をEOS学園でやりました。それほど難しくはないのですが、どの場面でこれを使うかがよく分かりません。
 二日間の練習の成果が良く現れているように感じます。
 4月からは、「カメラを持ってウロウロ」という訳にはいかなくなりますから、じっくり楽しんでください。
No title
笑隆で~す。様
さて、どんな場面で使うかは分かりません。ただ、やってみたかったという感じです。練習の成果はすぐ消えます。玉惚けなら良いのですが、只のぼけ老人にならないよう精進します。(笑い)
ボケ
ボケは何度もやっていると
要領が分かります。
ボケは普通カタカナですね~(笑)
確かに辛い
さすがに学習能力が高い。
最後の一枚はお見事です。

うわつさんの仰るように何度も繰り返す内に要領が判ってきます。
これから光が溢れる季節には効果的な写真表現だ思います。

でも、確かに息を凝らしてローアングルを続けていると辛い(笑)
ボケ
うわつ 様
頭が惚け気味なので・・・何度もやるという学習能力(これは子どもも嫌う)、がないものですから・・・嫌いなことをやるのは能力が高まると何時も要っていたのに(笑い)実践をやっていきます。
理屈
ランスケ 様
実践がついて行かない。二人のお師匠さんのおかげで、試行錯誤を繰り返しながら、やっていきます。過剰のお褒めの言葉、ありがとうございます。成功したときの「うれしさ」は子どもと同じです。
光の大切さ、何時も思うのですが・・・
なかなか凝った写真ですね
そういえば、昨今、いうtもこんな情景になってしまいますが、私のこれは「ボケはボケでも加齢ボケ」で恐縮です。
体調は?
木下博民 様
しばらく書き込みがないので心配していました。季節の変わり目、十分ご注意ください。写真は難しいですね。何時までも勉強中です。
No title
 難しい世界で入れませんが、幻想的な素敵な写真を楽しませて頂きました。
 ぼけと言えば、先日、脳出血した親戚の検査に立ち会いました。結構、難しく、自分の脳も危ないかもと心配になりました。
脳ドック
吉野の食いしんぼう 様
大変でしたね。私は退職前から隔年で脳ドックにかかっています。現在は普通のお墨付きが・・・普通と言うことは、「年相応にくたびれているが」が頭に着きます。惚けるまでには至っていないとのことで安心はしています。
写真は幻想的なものに、あこがれがあります。ランスケさんの境地、うわつさんの構図など少しでも近づけたらいいなあと思っているところです。何年、いや何十年かかるか?できないでしょうが、努力します。(笑い)

管理者にだけ表示を許可する