桜便り その2 | 鬼城

桜便り その2

2015.03.14.Sat.13:00
緋寒桜

寒緋桜とも言うそうだ。
原産地は南の方、中国、台湾だったか?
1月に沖縄で咲き、北上する。
桜に見えないが、ばら科サクラ属だそうだ。
有名な桜「河津桜」は、この緋寒桜と大島桜との交配種である。

濁りの入った「彼岸桜」は、よく間違えるが別種である。

緋寒桜1

自分の頭の中での標準木

この花が咲けば、もうはる春・・・
散歩コース、宇和津彦神社の石段横に咲く「緋寒桜」
鳥居の中、左手・・・

緋寒桜5

七部咲

最初の写真は、愛宕公園のものである。
神社の桜は、まだ開ききっていない。
満開になると、目白が群れで来る。


緋寒桜2


真っ盛り

愛宕公園の隅にある「緋寒桜」
満開である。

緋寒桜4

桜にはなぜか、目白が集まる。
その目白を追い払うのがこの鳥・・・
どう猛な顔をしている。
野鳥図鑑で調べたが、不明・・・

緋寒桜6

花付き

花は釣り鐘状、色は濃いピンクである。
余談ながら、沖縄で桜と言えば「緋寒桜」だそうだ。

緋寒桜3
コメント
No title
 色々な名前の寒桜がありますね。八須賀桜とかカワヅザクラetc訳が分かりません。
 しかし、美しさはソメイヨシノよりも綺麗ですよね。散り際は悪いのが、私に合っているのかもしれませんね。(笑)
No title
 色の濃い緋寒桜系の花は、その色から、豪華な感じがしますね。色の薄いソメイヨシノなどは、満開のボリュームが整った時こそ、えも言われない豪華さを感じます。そこには、薄い色だからこそ感じる良さを内包しています。散る風情も、散る潔さも、もっと見たい、見ていたいという思いも生まれ、生きている実感に繋がっていく気がします。
散り際
笑隆で~す。様
人生、後悔ばかり・・・誰も散り際がきれいと言うことはありません。花も同じで盛りを過ぎた花は見向きもされません。交配種が多いと聞いています。それに人名や地域名を付けたので混乱するのではないかと思います。大元神社の伊達桜など良い例だと思います。たぶん、山桜だったかと・・・
新鮮
tentijin 様
自分たちの置かれていた世界がいかに小さいものか、自由になって、いろいろと「うろつく」ことによって見識が広がりました。自然もそうだし、人とのつながりもより強固になります。当然、残された時間の方が短いわけですから、より多くの経験を積みたいですね。桜前線を追って桜見物の旅、やってみたいですね。
おたまやさまにも
写真展が終わり梅田に移動中です。多くの人に来ていただきました。有難いことです。おたまやさまにも緋寒桜があります。
知りませんでした・・・
うわつ 様
写真展、お疲れ様でした。盛会のようで、お喜びを申し上げます。今回は宇和島自動?気をつけてお帰りください。
No title
ばたばたすることがあり、いっとき自然に目を向ける余裕がありませんでした。桜と言えば「ソメイヨシノ」くらいの知識しか持ってなかった私は、こんなに開花の時期が違う
色々な桜を教えてもらいました。
 22日は文殊公園の部落による草刈りがあり出席します。カメラ持参で観察してきます。
桜の季節
吉野の食いしんぼう 様
桜は交配種が非常に多く、適当に(失礼)名前を付けているようですね。
文殊公園で是非、春を見つけてください。自分もばたばたして、もがき苦しんでいます。(笑い)頼まれ仕事と自分の要事と重なって、パニック状態です。来週には落ち着くと思いますが・・・

管理者にだけ表示を許可する