56号線修復工事 | 鬼城

56号線修復工事

2015.02.22.Sun.10:00
崖崩れ

平成16年10月20日午後3時頃、台風23号により宇和島市和霊町で崖崩れがあった。
そのため56号線、宇和島へ入る道は全面通行止め。

この部分が崩れた。
この部分は、崩れることも多々あった。
国道が大きくカーブしている場所で、事故多発地点でもあった。
まつられている社は交通安全を祈願したものに違いない。

工事1

工事は長期間

この部分は出っ張った山があり、崖の除去には時間がかかったようだ。
それにしても完成まで12年は長い!
やっと防護壁がのいた部分である。

工事2

あと少し

工事区間は500mくらいだろうか?
山は完全に消滅した。
あと10mばかり・・・

工事3

最期の仕上げ

工事車や工事の人がいそがしく動いている。
削られた出っ張った部分がわかるだろうか?
崖の上部から防御壁まで木々や岩盤の崖があった。

工事4

寒桜

「うわつ」さんに聞いていた、宇和島で一番先に咲く桜・・・
自転車だったので帰りに寄ってみた。

満開!

寒桜1

場所

宇和島信用金庫恵比寿町支店裏である。

寒桜2
コメント
さくら
この桜かなり前から咲いていたんですよ。宇和島で一番早く咲くんですよ(^^)
No title
 この工事は、長すぎですよね~。交通量が多いし、急傾斜地なのでしょうが、12年は長すぎです。
 今後は、かなりスムーズな動きになると思いますね。
工事中の道路が思い出
しばらくはこの国道がふるさとの関門でした。
あれからでも相当経ち、加齢の私には、夢の中でもこの道は「只今工事中」になっています。
時間の止まったようなふるさとのシンボルかな。
うわつ 様
満開でした。大超寺奥にも咲いていました。これは大島桜のようでした。詳しい友人に聞いてみると桜の種類は難しいそうです。
長い
笑隆で~す。様
 松山方面から帰ってくると左手の店のガラス(ショウウィンドウ)に自分の車のライトが当たって、思わずブレーキを踏んだことがありました。ハンドルを切って事故を起こした同僚も・・・魔のカーブ、やっとなくなりますね。
空港撮影、お疲れ様でした。体調を整え、結願記念大会(遅まきながら笑隆で~す。さんのぶんも・・・)盛り上げましょう。
工事中
木下博民 様
現在、宇和島の工事は「九島架橋」「津島道路延長(3月21日完成)「56号線改修工事」「大浦湾埋め立て」「丸山崖崩れ改修」「城山石垣修復」などです。個人の住宅は中心部に建ち始めました。しかし、周辺部の家は空屋が増えています。売りに出されていますが、買い手なしですね。どんどん寂れていくのが見えます。
宇和島経済の現状を若者の目で調べないかな
昔、宇和島商業学校では市内の商業事情を調査したことがあったが、いま宇和島東高商業科の生徒はやらないかな? 試験勉強に追われてそれどころではないのだろうか?
「沈みつつある宇和島の現状」をテーマに。いや沈んでなんかいない結構賑やかだといわれれば安心するが・・・
さて?
木下博民 様
高校の授業に関しては全然わかりません。大学生の卒論あたりに取り上げてもおもしろいかもしれませんね。宇和島の商店街で「語り場」という高校生対象のディベートなどがあるようです。そんな場で討論させてもおもしろいかも・・・
No title
 あまり関心もなく横目で見ていた工事場所ですが、12年もの長きにわたる工事だったのですね。人々が歩き始めて道ができるわけですから、まずは、人々の住まいができ、その住宅地から最も離れている川沿い、山沿いに道ができていることが多いように思えます。したがって、道には難所がつきものなのかもしれませんね。
No title
去年も早い桜にびっくりしましたが、もうこんなに咲いたのですね。
 間もなくお花見にお誘いが入ってきそうです。

 伊吹町の従姉の家に車を置いて、バスで松山に行くときバス停から長い工事だな~と眺めていましたが12年もかかったなんて。スッキリが待ち遠しい。

管理者にだけ表示を許可する