寒あやめ 開花 | 鬼城

寒あやめ 開花

2015.02.21.Sat.10:00
満開

愛媛県視聴覚教育協会の教材コンテストの表彰式に参加した。
時間があったので、先月末につぼみだった寒アヤメの観察に行くことにした。
見頃!

寒あやめ1

清楚

昨年、お参りに来られているおばあさんに紹介してもらった。
花は5cmくらいで小さい。
寒い風にもめげないで咲いている。

寒あやめ2



普通のアヤメと違って、色は淡い。
原産地は地中海、多年草・・・

寒あやめ3

満作

えんじ色と色違い・・・
白もあるようだ。

万作

蓮畑

裏に回ると蓮畑が・・・
遍路さんたちを和ませてくれる場所である。
今は冬・・・地中で芽を出す準備中・・・

蓮畑1

蓮の台

花が済み、実が落ちた蓮畑・・・
赤い藻が繁殖している。
色合いは芸術的である。

蓮畑2
コメント
No title
46番浄瑠璃寺ですね。春を感じさせる写真ばかりですね。 
 それにしても、写真の構図が変化してきたのではないでしょうか。うわつさんの構図に似てきた感じがありますよ。さすが、お師匠が素晴らしいと直ぐに上手になりますね。
広辞苑で花を引いたら「種子植物の有性生殖にかかわる器官の総称」とあって、判ったようで判らなかった。美しい色で飾り四季を問わず何処かでひっそりと咲いている。受粉の手助けをするのは昆虫か?といっても季節によっては彼らはまだ眠っている。さてさて、冬の花たちの目的は何だろう? 生物学など関心のなかったのに、いまごろ奇妙にいとおしくなるのはなぜだろう?
ものまね
写真は全然うまくなりません。(^_^;)この寒あやめ、日本のものかと思っていました。残念ながら外来種のようです。日本古来のものは、天然記念物の「愛媛あやめ」がありますね。この花も小ぶりです。春の訪れ・・・良い語感です。
道しろく 結願ちかし 春遍路
自然と触れる
木下博民 様
仕事、趣味に生きて、身の回りの動物や植物に関心を示さなかった自分も、ふっと春めいてくると目が花々に・・・この花は宿根草のようですね。しかし冬に咲く可憐さ・・・お寺の山門の裏にひっそりと咲いています。
寒あやめ
 蕾の時「咲いたのみたいな~」ってコメントしました。淡い紫色、可憐な花で、いとおしくなります。ありがとうございます。最後の蓮の写真も終わったもの、それからの再生の予感に引き込まれました。
まんさく
おや、まんさくがあろましたか。この花初めて知ったのは高松塚でした。それから探しているけど宇和島では見ません。天赦園にはありませんか?
小さな花
吉野の食いしんぼう 様
ほんとに小さな花です。庭の片隅に植えられていました。蓮畑は「うわつ」さんに教えてもらいました。お遍路のついでに(弘法大師もあきれる)見学しました。カメラマンが大勢来ていました。NHKが放映するからかもしれません。蓮畑で有名な寺だそうです。
うわつ 様
これも、お参りに来ていたおばあさんに教えてもらいました。見てみると黄色・・・これがという感じでした。まんさくは「えんじ色」とばっかり思っていましたから・・・これは「井上かまぼこ」の前の市立病院の生け垣に使われています。散歩コースに白もあったのですが、庭師の方のもので売られたようです。天赦園にはありませんね。
No title
 いやあ!どの写真もレベルアップした写真ばかりだなと感心して見させていただきました。特に蓮畑の二枚が気に入りました。
八坂寺
tentijin 様
友人に八坂寺もありますよと言われていたのですが、1回目は見つけることができず、2回目は時間がなかった。蓮畑はもっと良い写真が撮れたと思うのですが・・・何度聞いても設定ができません。(泣)
行き帰り、双海の水仙、菜の花、夕日とか野村・鹿野川ダムの水鳥、そして季節がよければ富士山の花見などですね。

管理者にだけ表示を許可する