絵はがき | 鬼城

絵はがき

2015.01.17.Sat.12:00
年始の挨拶

小中学校の同級生から近況と「絵はがき」を送ってもらった。
「うわつ」さんにも行っているはず・・・
宇和島人としては懐かしい写真を紹介してみたい。
時代は確定できていないが・・・

絵はがき1

郷土民謡

歌詞は見たことがあるような気がするが、歌は聴いたことが無い。
歌詞は宇和島音頭ににている。
表紙裏に書かれているものらしい。

絵はがき2

宇和島城、和霊様、伊吹八幡、闘牛、天赦園

宇和島城の大楠、和霊神社前の桜、檜皮の森の闘牛場、和霊神社本殿、春雨亭と上り藤・・・
いずれも懐かしい写真・・・今では整備されすぎて趣が無い。

絵はがき3

牛鬼と段畑

場所が分からないが、牛鬼の頭の表情が今とは違っている。
石応堂崎の段畑も非常に美しい。
現在の遊子の段畑より、景観は良い。
これを築くためにはどれだけの苦労があったことか・・・

絵はがき4

宇和島湾、蜜柑の収穫

宇和島港には木材を運ぶ船があった。
今では木材の運搬は陸送のみ・・・
蜜柑摘みは今でも変わらないが、高齢化している。

絵はがき5

空撮

今回、一番興味が在ったのは、この写真である。
朝日運河、内港がまだ見える。埋め立ても進んでいない。
推察するに城南中のグランドも無いことから戦前のものか?
もうこの景色は再現できない。

絵はがき6
コメント
No title
 貴重な資料ですね。須賀川の両岸には桜があり、宇和島港には木材を運ぶ船があったり、石応のあたりの段々畑の景観など驚きました。
 また、最後の写真は、鶴島小や明倫小が描かれており、「へ~っこんなになっていたんだ」と感心しながら見せていただきました。また、住吉小に行く時、運河の横の道路を使っていたことを思い出しました。
 いい資料をありがとうございました。
良い資料
笑隆で~す。 様
資料の良さは勿論ですが、壊されたものの価値がどれだけのものだったか、残念です。古い絵はがきなので色は良くありませんが、貴重なものですね。友人にはありがたく使わさせてもらいますとメールでお礼を出しました。
No title
こんにちは。

こういう絵葉書も立派な郷土資料ですね。
ざっと見た限り、基本的な活字が大半当用漢字の新字体であるのに対して、「郷土民謡」の「郷」と「謡」の2文字だけが旧字体という混成になっているので、恐らくは文部省が戦後に当用漢字表を発表してから間もない、印刷屋さんがまだ活字を揃え切れていない頃の印刷ではないかと思います。ただ、戦後直後ですとまだ自由に空中写真を撮影出来たとは思えないので、毎日新聞が提供したという空中写真は戦前のものかも知れませんね。
No title
 民謡もおもしろい歌詞ですね。写真はどの写真も、時代がかって懐かしいようなものばかりですね。色も、昔々の写真の色ですね。資料的価値があると思います。海と城山が繋がっているのがおもしろい。
ありがとうございます・・・
kanageohis1964 様
 私が通っていた中学校のグランドが草むらですから・・・戦後まもなくかもしれません。漢字で年代の判読とは、恐れ入りました。<(_ _)>
 いづれにしても貴重な資料です。今では宇和島湾内はほとんどが埋められています。地域振興策と行っても残念な気がします。
平城
tentijin 様
宇和島城はこんな感じですから、海城ではとお城担当の学芸員に質問したところ、昔は陸と繋がっていたそうで、平城だと・・・納得した次第です。堀があれば海から一周でき、良い観光資源となるんですが・・・
処分
毎日新聞社の空撮は戦前でしょうね。朝日町に家屋が見えます。空襲は20年5月10日だったのでそれ以前なのでしょう。そんなことはさておき、Y君は処分するとメールが入ったので処分しないようメールしなきゃ~なりません。あ~忙しい(笑)
整理
うわつ 様
宇和島人としては処分されては・・・しかし、相手側にとっては整理対象でしょうね。結構反響が多く、問い合わせなど在ります。今年も「伊達な街歩き」のこめんテータを頼まれていますから、このような貴重な資料は参考になります。
kanageohis1964さんによると出版?は戦後だろうと・・・今からいろんな人に聞いて分析します。
貴重な資料
 小学校低学年の頃、宇和島と言えば年数回、冬は防寒着のボックス、夏は帽子とちょっとおしゃれなサンダルを買い換えて貰う、夢の都会でした。写真の色が何とも言えない懐かしさを醸し出していますね。
 昔の宇和島の貴重な資料を見せて頂き、母が昔宇和島のカルタがあって、「寝ていても、すぐ立ち上がる遠藤の薬」とか「○○○・・・ショウゲツドウ?の蜜饅頭」が出てきたと話したことをふと思い出しました。
今は昔
吉野の食いしんぼう 様
「寝ていても、すぐ立ち上がる遠藤の薬」は知りませんでした。密饅は今でもありますね。懐かしい写真や絵はがきがどんどん亡くなっていくのが寂しいですね。今回、「うわつ」さんと共通の友人に送っていただきました。懐かしさとこれからの活用に頭を・・・
昨晩は、楽しい鍋の会でした。M中のY校長先生、笑隆さんもご一緒でした。おいしい鍋、楽しい会話、良い会でした。
宇和島の絵葉書
これははじめてみました。この空中写真は若干疑問もあります。ただ私が宇和島を去ったのは昭和15年3月末ですから、それ以降昭和20年以前の写真です。まず、須賀川の御幸橋下流に櫻堤が出来たらいいなあということは昭和6年ころにそうあって欲しいなあという夢はありましたが、こんな満開の写真は初めてで、聞いたこともありませんでした。
もちろんこのあたりは空襲で焼けましたから。闘牛場はもちろん和霊神社の裏山。この貯木場は、いまの徳州会病院のあたりでしょうか。それにしてもこの写真修正しているのではないかと思われるところが多々あります。もっとも宇和島周辺の山はほとんどが段畑でここの目立つのは石応かな。九島だって山頂まで段畑ですから。
宇中の西の学校が一つはまだ未完成のようにも見えますから、これから調べると撮影月日が判るでしょう。
さらに疑問はこの絵葉書、案内文字が左からの横書きで、これは戦後とも考えられます。戦前の絵葉書は右からの横書きですから。また、この「郷土民謡」は下手。「法ヶ津の坂」とはどうしても言いません。「法華津峠」でじゅうぶんなのに。「うわきで咲かない三度桜や」は、宇和島の遊郭の繁盛振りを言ったのでしょうがちょっと舌足らず。鮎返って、もうほとんど知らないでしょうね。
懐かしかったのは宇和島の昔の市章、カナ文字の「ウ」が上下から八幡村の「八」を囲ってかろうじて八幡村合併の襟度を見せたという唯一お城下人の自慢でしょうか。経済的には八幡村に未来がありましたから。
面白い写真
木下博民 様
毎日新聞社提供ですから、修正では無いと思います。修正するには著作権問題が絡みます。何時の時代か興味が湧くところです。私が物心ついた頃よりは前ですね。戦後まもなくの気がします・・・このあと水産校などできていくのだと・・・城南中のグランドが草むらですね。小笠原新田、見事な広さです。
写真の修正などいまほど問題ではなかったはず
当時のことですから絵葉書はよく修正されていました。
はやい話、写真館で撮るとやたら修正して美人になった時代の写真のことですから。
昭和24~5年かな? 住吉橋(見返橋と須賀橋の中間の橋)がはっきり映っているのは、空襲でなくなって戦後に掛けて間もなくなのかな。いまの橋の前の橋です。
また宇和島中学の校舎も焼け残った後者と新たな校舎がはっきりしていますから、やはりその頃かな。
おそらく
木下博民 様
記憶に残っていない時代の写真ですから、22~25年くらいでしょうか?それにしても江戸時代の新田開発、昭和になってからの埋め立てのすごさ・・・あるいは破壊かもしれません。みどりが美しい宇和島は、復元できませんね。形有るものは崩れる・・・城山の大楠も、桜も、銀杏も・・・

管理者にだけ表示を許可する