羅漢寺 | 鬼城

羅漢寺

2014.11.22.Sat.09:00
五百羅漢

曹洞宗 羅漢寺
福沢諭吉も参詣し、布教につとめたとか。
左側に祈念碑が・・・

羅漢寺1
禅海堂

青の洞門より、少し走ったところにある羅漢寺。
リフト乗り場の前に、この禅海堂がある。

羅漢寺2

禅海和尚像

前には槌、石のみ、托鉢で使った鉢、茶釜が飾られている。

羅漢寺3

結構長いリフト

松山城のリフトより長くて高い気がした。
周りの効用がすばらしかった。

羅漢寺4

飛び降りないでくださいと書いてある。
一気に上るが停車駅は途中にある。
最後まで行くと何もないとか。

羅漢寺5

リフトを降りると紅葉の道が・・・

羅漢寺6

自然にできた石橋

羅漢寺7

羅漢寺山門

写真は山門と本土のみとか書いてあるが、よく分からなかった。

羅漢寺8

羅漢堂

五百羅漢は撮影禁止・・・
奉納祈願はしゃもじとか。
変額が古く立派で歴史を感じさせる。

羅漢寺9

羅漢寺本堂

岩山の上に立っている。
このような寺を見ると立石寺を思い出す。
あれほどの高度はないが、信仰する気持ちは同じだろう。

羅漢寺10
コメント
 いい色が出ていますね。美しい!!今が見頃ですね。
 ここには行っていないので、びっくりです。凄いですね。立石寺は、写真でしか見たことがないのですが、同じ感じですね。岩屋寺のような感じですね。
まさに国東半島は神仏習合のメッカ
国東半島は不思議なところですね。石仏がやたら多く、私が訪ねたときは整備されていなくて仏頭がごろごろしていましたっけ。東をサキと読むのは何語かな? ここは平地の少ない山襞のやたら複雑な地形で谷毎に異民文化が育っていたのかなと思ったりします。とにかく、倭族とは違っています。倭族はここの文化に憧れたし、ここの豊国人は倭族に接触したかった。その大きな融合点が大仏建立事業といったら言い過ぎかな。
 紅葉が綺麗ですね。青の洞門はよく通るコースですが、今回、鬼城様たちが回られた場所は、ゆっくり回るぞコースですね。やはり、関連の場所も含めて回るのが正解のように思います。私も、もし、海外(九州)へ出張した折には、回ってみたいものです。元気なうちに行きたいですね。
畏敬の念
笑隆で~す。様
 高い山、岸壁など昔より人々は神が宿っていると思ったのでしょうね。そのようなところを開き、お堂を作る、困難に立ち向かって授受すると浄土が見えるなどと・・・
 時期的には良いときでした。雨が降って後だったのですが、小雨で影響は無かったようです。雨が降れば紅葉は散ってしまうとのことでした。
国東半島
木下博民 様
このような名前を素直に読める人はそう居ません。昔より神々を祀っていたのでしょう。作家の高木彬光氏は宇佐八幡宮の裏山が卑弥呼の墓と批准しています。さてどうか分かりませんが、奥に行っても景色、景観など国定公園の価値があります。
宿泊がいい
tentijin 様
 日帰りは無理があります。貧乏旅行なので致し方が無いのですが、耶馬溪などは、それぞれの山に登ってみたいですね。宿泊は日田温泉か、湯布院でも・・・渓谷は何キロも続くようです。青の洞門、羅漢寺あたりも耶馬溪だそうです。
信仰文化
羅漢寺は行ったことがありません。500羅漢は撮影禁止でしたか(笑)他にも500羅漢はありますよ。リフトは雪や雨のときは辛いですね。乗るときは天候も読まなければなりませんね。国東近辺には信仰文化があるのですね~
奉納の祈願がしゃもじって言うのは何か意味があるのでしょうか。羅漢堂は本当、歴史を感じさせますね。
 紅葉を眺めながらのリフトも気持ちが良かったことでしょう。立石寺は夏に行ったことがあります。宇和島発の予定の汽車に1時間遅れ、時間を組み替えた苦い思い出があります。人生ベスト3に入る勘違いが原因でしたが。

管理者にだけ表示を許可する