寺町通り南 番外 | 鬼城

寺町通り南 番外

2014.09.26.Fri.12:00
神宮寺

寺町通り、一番上流のお寺を忘れていた。
神宮寺である。
もう忘れ去られるくらい廃寺になって久しい。
告とあるが、復活は・・・?
天台宗で本山は比叡山延暦寺。

神宮司1

荒れ果てた本堂

伊達家祈願尊 青面金剛庚申尊明王
子どもの頃は、山伏たちが来て祭壇を組み、祈祷をしていた。
樋渡の行もやっていたのを思い出した。
映画「てんやわんや」の撮影場所でもある。

神宮司2
コメント
 昨年、訪れましたが「寂しいな~。」という感想でした。
 今から30年ほど前、史跡巡りで子供たちと周辺を回ったときには、まだ管理されていたように思うのですが・・・。
 伊達家と関係が深いお寺だったのですね。お墓などは、どうなったのでしょうかね?
墓地
笑隆で~す。様
 お墓は少し残っているようです。管理は光國寺さんがしているのではと思いますが、宗派が違いますから・・・
 火事で焼けたところは、墓跡ですね。子どもの頃、もう少し上には、昔の精神病院(今は差別用語)の隔離室がありました。江戸時代の牢屋のような感じでした。
 廃墟って、昔を知らない者には栄えていた頃の想像をかきたたれる所がありますが、昔を知り特に関係のある方には寂しい風景でしょうね。
  それにしても本当にお寺が沢山ありますね。
 宇和島には、たくさんのお寺があり過ぎて、経済的に成り立ち難しの思いに至ることがあります。寺を巡る分には、様々変化があり歴史があって、尽きない思いになりますが、ふと現実に帰ってみると、関わる方々にも様々な歴史があり、廃寺も生まれてしまうのでしょうね。やはり、寂しい気持ちになります。
寺の運営
吉野の食いしんぼう 様
 寺の存続はは檀家のお布施や寄付によって成り立っている。檀家が多いほど、寺は繁栄する。神宮寺などは、数十軒だろうとおもう。後は祈祷料などで・・・その信仰も現代社会では、通用しなかったのだろう。
 今からは人口数激減で寺も運営できなくなるときが、来るかもしれないですね。
宇和島の行く末
tentijin 様
 ダブって見えますね。檀家の奪い合いは起こらないと思いますが、墓守をする人がいなくなっている現実があります。至る所、何月何日までに連絡がないときは、墓を撤去しますという看板が立っています。つまり無縁仏ですね。今からはどんどん増えるでしょう。人口減と同時に町の衰退・・・廃寺を見るたび思い、寂しい限りです。
無宗教国民にとって寺とはなにか?
真剣に寺(仏教寺院)について若い人々と話してみたいですね。寺が単に「あの世への通過地点にある関所程度に考えているのではないでしょうか」、墓地と寺はまったく別のものですが、宇和島の場合「寺即墓地」とほとんどの人が思っているのでしょうね。墓地を管理してもらうから檀家になるというのはおかしいので、檀家は寺に布施する俗家ですから、寺(仏)を信じる人が報酬を求めず感謝の念を込めて寺を維持するのです。とはいえ無宗教だとなかなか布施の気持ちがわきませんね。
神宮寺は天台宗山門派の直末寺でしたからそれとのご縁が切れたのでしょうか?末寺が6ケ寺あったことも記録にあり、山王神社の別当寺でしたので、神仏分離でいち早く分離され、山王神社(日枝神社のこと)もいまでは境内が南豫護国神社になってしまったほどで、伊達家という大きな檀家が手を伸ばさないかじりだめです。もっともご本尊(青面金剛夜叉明王)がどうなったのか? 昭和初期の住職は、浅田早苗師で山下高女の図画の教師をされていたとか。寺は檀家次第。檀家は住職の人格+時流に沿った経営感覚次第。集落全体が檀家の場合は集落の存亡で決まる。
山王神社
木下博民 様
 日枝神社は赤坂にありますね。江戸城鎮守とか?息子の結婚式をこの場所で行い、孫の七五三もお参りしました。エスカレータで登る神社を初めて目にしました。
 南予護国神社も今では清掃すらしていない現状です。日枝神社、釣島神社などと言う名称さえ、宇和島では忘れ去られている現状です。神宮寺も管理やご本尊がどうなっているか分かりませんが、心のよりどころが消えるのは寂しいことです。伊達家自体もご存じないと思いますよ。
遊び場
人口減少でお寺も経営難ですね。半世紀以上前のこと、神宮寺の本堂の下にはお賽銭でしょうか寛永通宝がありました。夏はこの辺りが遊び場でしたから。近くには同級生も居てよく遊んだものです。その友人も亡くなってしまいました。
むささび
うわつ 様
神宮寺の大きな木(今でもある)から光國寺の松の中程にある洞穴に夜が来ると飛んでいたのを思い出します。神田川を滑空状態でひとっ飛びでした。
友達・・・誰だろう?

管理者にだけ表示を許可する