卯のほたる2014 | 鬼城

卯のほたる2014

2014.08.25.Mon.13:00
工夫された行灯

丸い筒状の和紙で作られた行灯、竹棒二本で中心はねじ止め、底は木板の行灯・・・
和紙張り、布張り、どれをとっても11年の歴史がある。

いつも話題になるのは「卯」
卯之町の卯だろうか、それとも兎の卯だろうか?

卯のほたる31

並べ方の変化

例年であれば、石垣にペットボトルの行灯が、たけ棒で刺されているのだが、今年から止めたとか。
今年は溝の流れに沿った明かりの流れ・・・
これも良い!

卯のほたる32

民家

卯之町の家並みの中にある普通の家も参加している。
ここの家は「石屋」さんだろうか?
ミッキーとミニマウス
子供達が喜んでいた。

卯のほたる33

演奏会

通りでは琴の演奏をされていた。
別の場所でも琴の演奏会が・・・
風情があり、なかなかのものだった。

卯のほたる34

開明学校

二日目はこの場所で演奏会があるとか・・・

卯のほたる35

高野長英の隠れ家

写真が下手でよく見えないが、提灯には、「卯の餅つきの絵」が・・・

卯のほたる36

新しい試み、焼き物行灯

少しは今までもあったが、大幅に増えていた。
焼き物による行灯・・・
このためにかどうか分からないが、焼き物教室が開講されてるとか。
家紋など細かい表現が出来、応用が多彩になる。

卯のほたる37

明かり

前回上げていた、懐中電灯代わりの提灯の軌跡・・・
小さな女の子が持って歩いていた。

卯のほたる38

醤油屋さんの蔵

ピラミッドに積み上げられているのは、醤油樽・・・
古いものの利用・・・
これも絵になる。

卯のほたる39

醤油倉の天井

階段、柱、抜きなどの上にも明かりが・・・
まさに幽玄!

卯のほたる40
コメント
 いや~、いいですね。やはり灯が灯った方が10倍以上いい絵になりますね。子どもたちの手作りの絵もいいですね。老若男女こぞって参加している重みがあります。ところで、月が綺麗だったりすると、撮影に及ぶのですが、三脚も使わないので、ブレブレの写真になってしまい困っていました。ストロボを焚く撮影が嫌いだったので、ストロボを使わなかったのですが、使ってみると、月までストロボの光りが届いて好結果をもたらしたわけでもないのに、ブレない写真が撮れました。不思議ですね。
三脚とフラッシュ
tentijin 様
お師匠に聞くと三脚は必修道具だそうです。手持ちはプロでもぶれるとか。最近のデジカメは手ぶれ防止が着いていますが、だめだそうです。フラッシュ撮影は難しいですね。妙に白っぽくなったり・・・
とにかく、結論は写真は下手だということ。
卯のほたる、結構良いですよ。毎年行っても同じで無く、楽しめます。
卯のほたるも素晴らしいですね。友人がお母さんの介護に1月間、兄妹3人で交代に卯之町に千葉から帰ってきます。
 早速、紹介し来年はこの時期に合わせて帰るよう提案しいっしょに行きたいと思いました。
 行灯の光は優しく幻想的で日常では味わえない世界です。
提灯の軌跡
今年はホタル(提灯の軌跡)が撮れませんでした(*ノω゜)人が多すぎたのと行灯を持った人や、浴衣姿の人が少なかったです。格子やうだつのある家に灯りが灯りホタルが飛ぶのが魅力なのですがね~(笑)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
期日
吉野の食いしんぼう 様
愛媛県でも珍しく、投与方面からのお客さんもいるとか。期日は毎年変動していますから、ネットで確認を・・・8月の20日過ぎの土日です。
一度は是非お母さんも連れて行ってあげてください。
光は古代よりありますが、現代の光より昔の方が幻想的ですね。
構図
うわつ 様
シャッターチャンスですね。それも構図を考えての・・・自分は適当に切り、適当な構図ですから・・・(反省)来年行ければ挑戦してみます。
コメントありがとうございます
古い街並みの残っていない宇和島市・・・だから内子や卯之町、津島にロマンを感じるんですね。友人も多く居る「卯之町」、ぜひ来年も伺いたいと思います。実行委員の皆様方に感謝!
宇和島に古い町並みが残っていない。いや、残そうという気が少ないのではないでしょうか? よく宇和島の城下町は空襲で全部なくなったといわれますが、はっきりいいますと、焼けなかったところもドンドン建て替えて昔の面影をなくしてしまわれました。
もっともあれからでも69年経ちました。すぐ100年、200年がやってきます。昔を大切にすると同時に、今のなにを残すかもその町の住民に年配者を大切にする気持ちがあるかどうかでしょう。
いさり火のような、真珠のような、そんな灯りが宇和島にも欲しいですね。
残す物
木下博民 様
 まことにその通りだと思います。このように残さなかった城下町は珍しいのではないでしょうか。よく考えてみれば松山もそうですね。いま、講義で秀宗入部以前を90分にまとめています。中世には群雄割拠どころか、隣の山にもお城があったんですね。こんな話をすると天守閣がと間違えますが・・・櫓屋敷みたいなものですね。松野町などは河後森城跡で売り出そうとしています。
 さて残す物もあるんだろうかと・・・

管理者にだけ表示を許可する