白萩 | 鬼城

白萩

2014.08.23.Sat.09:00
思い出の白萩

昔、先輩の先生が、分けてくださった白萩・・・
同僚二人が行って株分けをしてもらった。
難しい花だから、つくかどうか分からないとのことだった。
今では見事に、毎年咲く。

白萩1

雷鳴

昨日、今朝と宇和島地方では、大雨と聞いたことも無いような雷鳴に襲われた。
今は雨も上がり、穏やかな天気である。
そんな中、ふっと目をやると「白萩」が・・・
今から一週間で満開になるだろう。

以前、勤めていたとき、仙台の方に、なぜ仙台は萩が有名なのかと聞いたことがある。
萩の花は湿地帯に自生するとの答えだった。
政宗が仙台に入った頃は仙台市は沼地だったとか。
そこを居城として開発し、現在では百万都市になっている。
政宗が愛した「萩と鹿図屏風」、また「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」の歌舞伎でも有名である。

白萩2
コメント
「萩」といえば秋の季語ですね。暑い暑いといっていたらもう秋、熱気の和霊大祭が昨日のようですね。もっとも、私は、宇和島牛鬼まつりDVDに連日没頭。つくづく宇和島女性の半裸に近い踊りの様を堪能して、これでは宇和島の野郎はますます駄目になるかもしれない、とガックリ。ガイヤパレード、見物は爺に婆、飛んだり跳ねたりは10代から50代(?)の女性、たまに刺身のつまのように若いあんちゃんが真似踊り。まあいいとするか。太鼓の重労働も半分は女性、白萩のしとやかさは、やはり鬼城家の庭だけか。
 何とも上品な花ですね。近所にも植えてあり、乱れ咲くのもあと僅かですね。まあ、同じように秋はやって来ますが、去年の秋とは全く違う秋が来そうな気がします。
曲がり角
木下博民 様
 鬼城家の庭も爺と婆ですよ。ガイヤ見る度、取り残される感がします。それに長時間で大変・・・キャッチコピーは「誰もが踊れる参加型」・・・もうそろそろ曲がり角なんではといつも考えています。見せる踊りが必要だと・・・そのためには審査が必要です。上位グループが、見せる踊りをすればいい。そうすれば時間短縮、見る方も疲れない・・・といっても意見は聞こえないようで・・・あきらめの境地が宇和島人。
 異常気象の夏、それでも自然界は秋に近づいている。広島の被害に遭われた方々のことを思いながら・・・
なぜ?
tentijin 様
 ほんと。異常気象ですね。それが異常と感じないように最近なってきている。気象予報士は現状しか言わない。このあたりまで踏み込んで解説してほしい。長期予報は完全に外れているのだから・・・
 白萩は満開になると散ってしまう。どうも白花系統は、散り際が早いような気がする。しかし、良い花であることは間違いない。
白萩の風情を感じつつ、「ガイヤパレード」をまた思いました。
このブログを拝見の郷土のみなさんは、ガイヤの参加型ですか、見物型ですか? ちょうど東京は8月の終わりに、① 浅草のサンバ(女性は公衆の面前で裸になるのになんとなく自慢したくなるものがあるのでしょうか)、② 高円寺の阿波踊り、いずれも宇和島の何倍もの人出で賑やかのようでしたが、なぜ二の腕にタトゥー(飾り刺青で本物でないかもそれませんが)をした男女が多く、なんとなく嫌な感じがしました。幼稚園児おm参加するイベントに、いくら仮想とはいえ外国ではないのですから嫌ですね。また、カメラのせいかもしれませんが、揃っていないグループが多くて、この程度が宇和島かな、と思いました。さらに、このリズム、やはり南豫ではなぜか異質ですね。
きれいですね
白萩をより美しく撮っていますね~ 選仏寺の萩も見に行かなきゃ~なりません。 吉田町にも大株がありました。
卯のほたるお疲れさまでした~(笑)
賛否両論
木下博民 様
ガイヤに命がけで望んでいる方達も居ますから一概には言えません。しかし、お祀りだから、せめて揃っている衣装、揃っている踊りが見たいですね。
タツゥ-は昔の写し絵みたいなものもありますが、彫っている女性もいます。最近では二本の良さは外国から逆輸入が始まっています。さてさて、今後どうなっていくのか>
萩の花
うわつ 様
 選佛寺、刈り入れが毎年あるようで株自体が小さくなっているのではと思います。よっくんのところによく遊びに行きました。2年前、伺って、抹茶をご馳走になったのが最後でした。
 卯のほたる、おそらく会うのではと思って居ましたが・・・やはり・・・夜の写真は相変わらず駄目ですね。お教えを願わねば・・・Chibigonさんとははじめてだったような・・・ブログでおなじみに会うと昔からの知り合いみたいで、良いものですね。
 このブログを見て、席を立ち我が家の白萩を見てきました。一枝だけ二輪ほど咲いていました。
 我が家のは小松の新屋敷から来た、思い出深い花で母が大事にしています。(娘は人様のブログで気づき、確認に行くという有様・・・)
 蕾はいっぱい付いているので、今日から毎日観察を怠らないようにします。
 写真をみると実に上品な花ですね。
秋の訪れ
吉野の食いしんぼう 様
思い出の白萩・・・付きにくいといわれていましたが、挿し木でも十分付きました。ほんとに清楚で、きれいな花です。この花が咲くと秋が近いと感じます。
しかし、大雨、猛暑はまだまだ続きそうですね。ご注意を・・・

管理者にだけ表示を許可する