輪抜け | 鬼城

輪抜け

2014.07.28.Mon.22:00
南予一宮

この石垣は見事、さすが南予一宮を名乗ることだけの価値はある。
昼、所用で愛宕公園に・・・
おばあさん「今日は、なんの日ですら?」
「輪抜けですよ。」

輪抜け1
公園内は立ち入り禁止

花火の打ち上げ会場らしい。
シートに覆われているのが、花火の筒だろう。

輪抜け2

夕闇の中、参拝

時間が早いので、まだ人出は少ない。

輪抜け3

茅の輪

最近、輪が真円に近くなってきた。
中に芯を入れている所為だろう。
茅を取ってくるのも大変だ。

輪抜け4

無病息災・健康になりますように・・・
人型一人につき100円・・・

輪抜け5

8時半頃から打ち上げが・・・
11階のマンションの上に上がるので灯明みたい・・・

花火

型代

今年は「年中行事録」という記録が見つかったとか。
車祓いをした人には、古式に則り、「三色御幣串」を領付するとか。
神社仏閣にはまだまだ隠れた古文書があるにちがいない。
人型代 車型代
コメント
わぬけ
夕日撮影に上がろうとしたら神社の裏からもう立ち入り禁止でした(*ノω゜)
年に一度のこと事故の無いよう祈って降りました。
花火はドンと鳴ってから庭で撮りました。背景も何も無いのでパァ~っと開いただけの花火でした(笑)
明日はおたまやさまですね。
花火は?
うわつ 様
 お霊屋様(おたまやさま)、この言葉を知っている人が何人居るか?和霊様の中継で宣伝しましたが、人出は?400回忌を盛大にやるとのこと。(東京オリンピックとかぶる)さて、元気であれば良いが・・・(苦笑)
和霊祭りが牛鬼祭りにショー化して、つぎは輪抜け、これも「禍言(禍事・悪事)罪穢を払う「茅の輪」の習俗とは。これまた、夏越祓(なごしのはらえ)または六月祓(みなつきがらえ)と古来からの仕来りですが、神様がお相手ですから、学校では教えませんね。残念ですが学校は避けて通りますね。
「いのち」の教育に動物を解剖してみせるこんにちの学校教育がついに長崎では友人を殺してみたくなる子供になで躾けました。いのちは神そのものです。畏れ戦ってこそ崇められるのです。神でいいものを科学的(?)な実験で証明しようとするから、とんでもない事件へはってんするのです。神はいのち、恐るべし、ひたすら崇めるべし。
吉野の輪抜けは多分7月6日蔵王神社であったようですが行きませんでした。こうして鬼城さんのブログを見せて貰うと、季節々の意味ある行事が沢山あることが解ります。
 私もたいがい古いことしっている方ですが、お霊屋様は初めて聞く言葉です。今のところ花火は皆さんのブログで楽しませて頂いています。8月15日の大門橋(お魚館)でのが生デビューになりそうです。(あっ、音楽会の帰り遠くから弓滝神社の花火見ました)
伝統行事
木下博民 様
 外国では宗教の授業があります。日本は戦争の思い出が強いのか、宗教と教育と政治は分離されています。そんな中で共通するものを教えることも大切ですね。命の尊さなど一番大切です。政治宗教など関係ない。
 日本古来の風習には必ず意味がある。これらは教えないと・・・「キュウリ封じ」「夏越し祭」など良い例ですね。
 和霊神社の宮司さんと中学生の頃以来、久しぶりにお話しさせてもらいました。今度伺って、いろんな話を聞きたいと思っています。
吉野の食いしんぼう 様
弓滝神社、久しぶりに聞きました。写生大会の場所でした。この年になって思うこと、知らないことが多すぎる・・・それも近隣のものも多い。恩師の三好先生が「却下の歴史」と言われていたことを思い出します。ブログがその情報の一環となり、新しいことが吸収出来ることを祈念しつつ・・・
 私の住んでいる地区に6地蔵様があります。等妙寺までの道のりの長さを軽減するために設けられたのでしょうか?詣でる権利は、遠く成川方面にまで及んでいましたが、私の子どもの頃までは、詣でる方をお見かけしましたが、今ではとんと見かけません。誰もがお地蔵様に手を合わすということがなくなってしまった寂しさのようなものを感じます。かくいう私も、区長が終わると、輪抜けにも行かず終いです。
習わし
tentijin 様
昔の人は神社の前を通るとき、頭を下げて通っていましたね。神社仏閣へのお参り、この精神を忘れてしまったのでしょうね。これが教育出来ないところが、日本の教育です。行き過ぎた神仏への畏敬の念はおかしいと思うのですが、礼儀作法だけは残したいものだと感じています。歳を取った所為かもしれません。

管理者にだけ表示を許可する