横浜 | 鬼城

横浜

2014.07.16.Wed.09:00
横浜中華街

ここを訪れるのは何十年ぶりだろうか?
吉本おもしろ水族館に孫達と訪れた・・・

横浜1

小学校。・幼稚園のつくり

おもしろ水族館は小学校、赤ちゃん水族館は幼稚園の作りとなっている。
中華街の真ん中あたりにあるビルの3階である。

横浜2

白いオオグソクムシ

突然変異による白いアルビノ
眼まで白かった。
 本邦初公開だそうだ。

横浜3

奇抜な水槽

小さな魚の中にいくら丼が・・・

横浜4

山下公園

休日だが、人出は少なかった。
これは「日本ガールスカウト」発祥の地の像である。
後方は「氷川丸」

横浜5

氷川丸の渓流用の鎖にはカモメが・・・
のどかな風景である。

横浜6

昼食

中華街でなく、レストランで昼食・・・
公園付近の散歩をした。
横浜球場には朝日新聞、高野連の旗が翻っている。
夏の甲子園の予選が行われているようだ。

横浜7

忘れていた!

山下公園とくれば、赤い靴の像だろう。
ずーっと彼女は目の前の海を見ている。
どこの国の少女だろう?

横浜8
コメント
 私も10年くらい前、この中華街に職場の親睦旅行で訪れ、懐かしい写真です。この時はホテルの洗面所でコンタクトを流し、お高い旅行になった思いでが~。
 吉本おもしろ水族館って?な~るほど。水族館って聞くと、郷土愛の深い?私、夏休みには松野の「お魚館」の淡水魚水族館に一杯来て欲しいなと願っています。
 山下公園と言えばやっぱり、赤い靴の女の子の世代です。
熱くなりましたね・・・
吉野の食いしんぼう 様
 珍しいと思って水族館を作ったアイディアは良いのですが、中身がない。おさかな館のほうがずーっと良いと思います。しかし、悲しいかな地の利が・・・いつも博物館で行っていました、この内容で東京でやれば100万人も夢ではないと・・・やはり愛媛、辺境の地ですね。
 赤い靴の女の子、どこの国の少女でしょうか?いつも疑問に思います。フランスではフランス人形のイメージが強すぎます。向いている方向は定かでない。しかし、小さいけれど素晴らしい像ですね。
 旅の強烈な思い出は失敗に尽きますね。(笑い)
 昨年、妻と歩きました。行きたいと思っていたどの店も長蛇の列で、後の予定のことを考えれば並ぶことができないので、中華まんを買って山下公園で食べました。
 山下公園の名前になった「山下亀三郎」さんは、吉田町の出身で吉田&三瓶高等学校、山下汽船を造ったといわれる海運王ですよね。中華まんを食べながら、凄い人が吉田町から出たものだと思わずにはいられませんでした。
 吉田の三傑については、吉田町内の小学校ではしっかり取り上げて、教えていかなければならないのではないかと思います。吉小勤務の二年間を悔いています。
 お孫さんとの楽しい時間を過ごされたのは良かったですね。先生の「にや~っ」とした顔が浮かんできます。
具体案
笑隆で~す。様
 人材は出ているのですが、知名度が低い。そして地元の人がその偉大さに気づかないんですね。吉田三傑も同じです。嚶鳴(おうめい)フォーラムという会が在ります。宇和島から伊達宗城が選ばれていました。2回ほど参加したでしょうか?知らぬ間に脱会していました。http://research.php.co.jp/oumei/
郷土の偉人を世に知らしめなければ、子ども達は育たない。人寄せにもなると思うのですが・・・これらが観光や活性化の具体策なんですね。
横浜といえば「井関盛艮(いぜき もりとめ)」を忘れないで欲しい。宇和島藩士で初代神奈川判事(神奈川県知事)、横浜の発展の基礎を築いた人物。拙著「岡本家の矜恃」250ページ外に詳細紹介しています。井関を知らずして宇和島人は横浜を語るべからずといわれそうです。日本最初の日刊紙「横浜毎日新聞」創刊、無橋脚式鉄橋(吉田橋)架設、短期間に次々と近代行政を実施しました。
ここにも宇和島藩士が・・・
木下博民 様
先生の本を読むまで井関に関しては知りませんでした。三間には井関姓が多いですね。宇和島藩士は日本全国に散っていますね。しかし、中央は薩長が押さえている。このアンバランスが日本の近代化の姿なんでしょう。山下汽船も横浜ですね。
残念なことに孫達が小さいので遊園地系に行きます。もう少し大きくなって話てやりましょう。ありがとうございました。
山下汽船は横浜よりも神戸かな。本社が神戸ですから。
山下亀三郎や清家吉次郎、村井保固など、年に一度くらい吉田の図書館か何かを使って展示会や講演会をやりませんかね。吉田にも沢山郷土史家や研究者が居られるはずなのに。
吉田三傑・・・
木下博民 様
続けることは難しいんですね。しかし、毎年、何かテーマを決めて史談会の方々はやっているようです。実態が分からないのがこの世界ですね。「笑隆さん」は吉田での勤務がありますから、研究に対してのジレンマがあるんでしょう。
いつだったか中華街に行ったことがあるような?ないような?最近昔のことを思い出せない。老化なのか?認知症なのか?それすらわかりません(*ノω゜)
赤い靴~履いてた~女の子~ 知っています(笑)
 山下公園といえば、あまりにも昔に訪れた記憶のみです。デートのメッカのような場所でしたから、私もそうだったかも知れません。でも、記憶は完全に風化して誰と行ったかも忘れてしまいました。氷川丸だけわずかに記憶に残っています。赤い靴の少女の銅像、そんなものあっただろうかと、忘却の彼方です。何せ40年以上前のことですから。
童謡
うわつ 様
 まだまだ、認知症ではありません。赤い靴の歌と青い眼の人形の歌を混同している人が多いそうですから・・・しかし、どちらの人形のふるさとを知らないんですね。どちらも野口雨情作詞、本居長世作曲だそうです。
 神戸にもありますが、ここは小さな地区ですね。横浜の中華街は広いです。名物の店には普通日でも長蛇の列が・・・並ぶ気にはなれません。(笑い)
人は多い
tentijin 様
 今でもデートスポットのようです。一時、暴走族のメッカだったようですが・・・赤い靴の銅像、小さくて最初に言ったときは見落としました。3年前だったか、開港150年の記念行事の時はこのあたり一体がイベント会場で賑わったようですね。ふらっと散歩するには良いところです。そういやあ、ジョギングのランナーも多かったなあ・・・

管理者にだけ表示を許可する