紫陽花の季節 | 鬼城

紫陽花の季節

2014.06.15.Sun.09:00
見事な色

紫陽花の花は雨に打たれ、しっとりとした風景になじむ。
中でも鎌倉五山の紫陽花は有名である。
写真を採りに行くつもりだったが、雨は上がり、当分降りそうにも無い。
あきらめ、曇り空の下、散歩コースで撮った。

紫陽花は花火にたとえられるとか。
見事な色合いである。

紫陽花1

散歩コース最大の紫陽花

一番ポピュラーな紫陽花で最も親しみやすい。
背景のびわの大木は放置されているのか、摘果しないで鈴生りである。
花の色は土がアルカリから酸性に変わる過程で七色に変化する。
七変化と呼ばれる所以・・・

紫陽花2

夏至

この季節、忘れてならないのが、この半夏生・・・
少しづつ化粧を始めた。
化粧が終わる頃、夏至となる。
余談ながら21日は誕生日・・・

半夏生

雨の後の神田川上流

最近特に思うこと・・・
ゴミはどうしようも無いが、せめてビニール、発泡スチロールだけは捨ててほしくない。
しかし、至る所に引っかかっている。
まことに寂しい限りである。

雨上がりの川1  

額紫陽花

最近特に変化を求めてか、この額紫陽花が主流になりつつある。
原種に近いと聞くが、色は派手である。

紫陽花3

同じく額紫陽花

この紫陽花の色の濃いいものが山紫陽花とか・・・

紫陽花4

雨の後の神田川

このあたり、螢の生息地・・・
最近少なくなった。
子どもの頃は、蛍狩りで楽しんだ場所である。

雨上がりの川2

コメント
最近は色々な種類の紫陽花が出ていますね。おっしゃる様に○○の花火とか。食いしんぼうには鈴なりのびわや、手前が無花果の木?に囲まれた紫陽花に目が行ってしまいました。
 若い頃、「園芸主任」を仰せつかって、除草に追われた畑の苦肉の策にこの種の紫陽花を植えました。今も元気で咲いております。その職場の現在の園芸主任があの紫陽花とっても役立っていると言われ「あれ植えたの私」と勝ち誇ったように名乗っております。
我が家の食卓も子供の家から届けてくれた紫陽花で一杯、紫陽花って簡単に挿し木が付くのですね。だだ屋が家の坪庭は日当たり悪く、花が付きません。近所に差し上げたら、ここでは毎年大きな花が咲きます。
紫陽花も群生するとすばらしいですね。
梅雨は?
吉野の食いしんぼう 様
ほんとに最近のバイオ技術は目を見張るものが在ります。形、色、おおきさなど自由自在ですね。何か味気ない気もします。無花果、確かにあります。めざといですね。(これは方言?)
昔お手植えをされた紫陽花、銘を付けてはいかがですか?「吉野生食いしん坊紫陽花」
紫陽花街道
木下博民 様
 群生すれば迫力満点です。しかし、毎年花が終われば木の始末をしないとばらばらに伸びていきます。お寺など、管理をきちんとしているんですね。
 高知の春野(遍路道)に紫陽花街道があります。ここの紫陽花は、地元の農業高校の生徒が夏の暑い日に処理をしています。ちなみに春野には長槍を構えた長宗我部元親初陣の像があります。迫力があり、維新の像とともに好きな塑像ですね。
あじさい
町の中に紫陽花の花が溢れる季節となりました。色もいろいろですね。ハンゲショウもマタタビの葉と良く似ています。そういえばもうすぐ夏至ですね。お日さまが、北に(愛宕山では右に)なっています。
替わる季節
うわつ 様
 季節の移り変わり、お日様で見るとは・・・さすが「うわつ」さんです。愛宕公園の神様みたいですね。ほんと宇和島の夕日スポットですね。散歩道で萩の花も咲いていました。秋の花だと・・・
紫陽花は、様々な色の変化を楽しむことができるはななので、けっこう長く楽しめますね。大きな紫陽花の写真には、びわも無花果も写っていますね。どこかの畑だったのでしょうか。神田川、写真では、美しい流れに見えています。
一声
tentijin 様
紫陽花は七変化・・・梅雨時に咲く良い花ですね。でんでん虫など葉に居れば最高の被写体になるでしょう。神田川上流、雨上がりはきれいです。ゴミを流してくれますから・・・日照りが続くとゴミが目に付きます。一人の力で無く、全ての市民に呼びかけ清掃をすれバ良いのですが・・・声が掛かりません。
動物も植物も生き物、年々歳々管理できないところには「なんとか記念に桜をうえよう」なんてナンセンス。三間の遍路道の花だって大変ですよね。
それより公共広場にある記念碑の手入れくらい年に一度やられてはいかがですか? といいたくなります。 
鬼城さん
なにからはじめ、どういう手順で進めるか、それが政治であり教育です。いきなり戦争をはじめ、その終結はあなた任せが、それが昭和の戦争の大敗原因となったのです。
手順をはっきりさせないで、格好良くまず1勝、2勝、3勝・・・というのが日本人の反省点。勝てば引け、引けば備えよ、前ばかり向いていは必ず失敗します。
一番の愚策は「思いつき」で「突っ走る」、あとは「野となれ山となれ」の荒廃の政治と負債の山ばかりでは、どうにもなりません。
紫陽花園も花が終れば、すばやく刈り取って来年に備える労力なくして、すばらしい園は維持できません。
外野はおとなしくします・・・
木下博民 様
 今何が必要なのか、優先順位を付ける必要があります。一つの懸案事項に関しても同じだと思います。たとえば秀宗入部400年、何をするのかではなく、基本的な流れのスパンを決めて一年通して計画を立てないと・・・入ってくる情報は行き当たりばったりみたいで、税金の無駄使いそのもののような気がします。
思いつき
木下博民 様
コメントの返信、姓が違っていました。(^_^;)改めてお詫び申し上げます。最近打ち間違いが多くていけません。
ご指摘の手順、理解しているつもりですが、耳に入る情報は行き当たりばったりみたいで、情けない気がします。梅雨の天候異常と同じくらい、異常ですね。

管理者にだけ表示を許可する