花菖蒲 | 鬼城

花菖蒲

2014.06.11.Wed.09:00
呈茶会

この花菖蒲の季節に合わせ、お茶会が毎週祝日・日曜日に開催されている。
6月8日(日)はその最終日だった。
招かれていたので、午前中に訪れた。
曇り空の蒸し暑い日だったが、観光の方々やお茶会に来られている人たちが集っていた。
今年の花菖蒲も終わりに近づいている。

菖蒲0
 
見物に来られたご夫妻の方

菖蒲1

茶席

席は潜淵館とその前の床几である。
案内の席

菖蒲2

石灯籠と花菖蒲

菖蒲3

緋毛氈を敷いた床几

団らんするお二人・・・
のどかさの中の一服はたまらないだろう。

菖蒲4

野点傘

野点にはつきもののアイテム
これがあれば、お茶席という感じがする。
ご亭主に潜淵館に上がるよう勧められたが、固辞をする。
堅苦しさはたまらない。
お茶席の方々は作法より楽しんでくださいと言われるが、いざ上がってみると・・・

菖蒲5

我が家でも花菖蒲が見頃

なぜか我が家では、天赦園と比べ、一週間ほど開花が遅い。
やっと見頃を迎えたが、蕾も多い。
この花菖蒲は初めて見た。
他の花菖蒲の花の1.5倍くらい有り、花弁はちじれていて珍しい。

我が家の花菖蒲1

天赦園の株分けの時分けて頂いた花菖蒲

風雅な花である。

我が家の花菖蒲3 

同じく天赦園で分けて頂いたもの

銘は「一番星」だそうだ。
水郷大洲の菖蒲園、稲積(今年から閉園)の菖蒲園にも同じものがある。
聞いたところに寄ると天赦園からの株分けだそうだ。

我が家の花菖蒲2

コメント
 いずれがアヤメかカキツバタという美人の例えがありますが、花菖蒲も大変優雅な様子ですね。天赦園の花菖蒲、見事ですね。6月半ばまでが見頃の花なのだそうですが、ピークは5月末から6月初めのように思われます。お茶会は主人やお客になると大変でしょうね。お茶会は、背景であると私的には、ほっとします。
茶席
tentijin 様
 優雅な大名庭園という感じでしょうか?しかし、天赦園も昔の面影を残している部分は少なくなりました。
 それより、造園から150年ほど経っていますから、木々の心配もしないと・・・松が5、6本枯れましたね。菖蒲の管理は大変なんですが、丁寧に育てられています。時期的には終わりました。あじさいが後を受けます。
 お茶会は人寄せの意味と伊達文化保存会のサービスでしょう。あくまでも脇役です。
 紫の縮れた花菖蒲珍しいですね。我が家の菖蒲やアヤメは退化してきています。今年1本だけ咲いた江戸紫のアヤメは母のお気に入りですが、鬼城様と交友がおありの、M様の奥様のお母さんが40年昔に株を頂いたことを親子で思い出しました。縁って不思議です。
 傘の下で談笑される二人、お茶会特有の緊張感がなくって、私もホッと寛ぎました。
育てるのは大変なこと・・・
吉野の食いしんぼう 様
お茶会はやはり苦手です。演題で飲む方がゆっくりと気を遣わなくて良いですね。花菖蒲、天赦園の株分けがありますから、蕪を確保しておきましょう。栽培の秘訣を天赦園の名人に聞きました。一に肥料、二に肥料だそうです。これほど肥料が要る花はないとか。オールマイティなる肥料がいいそうです。しかし高いですね。
鬼北はお茶が盛んなところですね。H中のころ、上役の命令?で習いに行ったとか。(笑い)ご存じの方でしょう。
思いきった構図でインパクトが強くていいですね~角度や寄ったり引いたりすれば違う絵が出来ますね。
拍手デス。
小休止
うわつ 様
ありがとうございます。引いたり、押したり(笑い)自分が撮るときには人影が無くなるんですよ。もっと人を入れたいと思っているんですが・・・また、ご指導よろしくお願いします。
天赦園の花菖蒲は広いというわけではないが、色々な種類があって素晴らしい。
歴史
木下博民 様
 大名庭園のもと大名家に伝わる「花菖蒲」だと言うことで価値があると思います。最近、紫陽花や藤や萩の花を植えている寺や神社、公園、田んぼなども多くなっています。きれいですが歴史的な裏付けは無い。どちらも見て美しいと私は感じますが、歴史に触れるのも良いと思います。
 天赦園の狭い場所の中でも自然勾配種が生まれているようです。どれがそうだとは言えませんが・・・

管理者にだけ表示を許可する