冠の柳受難 | 鬼城

冠の柳受難

2014.06.05.Thu.18:00
4日夕方6時前に知人より「大変」とのSMSが・・・
伊達博前の冠の柳の大枝が折れ、通行できなくなっているとのこと。

外は土砂降りで風は台風並み・・・
夕闇も迫っているので外出はせず・・・
空けて今朝7時過ぎに行ってみると
見事に枝の根元が裂けていた。
ここは市道である。
枝はきれいに片付けられていた。

冠の柳1

柳は「やなぎごし」と言われるように粘いと言われるが、以外と折れやすい。
冠の柳はここ分離帯に植えられている。
戦前は偕楽園内であった。

説明板より

文久3(1863)年、3
月11日孝明天皇の賀茂神社行幸に宇和島藩前藩主伊達宗城もお供した。
宮中から賜った神社での食事には柳の小枝が添えられ、それを冠に挿した。
宗城はこの小枝を持ち帰り、鉢植えにすると根付き、伊達家の庭園に植えた。
後に親木が枯れたが、この柳はその親木の幼木を育てた二
世である。

冠の柳2

大雨

レンズが・・・((;。;)
雨の中で写真を撮っているような人間はいないと思ってか、車が・・・

冠の柳3 

伊達博物館側より

大きな枝3本の真ん中が折れ、バランスが悪くなった。
柳の木の寿命は50年くらいだろうか。
そうなるともう、限界か。
伊達博物館内、偕楽園の2世柳は数年前枯れて今は無い。
挿し木はしているようだが・・・

冠の柳4
コメント
こりゃ大変。市がごこまで修復しますかね。市の植木管理はいい加減ですから、じっくり対応を拝見したいものです。
もっともこの際、天赦園の中に子か孫か知りませんが移植しておくこともひつようでしょうね。
 昨日の風雨は結構激しかった様ですがこんな被害があったのですね。今日は松山に用事がありそれも勇気を出して、自分の車で出かけたのですが高速での風雨が気になり余裕を持って出発しました。
 最近街路樹の事故等が問題になっていますが、歴史のある木は保存にも配慮がいるのでしょうね。
 
この柳、日頃から手入れされていないようですね。延び放題にしていたのではないですか? 日頃の管理はどこがやるのでしょう?
寿命
木下博民 様
天赦園内に挿し木したものが用意されているようです。偕楽園内の木々、天赦園の多行松なども枯れ始めています。地下水のせいで値腐れげんしょうかも・・・神田川逆流の塩分が混じっているのかも・・・
街路樹
吉野の食いしんぼう 様
 高速を走るとはリッチですね。我が輩はゆっくりと国道を走ることにしています。今度の車は車高が高いのと側面が広いので横風が・・・飛ばせば、揺れます。
 ほんとに半端ではない風雨でしたね。被害が出なかったのが不思議なくらいです。街路樹も大きくなる木は大変です。管理責任が問われますから・・・
歴史は後回し
木下博民 様
 おそらく、都市整備だろうと思います。年度当初、分離帯に車が当て逃げ、表示板が大破とか。今回は自然現象ですから致し方が無いでしょう。分離帯の除草や松の剪定(品祖きわまりない会見の松2代目)はやっています。柳は切っていませんね。危機管理の範疇ですが・・・
 無残な姿になっていますね。かわいそうです。
 それにしても、まったく手入れがされていないように感じます。あれだけツタが巻き付いていては、栄養も取られ成長もできないでしょう。
 この整備は、どこがやるのでしょうか。宇和島市?伊達博?????
お役所仕事
笑隆で~す。様
宇和島市ですね。Aくんからは私に連絡がありましたが、どうしようも無い。行政は情報を仕入れないと行けませんね。事務ばっかりでは、楽かもしれませんがサービスになりません。何より、車が通行中で無く、運が良かったです。これで済ますことのないように・・・
鬼城さん
貴兄のブログは宇和島周辺のニュースも巧く写真と文字にされておられ、毎日楽しみにしています。
ただ、ご覧の方々がやや限られてきたようですが、もっと多くの例えば役所や商業関係のかたが覗けるような仕掛けが出来ませんかね。それが町を活性化する一助ともなろうかと想いますが。
ただコメントをされないだけでご覧になっている方もおられるかもしれませんが・・・
こんな地元のブログ沢山あるかもしれませんが。さらにさらに活発なブログを拝見したいですね。
 駅前通の椰子の木もねばい木としては、かなりのものだと思います。栁も折れないそうですが、それは細くて柔らかな先の小枝なのでしょうね。歴史ある木を保存していくのは、大変だと思います。私の農園でも、様々なものが倒れていました。
見る人は見ている・・・
木下博民 様
 ブログとはいろんな意味があります。宣伝、記録、エッセイ、写真集、地域の情報などなど・・・夏に研修講座を頼まれています。書き込みは一部の方々です。本名を書き込む方、ハンドルネームの方(ニックネーム)、それも知っている方や知らない方が居ます。取り巻く人たち、友人達、ありがたいことです。他に見ている人は誰か分かりませんが、カウントすれば分かると思います。見るのと書き込みは別問題です。
 まだ他に楽しいブログはあります。私もLINKを張らして頂いている方々にはコメントを出しますが、他のブログには出しませんから・・・
お見舞い申し上げます・・・
tentijin 様
 愛宕公園も大変だったようです。朝のラジオ体操のグループの方々が掃除されたようです。夕方上がったときにはきれいになっていました。道筋、古木の倒壊も多々ありました。城山も大変だったと思います。これから梅雨・・・
 農家にとっては恵みの雨となるか、災いの雨となりますね。季節感は亡くなりつつありますが、まだまだ日本の至る所に見つけることが出来ますね。今日は目黒に行くつもりです・・・
老木は支えを
柳でも管理し手入れしなければ老木になれば折れます。手入れというのは刈り込むだけではなく支えなどで管理してやらないと折れます。特に歴史のある樹木や寄贈された樹木は大切にしたいですね。
支え
うわつ 様
以前話したことがありましたね。やりっ放しの行政、道徳心が欠如している人たち・・・犬猫の管理が出来ない飼い主は最たるもの・・・植物も管理することが大切ですね。支柱くらい簡単だと思うのですが、手立てはしない。どうなってるの?

管理者にだけ表示を許可する