花菖蒲を待つ天赦園 | 鬼城

花菖蒲を待つ天赦園

2014.05.14.Wed.12:00
黄花菖蒲

藤の季節が過ぎ、花菖蒲の季節となりました。
一番先に咲く黄花菖蒲・・・
春雨邸の周りに咲き誇っています。

天赦園1

春雨亭

天赦園に残っている建物は「春雨亭」月見亭」「潜淵館」・・
残念ながら宗紀公の住居であった「明心楼」は、水戸斉昭公が書かれた扁額のみ残っている。

天赦園2

回遊式庭園

巡っていくと芍薬が見事に開花していた。
話を聞くと牡丹に接ぎ木をしたらしい。

天赦園3

焦点を芍薬に・・・

天赦園4

養老の滝

昔は茶事に使われていた水場である。

天赦園5

潜淵館

現在は、茶事とか香席などに使われている。
付随している茶室は、明かり取りのみのわずかな空間・・・
利休が求めた「詫び」「寂」の世界である。

天赦園6
コメント
紫の花菖蒲は品を感じますが、黄色は何か元気をくれます。加減良く緑の中で咲いている気がします。茶事にも山のテント場にも枯れない水場は大切ですね。
自然
吉野の食いしんぼう 様
 山頂にある水場、なぜ枯れないのか不思議です。神宿る山といっても不思議は無いですね。天赦園は宗紀が鬼ヶ城を借景にしていると同時に、鬼ヶ城山系の水を利用している庭園と言うことがよく分かります。
 お茶に関しては素人で分かりませんが、自然水で建てた方がおいしいような気がします。
 いよいよ、花菖蒲の季節ですね。
もう花菖蒲の季節、歳月がますます超特急になります。「超特急」という言葉は東海道線に「つばめ」が走った東京~大阪6時間の時代の流行語。いまの新幹線はついに2時間台、リニアが走れば1時間、飛行機よりも便利になるのですが、花の潤いは年間のサイクルを忘れませんね。
とはいえ、昨日など東京は夏日、北海道東部は山に雪らしく、地球もそろそろ狂いかけたのかな。
芍薬の薬が昔からなぜかと思っていました。『広辞苑』を引いたら根を乾燥して生薬にし、鎮痙薬鎮痛薬に煎じるとか、痛み止め多用の私などむしろこちらを常用したほうがいいのかな。
水はどこから
おはようございます。きのう入り口の花菖蒲を見に行ったらまだまだ先のようでした。養老の滝の水は水道水?それとも地下水をポンプでくみ上げているのでしょうか?薬研掘りに住んでいたことがあるので(井戸があった)ここだけ湧き水が出てるとは考えにくいのですがね~
 一昨年度&昨年度、天赦園からいただいた我が家の花菖蒲は、穂がすっと伸びもう少しで花を咲かせる状態になってきました。昨年の様子を画像で見てみると、今年は肥料が少なかったのか葉っぱの色が薄いような気がします。
 黄菖蒲は気品さに欠けますが、華やかさはありますよね。天赦園の黄菖蒲は、数が少ないので見落としてしまいがちです。
 間もなく菖蒲の季節になります。季節的にもうきうきしてきますね。
 そういえば、来月の歩こう会は、大洲の稲積の菖蒲畑を歩くようになっていました。
 見慣れた天赦園ですが、季節の花と共に写していただくと、とてもいいですね。芍薬の花の色合いが背景の風景から浮かび上がって、とてもいいですね。養老の滝の風情もいいですね。水はどこから流れてくるのですか?
陸の孤島
木下博民 様
 時間と距離、現在と江戸時代を比較している地図がありましたね。ますます、距離感は無くなるでしょう。しかし、陸の孤島、宇和島市などは取り残されますね。現在、四国新幹線が計画中ですが、電化されていない、松山宇和島間は蚊帳の外です。
 気候変化はやはり異常です。東日本より南の方が涼しいんですから・・・
 漢方薬もいろいろと調べてみると面白いですね。しかし、薬は全て毒薬ですから・・・最近、薬を飲めば病気になるなんて本も出ていますね。良薬、悪薬紙一重でしょうか?
庭園と水
うわつ 様
薬研堀、懐かしい旧町名ですね。今の佐伯町でしょうか。同級生のK鮮魚店が有り、たびたび遊びに行きました。東京に出て、早くなくなったようです。いまは鮮魚店も閉めています。
天赦園の水は、江戸時代には鬼ヶ城の伏流水を利用していたようです。現在は住宅や市立、サンシャインなどの建設によって地下水路が遮断され、わき水も無いようです。養老の滝は地下水をポンプでくみ上げているようです。
花菖蒲、開花は来週あたりでしょうか。
良い季節となりました・・・
笑隆で~す。様
 花菖蒲の開花は黄菖蒲からですね。花菖蒲自体は見頃の時期が短いですから情報も大事ですね。大洲の菖蒲園なども花の管理が大変だと思います。咲いてしぼめば、取り去ってやる作業・・・そうすれば次の花が咲くし、見栄えが良い。しぼんだ花をそのままにしておくと景色が悪い。管理が大変ということになります。菖蒲の葉の色が黄緑がかったのは肥料でしょうね。我が家もそうでしたが、今年は肥料が効いているのか、濃い緑です。
 歩こう会、良い場所を選びましたね。「撮り歩きなんよ」さんは、毎年行って良い写真を撮られています。
庭園
tentijin 様
相変わらず写真は駄目ですね。芍薬の花はきれいでした。色合いが何とも言えない。庭園に咲くと格別なんでしょうか?養老の滝の水は地下水ですよ。ポンプでくみ上げているようです。ほんとに野や山、匂い立つような良い季節ですね。

管理者にだけ表示を許可する