あれっ! | 鬼城

あれっ!

2014.05.04.Sun.18:00
宇和島城

朝散歩をしているとき、ふっと城の右手を見ると見慣れぬものが・・・
宇宙基地?

宇和島城1

急遽、登城!

天守の裏側にはバイオトイレが設置されている。
環境に配慮されていることは分かるが、デザインは何とかならないものか。
さて、目的の存在は?

宇和島城2

ミュージックサイレン

宇和島の名物と?なっているミュージックサイレンが新しくなっていた。

 朝6時 鉄道唱歌
昼12時 とんび  
 夕方6時 ふるさと
   夜9時 宇和島さんさ

古いミュージックサイレンは昭和35年に設置されたそうだ。
半世紀以上も時を告げる音楽を流していた。
以前、ブログで古くなったと書いたら、新しくなった。
偶然か?

宇和島城4

レンズテスト

ついでに購入したコンバーションレンズを試してみた。
純正は高価すぎるので買うことが出来ない。
安い物なのでこのくらいだろう。

宇和島城3

天守前の大楠の根っこ

危険なので伐採したようだが、この木の葉にマジックで「切らないで!」と一枚づつ書いた人がいたそうだ。
木が生い茂ると石垣を壊す。
自然のままが良いという人も居る。
さて、どちらを取るべきか?

宇和島城6

木漏れ日

石垣と木々の緑が何とも言えない光景である。

宇和島城5
コメント
今日、野川の友人に誕生日の届け物をした帰り、宇和島城をしげしげと眺め、これって鬼城様のブログの影響だな~と思ったところでした。
 新しいミュージックサイレンも聞かなくては。
 石垣と木漏れ日の写真、何処かにタイムスリップしたみたいです。
 半世紀を経て、宇宙基地出現ですか、天守にはマッチしない形ですね。瓦屋根でも付けたらいいかもしれませんね。コンバーションレンズというのは、魚眼レンズのことでしょうか?楽しみですね。
吉野の食いしんぼう 様
 音は少し小さくなったような気もします。スピーカーが4方向なのでその影響もあるかと・・・非常災害の放送も流していますね。今まではサイレン、今度のものはアンプかな?
 登ったとき、中国地方の某市のご夫妻がおられました。説明するのに「日本一整備されてない城です。」といったら笑っておられました。宇和島は誰の居城かと聞かれました。これを聞いて、宇和島の人が歴史について自慢しても、全然通用しないことがよく分かりました。一人相撲ですね・・・政宗は知っていてもつながりがあることは知りませんね。
 宇和島城は緑が濃くなる今から、特に夏場はいいですね。 
写真は難しい・・・
tentijin 様
 コンバージョンレンズは普通のレンズの前に付けるか、後ろに付けるものです。種類の豊富なんですが、当然のことながら暗くなります。安くしようと思ったら難しいですね。ワイドにするものや望遠を2倍にするものなどがあります。今回はレンズの前に付けるもので0.2倍の魚眼です。
 マッチしないのが分かっているのか、天守の後ろですね。それで我が家方面から見えるんです。
 城東中の屋上にも2ヵ所に似たようなものが設置しています。市民に緊急事態を告知するスピーカーだそうです。非常変災用ですから仕方がないのかもしれませんが、もう少しデザインを考えれば良いですがね。歴史的景観を考慮したデザインってあるのではないでしょうか。
 コンバージョンレンズは、私も欲しいのですが暗くなるのが欠点ですよね。露出の調整が、しっかり分かっていれば使いこなせるかもしれませんが・・・。
 カメラ撮影の基本は、「近くに寄ること」だそうですが、そうも行かない場合が多いですからね。純正のレンズは、目が飛び出るくらい高いですね。また、自分が持っているレンズの組み合わせはこれで良いのか分かりません。カメラって難しい~(>_<)
バイオトイレとはどんなものですかね。奇抜な塔が必要だったのですね。どういう仕掛けになっているのですか? 糞尿が生物体(バイオ)の一部であることでしょうが、何かの作用で科学変化させる機械の塔ですか。一部は大気に放散させるのですか? それにしてもここでトイレする人が一日に何人くらいいるのでしょう? 昔からトイレといえば谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」ではないが、慎ましくほの暗く、ひっそりとあってこそ日本人の奥ゆかしさがありました。
お城を見上げた旅行者に「あの塔はお城とどんな関わりがあるのでしょう」と尋ねられたら、なんと答えますか。「あれは便所(宇和島方言なら濁らず「ベンショ」というでしょうが)です」と自慢されますか? いやはや。
確認、評価
笑隆で~す。 様
 カメラは身分相応(腕前)のものが、良いと思います。どこでも何時でもシャッターを切る、ど素人ですから・・・(爆)まっ、記録と自分の行動を知らせることができればいいやという感じです。
 のちのち後悔するのが分かっていても、予算でしょうね。市職員の悪いところは安ければそれで良いという感覚。そしてそのことが高評価につながると勘違いしている人たちもいるということなんです。緊急連絡用にラジオを配っていますが、徹底しているのでしょうかねえ。いつも家に居るところは、頂いているようですが、働いている独身者の家には配布されていないようですよ。韓国の沈没事故の後みたいに後悔しても駄目ですよね。人の命を大事にする街で在ってほしいですね。そのためには配布率など確認が必要です。
使う人の身になって・・・
木下博民 様
 発想はどうであれ、突然出没しますから・・・バイオトイレは、排泄された糞尿を、オガクズなどとともに攪拌して好気性微生物を活発化させ、分解・堆肥化させるもの。くみ取りが要らないので山岳国立公園などの設置しているようです。しかし、デザイン的には工事現場の簡易トイレと同じですから、使う人の身になれば、観光地の城山にはふさわしくないと考えるでしょうね。
 さて、50年後の宇和島市はどうなっているのでしょうか?
「お城にはトイレがありませんので出そうにない方もここで出して登城してください」なんて書いて下のトイレを使わせる工夫はなかったようですね。せめて二の丸ではいけなかったのでしょうか?
まぁ~たいした城ではないと言ってるみたいです。
うわつさんのトイレ位置のご意見に賛同。二の丸ならば道の脇にトイレ表示をしても景観を損なうことはないでしょうに。
とにかく滑稽! まあ、宇和島の縦割り行政の反省材料ですね。
トイレは二の丸で充分。なにも本丸の天守閣の裏側までいって用を足すことはありませんね。いまどうなっているのか知りませんが、時報装置、たしかに天守の裏のあまり目立たないところにひっそりと立っていて、これがサイレンのもとかと驚いた子供の頃のことを思い出します。

意見
うわつ 様
歴史的遺跡としてなのか、市民のいこいの森としてなのか、それとも観光施設なのか・・・宇和島のシンボルもどこへ向かっているのか不明です。途中にある児童公園も中途半端だし、今ではゲートボール場と化している。中井コッフの碑も戸惑っているでしょう。
市民の声を聞いてどうするのが良いか聞けば良いのですが、面倒なのでという意識が見え見えの感がします。
どうなっているの?
木下博民 様
 このスピーカ、サイレントは別物?のような気がします。今でも時報を告げるサイレンはどこへ?宇和島市は非常用の連絡方法が無いため、予算を削って各家にラジオを配布・・・FMガイヤの電波を使って連絡するとのこと。各家にいちだいづつ配布されました。それと同時に電波の届かないところに城山からとか各拠点からスピーカーで警報連絡を流すようです。
 トイレはどれだけの人が利用するのでしょうか?私が旅行客であれば利用しません。さてさて・・・
鬼城さんやそのお仲間の皆さんがあれこれ街の行く末をご心配の間は、まだまだ宇和島は萎みません。ご活躍の程を。
実現可能か?
木下博民 様
なかなかですね。むかし、新聞社の数が以上に多い町として知られていました。メジャーで無くても一言居士みたいな人間が多いようです。それをまとめるには、さて・・・
宇和島城とサイレン
私が知っている宇和島のミュージック・サイレンの曲は、「鉄道唱歌」のほか同じく大和田建樹詞の「散歩唱歌」や「故郷の空」でしたが、それらは今は流れないのでしょうか? 「日本一整備されてない城」というのはいい表現ですね。国内に12しかない重要文化財の現存天守だというのに・・・。私も城には興味があり、熊本、松江、松本、彦根、五稜郭など多くの天守閣に登っていますが、宇和島城の天守には50年以上前の解体修理中に一度入ったきりです。ウィキペディアによると料金200円となっていますが、係員が常駐しているのですか? 昨年帰省したときにも城山に登ったのですが、早朝だったのでわかりませんでした。
宇和島の事業は、A氏がやればBさんも真似、Cも後追い、D~E、Zも同じことばかり。そして共倒れ。明治以降、綿布、養蚕製糸に赤新聞、つぎは蜜柑と真珠、豚もはまちも鯛も河豚も、まるで誰も彼もがお祭騒ぎの同じことを、飽きずになさる。その割には、なぜか「大変だ、大変だ」と零してばかり、遂には現代版逃散、昭和初期の宇和島お大尽でいまも暖簾を大切にして居られるところは数えるほどしかおられません。寂しいですね。いま、がっちり経営なさっているのはパチンコかな?
夕日が自慢の町なのだが経済まで落日ではかないません。いや、太陽はすぐに鬼ヶ城から顔をだします。宇和島の景気も負けないように。
良い城なんですが・・・
Toyotaro 様
 お久しぶりです。散歩唱歌、故郷の空は今は流れていません。さてメロディーを変えることが出来るのかどうかは分かりません。解体修理は昭和33年ですから中学校の頃ですね。当時、有名になった話で大工の若者から女中さんにあてた恋文(木片)が見つかったというニュースがありました。
 登ってこられた観光客、ここは誰の城だったんですかとほとんどの人が言います。宇和島藩伊達家がもっとメジャーにならないといけません。
 管理人は朝6時から夕方まで2人が交代でいます。夜も解放できれば良いのですが、安全を考えてでしょうね。
先陣
木下博民 様
堅実なのは、ありません。全体が不景気になればレジャー産業も共倒れですね。太陽は必ず東から西へ沈むのですが、経済界は沈みっぱなしのところが多いようです。地道に宇和島藩伊達家を売り出したら良いと思うのですが・・・とにかく、洞話や実現不能な夢ばっかり見ているようでは発展はありません。
誰か強引な船頭役が居れば・・・
船頭は他所から雇うものではありません。自分たちで選び、選んだ以上任せるしかありません。韓国の客を閉じ込めて我先に逃げ出すような船頭崩れのやからは即刻排除。なんだかんだといっても船頭選びは乗客ですから。
公約
木下博民 様
扇動になりたい人が多くて困ります。マニフェスト、この言葉は帰来です。普通の公約といった方が重みがあります。だから軽く扱うような気がしてなりません。
鬼城さん。
そう、「船頭」ではなく「扇動」者になりたい人が多いのでしょうね。この言葉、私は嫌いですがもちろんあなたもお嫌いのはず。でも「帰来」という言葉もまた懐かしい。陶淵明の「帰去来辞」ではありませんが、「帰りなんいざ、田園まさに蕪ならんとす」、人心に雑草が生い茂っていくふるさとを思うや切。

管理者にだけ表示を許可する