れんげ祭り | 鬼城

れんげ祭り

2014.05.03.Sat.18:00
駐車場

毎年4月29日が「れんげ祭り」である。
近くであるが、渋滞のことを考えると・・・
新聞には「駐車場の関係でできる限り、公的機関で・・・」とあった。
石城小学校のグランドからシャトルバスも出ているとか。
「なるようになるさ」といつもの思いつきの気分で車で出かけた。

なんと、一面の田んぼが駐車場に!
れんげの姿は遠く離れているところにしか無い。
道筋には鯉のぼりが悠然と泳いでいた。
出店は50軒近く出ていただろうか?

れんげ祭駐車場 


れんげ畑

離れたところにある藁黒(わらぐろ)
人の姿は写真を撮っている方のようだ。

れんげ

のんびり食事

道筋は歩くことも出来ないような人出である。
人混みから外れ、家族の語らいの場である。

れんげ祭

藁マンモス

以前にブログで上げたので説明は省くが、子どもたちの人気はすごい。
これもアイディア・・・

藁マンモス

日本一の餅つき

「次は何時からですか?」と聞けば「今ので終わりです。」とのこと・・・
臼の大きさは日本一とか!
臼にはロープを張った杵が・・・
また、餅をきちんと突くため、モータも付いている。
餅は販売と餅撒きに使われる。
さすが米所である。

餅つき

どろんこサッカー

これも恒例となっている行事のようだ。
この後、ゴールを決めるのだが、残念シャッターが間に合わなかった。

どろんこサッカー

広い田んぼの一画には出番を待つ、耕耘機が・・・
子どもに説明する家族だろうか?

トラクター

帰り道、ふっと気がつくとミニ列車が・・・

新幹線とSL・・・
順番待ちの盛況だった。

新幹線
コメント
単なる田圃、これに多くの人を動員する工夫はたいしたものです。日本一の餅つきというのはもう少し説明して欲しかった。
行政の差
木下博民 様
 宇和島藩伊達家の穀倉地帯・・・秀宗もたびたび訪れていたそうです。一昨日か、御成門の修復の記事が出ていました。宇和には歴史的なものが多々残っています。現在、西予市になって進行中なのが市民病院建設、それから街並み保存条例、そして各地区(合併した町)の祭の振興、西予ジオパークの推進などなど。宇和島と比べ具体策がどんどん出ています。れんげ祭りもJAをはじめ各団体が協力体制を敷いているようですね。高速が開通したときのイベントで「卯のほたる」は継続されて毎年、進化しています。行政が音頭取りをしないと何も出来ません。いやし博では特に宇和島は何も残っていません。
子ども達や家族連れが楽しめそうなイベントですね。子供の頃の思い出として、春のレンゲ畑と穫り入れ後の藁グロのセットには少し違和感がありますが、イベント用の風景なのでしょうね。
 5日は天気が崩れる模様で山は見合わせる事に。マンモス見に行くくらいは影響の無い天気かな~?
宇和と秀宗公、やや変った話も伝えられていると昔、桜田久さん(故人)から聞いたことがありました。宇和に好きな女性ができてなかなか戻ってこないので、山家清兵衛は厳しく諫言したことがあったとか。とにかく山家は秀宗にとって眼の上の瘤だったのでしょう。いやはや。
子ども連れが多かった・・・
吉野の食いしんぼう 様
5日でしたか?長期予報では連休中はずーっと晴れだったんですが、予報士も当てになりませんね。私は恒例の「大たこ合戦」に行き、富士山の躑躅と藤を見て、宇和の歴博の四国遍路1200年特別展を見て楽しみます。
藁黒保存会のみなさんは、何か後世に残さねばという心意気から、やっているようです。手間暇掛けることは、現在の農業ではあり得ません。すごい人出でしたよ。
歴史と発想
木下博民 様
秀宗公、まさに私もそのような逸話を聞いています。
先日の市議会で来年の秀宗入府400年のイベントで吉田、三間、津島にも、そのイベントが波及するようにと議員さんが質問、要望されていました。この発想は良いと思うのですが、実行委員長をはじめ委員さん方は八幡浜、西予市、鬼北町、松野町、愛南町のことを忘れているのでは無いでしょうか?秀宗の領地なんです。協力して頂けるようお願いする必要があるかと・・・宇和島の商店街といい、行政といい、思考が狭く、まさに大名商売ですね。
 レンゲの写真を撮りに行きたいと思っていたのですが、あまり咲いていないようだし、時期を逃すと耕されて跡形もなくなります。難しい~。
 凄い人出ですね。この行事が始まったばかりの時、「こんなイベント、すぐに止めになるよ。」と話していたのですが、アイデア次第ですね~っ。続けることですね~っ。
 ケネディー大統領が就任演説で「国が私に何をしてくれるかではなく、私が国に何ができるかを問いなさい。」といいましたが、「今の宇和島に私は何ができるか」を問いたいのですが、そのような思いに立ち至らないのはどうしてでしょうか。施政の停滞・諦めからでしょうか。空しさだけが残ります。これだけの文化的歴史的遺産があるのに・・・。
鬼城さん
おそらく議員の皆さん方は、「秀宗400年イベント」の範囲は、「旧お城下」(旧須賀川河川の左岸から辰野川の左岸、神田川の右岸)という狭い狭い場所しか頭にないのではありませんか。
宇和島藩(勿論吉田藩も含めて)という範囲のイベントだとは思っておられないのでしょう。とにかくどなたが企画責任者なのか、広報にも名前すら出てきませんね。なにか、知らせては困る意図があるのでしょうか。
人材
笑隆で~す。様
 問いたい場がないのが現状ですね。つくづく組織という囲いが邪魔になっています。何度も会議の場で「打ち上げ花火」の話をしましたが、ぜんぜん効き目はないようです。もういう気力もなくなりました。
 継続は力なり・・・ほんと西予市の合併は三瓶までひっついてと馬鹿にしていましたが、行政の力でしょうね。市民のことを考えてくれる点では宇和島よりすばらしい町になっています。
何なんだろう?
木下博民 様
実行委員長は市長さんでしょう。各実行委員は部長、課長さん方・・・そして伊達家、博物館でしょうね。相談役の木村先生も入っていると思います。その会議は2回ほど開かれたと聞いています。具体案は見えません。計画、準備、そして実行とつながらないと「打ち上げ花火」でしょう。何も残らない・・・宇和島の体質でしょうか。変えるのは難しいですね。何をやるのか市民に見えない現状です。
 愛媛の田んぼでは、あまり見かけなくなったのが、れんげ畑ですね。昔は、裏作に麦を植えたり、れんげを植えて土地を肥沃にする冬の活動が当たり前でした。高知県は、すぐそこにありますが、至る所に昔のようなれんげ畑を見ることができます。何だか時間がゆったり流れているようで、私好みです。咲く季節も、3月くらいから咲いています。田植えも早いのでしょうね。いつも通過のみですが、なかなか行事が盛りだくさんなんですね。今日、通過してみると、早くも鯉のぼりは撤収していました。こどもの日前にです。現金な気がしてがっかりでした。
イベント
tentijin 様
 鯉のぼりの撤収、分かる気もします。行事に追われる街も有り、大変だとは思いますが、活気ある街作りはなお大変・・・それから逃げるような街ではいけません。鬼北、松野も活動が活発ですね。
 昨日でしたか、tentijinさんが川下りをしている仁淀川沿いの伊野町に和紙の鯉のぼりを漬けるイベントが紹介されていました。今日までだったか・・・川の中で泳いでいる鯉のぼり、是非みたいものです。
西予ファン
西予はやることがハンパじゃないですね~。田んぼも田起こしや田植えのことを考えたら、提供したくないな~と思います。それを説得してこれだけの規模にしたのですから他の市町村は脱帽でしょうね(^^)お城や庭園のない町がこれだけのイベントをやり、海(三瓶・明浜)から四国の天辺(大野ヶ原)まで(わらぐろ・卯の蛍・棚田・どろんこ等々)西予ファンは多いです。
お手本
うわつ 様
 以前、Sくんが帰ってきていたときに話しましたね。このままでは宇和島は駄目になると・・・その通りに進んで行っているような気がします。たとえばポイ捨て条例なるものは可決されていますが、いっこうに無くなりません。作った行政も忘れているのではないかと思います。宇和島の市長さんをはじめ、舵取り役の方々が公約した方向性をきちんと実行しなければなりません。
 隣の市になりましたが、西予市は着々と小さなことから実現して行っています。見習う姿勢は無いのでしょうかね。

管理者にだけ表示を許可する