篠山へ | 鬼城

篠山へ

2014.04.28.Mon.15:00
恒例となった篠山登山

25日金曜日、8回目となる篠山登山に出かけた。
最近は一本松から篠山に行く道を使わず、御槇からの道を選んでいる。 
途中に駐車場が有り、右手にやけ滝が・・・
篠山には5つの滝がある。西南四国で一番高い山だから水は豊富なんだろう。


焼滝0

やけ滝

50m程登っていくと知り合いにばったり・・・
今から篠山にとのこと。
同じコースですね、あとから追いかけますと分かれる。
昨年より水量は少ない。

焼滝

白滝

この滝名はどこにでもあるようだ。白い水しぶきの描画だろうか?

白滝1

白滝の下方

まだ上もあるが、足下が危ないので下から撮った。
やはり、ここも水量が少ない。

白滝2

不老長寿の水

伏流水だろうか。
何が混じっているか分からないので飲まない方が良いと、「うわつ」さんに注意を受けたが・・・
長生きするため、飲んでみた。
味は普通の水だった。

不老長寿の水1
コメント
 いつもながら軽いフットワークですね。1度登ったことがありますが、滝の印象がありません。私は相変わらずの無知です。なかなかいい滝ですね。アケボノツツジの咲く季節ですね。次回でしょうか?
篠山
湧き水もチョコッと地下を潜った水は不衛生ですね。ブナのような保水力のある林があれば別でしょうがね~(^^)今日K先輩が撮影した良き時代の篠山のアケボノツツジを見ました。笹が生茂りアケボノツツジが咲き乱れていました。現代と比べて雲泥の差がありました。
そして天赦園の藤の写真も見ました。池はスイレンの葉が池を覆っていて、水は全く見えていませんが、藤は生き生きとして今よりキレイでした。
このような貴重な画像を保存しておかなければならないと思います。目先ばかりの行政に任せるのは、なお不安です。
滝は5つあるそうです・・・
tentijin 様
 愛南に居たときには駐車場までしか行っていませんでした。気になって仕事を辞めて初めて登ったときのこと・・・素晴らしい咲き具合でした。それ以来、毎年登っています。最近では鹿害で笹が無くなり、曙躑躅の木は老木化し、弱って花付きが悪くなっています。とにかく勢いで(笑い)続く限り登ります。
残すこと
うわつ 様
 自然を大切にと言うことは簡単ですが実行が難しい。歴史あるものを後世まで残し、活性化していく。こんな簡単なことが出来ない行政では話になりません。口ばっかりの公約では話になりませんね。雇用対策、商店街の活性化、一次産業の重視、加工業を含めた六次産業を興す。すべて駄目・・・期待する方が無理なんでしょうね。
 昔の写真、いろんな人のところに埋もれていますね。
 私も2度行ったことがありますが、あけぼのツツジは空振りでした。tentijinさん同様、滝のイメージがなく、こんな綺麗な滝の風景が見られる事に驚きです。
 山の会に入って、初めての宿泊の山が篠山でした。小屋に布団があってぎゅうぎゅう並んで休み、なかなか寝付かれ無かった思い出があります。が直ぐにたくましくなりました。
まだ見ぬ滝
吉野の食いしんぼう 様
 昔なら岩の上でも寝ることが出来たのですが、今ではふかふかベットでないと・・・(笑い)「うわつ」さんの書き込みのごとく、花付きは裏年、表年があるものの、木の老化に関しては対策を行政が取るべきだと思います。そんなとき、必ず言う言葉は「ボランティアで・・・」。篠山は国立公園内なんです。その存続の関わることをなぜしないのか不思議です。
 篠山でまだ見たことが無い滝「虹ヶ滝」、一度行ってみたいと常々思ってはいるんですが・・・・
篠山山頂へは行かずじまいになりました。「松浦武四郎の四国遍路」を書いていたとき、武四郎に肖ってなんとしても篠山権現に参ろうと思いましたが、車で上れるところまでで、あと1キロあるといわれ、次の予定もあって下山しました。残念でした。篠山は土佐藩との境界争いや、観自在寺の奥の院として遍路には大切な札所であることなど、馬の病に利く霊験あらたかな湧水もあるらしく、興味があったのですが残念でした。
日本の神といえば、決まって高い山に降り、麓の人々は朝夕それを拝んで、その日の息災と感謝を神に祈りました。やがて神は仏と習合して、篠山の神も権現の2枚看板(いえ習合でしょうが)になって、人々は神仏を同時に拝めると喜びました。
明治初年の官僚が廃仏稀釈などとわめいたために、数年は慌てましたが、いまでも四国遍路には神仏習合の証が多々ありますね。篠山もその一つでしょう。おそらく最初は修験道の聖地だったのでしょうね。
ブログによる案内
木下博民 様
http://ehimekennanyo.blog84.fc2.com/blog-date-20100510.html
このブログが紹介記事として最適のようです。篠山登山をしているような気になります。
「山頂入口」が私の篠山体験の終りでした。残念。
残念でしたね・・・
木下博民 様
ここから30分で頂上です。結構急な坂です・・・歴史的にも価値ある山のようですね。

管理者にだけ表示を許可する