花祭り2014 | 鬼城

花祭り2014

2014.04.10.Thu.10:00
花火

4月8日、朝9時、突然花火が数発上がった。
なんの祭だ?
煙を見ると北東方面・・・
そうか、西江寺、花祭りだ。
最近、宇和島仏教会が西江寺を集会所にして共同実施している。
早速、出かけた。

白象の上に乗っている「お釈迦様」

花祭り0

花祭り

言わずと知れたお釈迦様の誕生日を祝う日である。
こんなに行事があるとは知らなかった。
時間が書いていないので、3度も足を運ぶことになる。
暇人しか、写真は撮ることが出来ない。

花祭り1

本堂内

お釈迦様の像が・・・
お参りする信者さん。

花祭り2

御詠歌

鈴の音が心地よい。
本堂内には地域の生け花の先生たちの作品も並んでいた。

花祭り3

白象の行進

西江寺を出発し、辰巳橋を渡って商店街を下るコースをとる。
綱を引くのは立正保育園児たち・・・

花祭り5

辰巳橋を渡って街中に向かう白象

宇和島城の北東、辰巳の方角にあることからこの名前が付いた。
西江寺と言えば「赤い橋」と「えんま様」「庭園」が有名である。

花祭り6

稚児行列

白象が出発したあと、境内には稚児さんたちが・・・
保護者の方々と記念撮影である。

花祭り7 

甘茶

朝から花祭りにつきものの「甘茶」が信者さん方にふるまわれる。
団子もあるようだ。

花祭り8

クライマックス

稚児さんたちはタクシーで商店街の下に・・・
白象の行進は商店街を下り、合流する。
そこから商店街を巡行し西江寺に向かう。

花祭り9
コメント
結構な催しですね。子供たちの思い出になるでしょう。
戦災を忘れない行事にされておられるのが大変に感動しました。
法要
木下博民 様
こんなに行事があることを、今年初めて知りました。お茶会もあったことも・・・子どもたちも良い思い出になるでしょう。
 私は、ケーブルTVで見て知りました。花祭りで甘茶をお釈迦様にかけるだけの行事だけだと思っていました。4月のこの時期は、新年度のスタートで忙しく、このような行事があることを知りませんでした。
 子供たちは、長い距離を歩いたようでよく頑張りましたね。
細かな情報
笑隆で~す。様
お疲れ様でした・・・花祭り、以前は各寺でやっていたと思います。我が家でも菩提寺に魔法瓶(古い!)を持ってもらいに行ったこともありました。いつから仏教会が発足したのか分かりませんが、賑やかにお祭りをするようです。昨年は稚児行列があることを知らず、撮ることができませんでしたが・・・情報は必要ですね。
 こんなに大々的なお祭りとは驚きです。真っ赤のアルミの水筒を斜めがけにし、甘茶を頂きに照源寺に行った幼い頃を思い出しました。甘茶の何とも言えない甘さも・・・。
 保育園児や稚児のみんなも、良い思い出になり、花祭りのも季節の行事として残っていくのでしょう。クリスマスがこんなに定着しているのだから、仏教信徒が多い日本ならお釈迦様の誕生日ももっと祝われてもいいかな~って思いました。
いい行事です・・・
吉野のくしんぼう 様
おもしろい行事と思います。しかし、個人的な祭りならともかく、子どもたちに参加させるのが難しいのが現実です。宗教と教育の分離面からですね。日本はこの歯止めがあるから内乱がないんですね。
宇和島にいて、全然知らず、昨年より見に行くことにしています。お稚児さん、かわいいですね・・・
 白象に乗ったお釈迦様と練る花祭り、いいですね。保育園を営んでいた宇和島のお寺で、花祭りを当たり前の年中行事として経験した私は、参加した保育園児の心の中に長く記憶されるであろうこの日の映像は、懐かしい風景として残るでしょうね。
仏教
tentijin 様
仏教は遠くインドより・・・中国、朝鮮半島を経て日本へ。原点であるこの宗教を持つ国々が争うことはおかしいと思うこの。素直に反省し、仲良くなれれば仏教の取り持つ縁となるだろうに・・・
良い行事ですね。

管理者にだけ表示を許可する