恩賜上野動物園 | 鬼城

恩賜上野動物園

2014.03.26.Wed.12:00
誕生日

孫の誕生日が普通日だったので、今年は少し送らせ、東京方面に・・・
さて天気は上々、気温も最適・・・どこに行こうかと迷ったが、下の弟のことも考え、上野動物園に・・・
さすが東京、少子化どころか、朝早くから子ども子ども・・・親子連れが一杯!
ちなみに孫の誕生日は3.11!

恩賜上野動物園

恩賜とは?不思議な響き・・・
1882(明治15)年に農商務省所管の博物館付属施設として開園した、日本で最初の動物園・・・
1886(明治19)年には宮内省所管になった。
1924(大正13)年には皇太子殿下(昭和天皇)のご成婚を記念して、東京市に下賜された。
上野動物園HPより

上野動物園1

広大な敷地

東京の上野公園の一角にある、歴史的にも価値のある動物園である。
この動物園は日清、日ロ、太平洋戦争を経験し、数々の動物のドラマを生み出している。

日中友好の印の「パンダ」が来たことでも有名・・・
残念ながら今回は、パンダは時期的に、他のライオンや虎など猛獣類は工事中のため見ることが出来なかった。


上野動物園0

かわせみ

友人たちは自然の中での撮影をしているが、小生は檻の中のモノ・・・

上野動物園2

猿山

最近、形態展示から行動展示に換わりつつある。
この猿山は行動展示の一つ・・・日本で一番古い猿山とか。

上野動物園3

立つ動物

有名な「ミーアキャット」である。
かわいい仕草で黒山の人だかりだった。

上野動物園4

お上りさん

知らなかった!「東京スカイツリー」がこんな近くとは・・・
不忍池も動物園内と言っても良い。その向こうにスカイツリーが・・・

上野動物園5

上野公園と言えば幕末の彰義隊の総大将として担がれ上野戦争を起こす輪王寺宮を思い起こす。

江戸の鬼門、上野寛永寺・・・

歴代の輪王寺の宮は京都の天皇家より来られている。
唯一、幕府方に付かれた天皇家の輪王寺の宮、戦い破れ、会津、そして仙台に・・・
幽閉され、明治2年に伏見の宮となり還俗、明治5年に北白川を嗣がれた。
数奇な運命の人・・・
詳しくは吉村昭氏作「彰義隊」で・・・

上野動物園6
コメント
 上野動物園にはそんな歴史が。かわせみを見ると、若かりし頃の恥な話を思い出し未だに頬が赤らみます。ミーアキャット、空を仰いで何を見、何を考えているのでしょう?
 私も、ここにはカンカン・ランランを見に行きました。ブームが少し去り気味時期だったので、立ち止まって、ゆっくり見ることができた記憶が。
 お孫さんにいいプレゼントになりましたね。3・11はインパクトが強く、私も覚えておけそうです。
 恩賜上野動物園とは、知りませんでした。言葉にするのも恥ずかしいほどの昔、お上りさんの1人として、やってきたパンダや美術館に来たモナリザなどを観察に行ったことを思い出しました。貧乏学生だった私の唯一の趣味は、浅草の質屋で買ったミノルタの一眼レフと135mmの望遠レンズで始まり、しばしばそのターゲットは、上野、浅草界隈でした。パンダが見られなかったのは、ざんねんでしたね。でも、子どもは動物園が大好きなので、お孫さんも鬼城様と行った動物園の思い出をしっかりと心に刻んだのではないでしょうか。
自然が一番
吉野の食いしんぼう 様
まあ、何とも言えない工事中でした。猛獣ゾーンの一画が立ち入り禁止ですから・・・しかし、歴史ある動物園です。もう何回行ったか。「カンカン・ランラン」懐かしいですね。人混みの頭ごなしに少し見えたような・・・行動展示、まっさかりですが、やはり動物は野においた方が・・・
行動範囲
tentijin 様
tentijinさんは、第二の地元ですね。浅草、上野と来れば観光コース・・・若かりし頃、闊歩していた様子が頭に浮かびます。大学時代から写真は趣味だったんですね。何気なく枠に入った構図を見て感心していました。これからもブログにどんどんアップしてください。
 平成10年、40日間の研修を受けるため動物園の横を通り社研に通いました。懐かしい風景です。また、動物園の近くに「上野 精養軒」があります。日本で最初に「ハヤシライス」を作ったところで、不忍池に面したテラス席で食べると一層美味しく感じます。
 日本各地に新しく有名な動物園がありますが、古いとはいえやはり「上野動物園」という響きには特別なものがありますね。
 桜のシーズンになると、表情が一変するのも上野公園ですね。
上野の名所
笑隆で~す。様
 桜便り、すばらしい。笑隆さんも4年間は都会育ちですか?上野精養軒は場所と名前だけは知っていますが入ったことはありません。昔、東京には空がないと言っていた時代から比べると公園の緑や青空など良い景色を見ることが出来ますね。努力しているんでしょうね。
 経済の発展と環境破壊は表裏一体・・・自然を大事にせねばなりません。上野の桜も魅力在りますが、あの人出を考えると、引いてしまいます。それより飛行機のチケットがとれるかどうか。(笑い)
昔、といっても昭和17年の夏、不忍池のここで「ダビンチ展」があり、大阪からわざわざ出かけたことがありました。そのとき、同行したのは中川益夫君といって東芝人事課に勤めていた二年後輩て、鶴見の彼の寮に泊って、上野のダビンチ展と代々木の明治天皇顕彰絵画館(これは今も昔のまま)を見た記憶が昨日のように思い出されます。
この年の暮れ、私は戦場へ、彼は折角勤めた東芝を辞めて、一家が移住していた満洲開拓団の父親が病で倒れたために、やむなく家を支えんと渡満しました。以後、私は戦場を彷徨し現在がありますが、彼は開拓団で代用教員中に招集され、朝鮮の済州島で敗戦。一家は、母親が中風の父親に毒薬を与えて逃避行中、子供一人を死なせ、2人の子と宇和島に引き揚げてきました。済州島の益夫君は先に宇和島に戻っていましたので、やがて東京て私と再会します。戦争を憎んだ彼は、共産党員として活躍しますが、今は故人です。
不忍池を思うと、彼とダビンチについて語り合ったことが昨日のように思い出されます。
思い出
木下博民 様
 各地に思い出があるんですね。ダビンチ展など戦前にあったとは・・・芸術に目覚めていく日本の一つの歴史でしょう。不忍池という名前の雰囲気が日本的で良いですね。上野も桜が満開のニュースが流れていました。週末はすごい人出でしょう。
 友人の方を思い出され、懐かしい旅、また満州開拓団の話などお聞きすると昨日のことのような気がします。70年も前というのに・・・・
カワセミ
恩賜なんて、よう読みませんでした。公園などの頭に書いてあるところもありました。当てずっぽうでオンシと読んでいましたが当たっていました。
なかなかお目にかかれないカワセミが撮影できるのは良いですね~。言わなければわかりません(笑)
恩賜
うわつ 様
 恩賜などという言葉は死語かと思っていましたが、正式名称のようです。歴史ある動物園、本当にいろんな動物が世界にはいるんですね。
 カワセミも実際目の前で動かず(笑い)止まっていました。岩松川、鬼北の里に来る自然の中の鳥とは違っていましたよ。

管理者にだけ表示を許可する