桜(染井吉野)開花宣言 | 鬼城

桜(染井吉野)開花宣言

2014.03.19.Wed.18:00
いつの間にか・・・

旅行をしている間に開花宣言がなされた。
16日長崎で開花宣言が・・・
19日(今日)は全国版で高知城の標準木で開花宣言が・・・

測候所があった頃、宇和島でも全国一早く咲く桜と言われていた。
今では観測隊の人たちが、開花宣言をしているが、それがどうしたという感じである。
標準木ではなく、もと標準木・・・
こんなささやかな記録にも地方の悲哀が垣間見える。

開花1

開花2

桃の花?

梅、桜、桃の花の見分け方が分からない。
桜も数多くの種類が有り、形態による分別が難しいとか。
さて、この花は・・・
ミツバチにとってはどうでも良いことなんだろう・・・ 

開花3

山桜
 
例年であれば、山桜が満開になった頃、染井吉野の開花が・・・
今年は少し異常な感じである。

開花8

白木蓮

満開を過ぎ、散りかけている木蓮・・・
白花の散りかけは茶色になり、哀れ・・・

開花5

紫木蓮

白木蓮が終わった頃、紫木蓮が咲き始める。
今、満開・・・

開花6

梨の花

あまり見たことはなかった。
散歩の途中、家の庭に満開になっていた・・・
開花9

雪柳

名前のごとく、雪の模様・・・
満開宣言!

開花7

柊南天と蕗の薹

散歩の途中、目をこらすとあちこちに花が咲いている。
春たけなわ・・・

開花11   開花10
コメント
丸山公園の下の道の分かれる角地でしたが、いまもあの樹を標準に同好者の皆さんが言っておられるのですか?
桜といってみなさんはなにを連想されますか? 私は、「入学式」「映画 二十四の瞳」「靖国神社」「花吹雪」「アメリカ・ワシントンポトマック河畔」「近くの日大文理学部前の桜並木」そして「息子一家がくれた小さな鉢植えの今年のまだ開かない桜」かな。
桜はいい!
木下博民 様
 桜の標準木もどき、その通りです。私が桜と聞いて思い浮かべるのは、愛宕公園の桜です。小6の時、植えました。商店街の方の還暦の祝いの記念植樹だったようです。今では古木・・・朽ち果てそうです。やはりここでも植えっぱなし・・・
早速、宇和島の桜開花の様子アップされましましたね。
ありがとうございます。

来週辺り、温かい一日を狙って墓参に行ってきます。
でも残念。
思惑が外れて、山桜の開花が遅れているようですね。
数年前に訪れた由良半島、
山を覆い尽くす山桜の桜色の感動が忘れられません。

それにしても桜のクローズアップ写真、
その背景処理と繊細な美しさの描写、お見事です。
近年、桜と言えばソメイヨシノと言う人が多いのですが、古来から山桜が桜でした。これは木下先生の分野ですね。桜の庭師として知られる16代佐野籐右衛門さんが「ソメイヨシノは桜ではない」の名言は有名です。佐野籐右衛門さん所にはソメイヨシノの苗木は無いそうですよ~
 春爛漫の花々、やっぱり松野は宇和島と比べ、寒いことがわかりました。
 桜と言えば、「ソメイヨシノ」と思っていた一人です。毎年、九島の山桜を見るのが楽しみです。
宇和島の開花宣言のニュース、何度か放送されていましたね。
 私は、一番印象に残っている桜は、社会人としてスタートを切った日の職場近くの沿道の桜並木です。夢と希望を感じさせてくれる見事な咲きっぷりでした。今は・・・。(残念)
ふっと気がつけば桜開花
ランスケ 様
 ありがとうございます。桜の開花宣言は気象台のあるところからなんですね。地方では話題になっても全国版に出ることはほとんどありません。気象庁も機構改革で縮小し、地方は置き去り・・・営林署(今もこの名前かどうか?)管理局は高知ですね。
 山桜、なぜか開会が遅れています。斑咲ですね。私の散歩コース、例年なら散り始めなんですが、まだ五分咲くらい。
 写真は相変わらず、始めたばっかりの「ど素人!」です。ランスケさんの幽玄な接写を見習わなければと思いつつ・・・身体の具合はいかがでしょう?
被写体
うわつ 様
 桜と言えば、山桜なんでしょうね。この桜の掛け合わせ、変種がいろんな華やかな彩りを添えるのでしょう。桜前線、今年も・・・?
 行くかどうか迷っていますが、下灘(双海)にミモザの大木(珍しい)があると愛媛新聞に出ていました。
 「うわつ」さんが撮り続けている「ダルマ夕陽」NHKのドラマになりました。DVD届けます。
桜の思い出
吉野の食いしんぼう 様
 山桜、吉野山・・・松野町も吉野の桜ですね。千本桜、どこだろう?成川温泉前も千本桜と言っていたような・・・社会人になって和霊公園の桜の下で七輪の上で天ぷら(じゃこ天と言わない)を焼いて宴会をやったことを思い出します。ご一緒だった方も亡くなった方が多く思い出の桜です。
 吉野生の桜、久しぶりに見に行きたいと思っています。四万十の春も良いな・・・
チェーホフの喜劇「桜の園」、これを喜劇と作者がわざわざ銘打っているのは因習的過去が崩壊し、新しい未来を夢見るお話だからでしょうが、終幕の桜の園を切る鉈の音は印象的。ロシア人の桜は因習の象徴で、日本人の桜は若者の未来のように見えるのですから、桜もお国柄忙しいかぎりですね。
もっとも「桜の園」には桜などまったく出てきません、日本の舞台では桜といえば溢れんばかりに花を飾ります。面白いですね。
幕末のころ愛宕山は宇和島の桜の名所で、芭蕉の句碑(「しばらくは花の上なる月見かな」だったかな)まで添えたほどに盛んでしたが、いま宇和島の人々は何処へ花見に行かれますか? あれは江戸っ子のお遊び、宇和島人は花見などしませんかな。
私は、歩いて3分の日大文理学部前の桜見物に毎年出かけます。商店街の出店を出して賑やかですよ。
来週は「しばらくは桜眺めて老い忘れ」ってところですか。
花見の場所
木下博民 様
 愛宕山は「うわつ:」さん、私たちのホームグランドですが、花見に行ったのは子どもの頃ですね。いまは夜桜見物に焼き肉で花見の若い人たちが多いです。そうそう、焼き肉花見はここ十年くらいでしょうか?松山の道後公園は禁止にするそうです。匂いと煙が桜にふさわしくないとのこと。都会の知人宅に訪れたときのこと、庭で焼き肉がやれるな?といったら「都会では近所迷惑になる」とのこと。便利さと不便さが同居しているようですね。さてこの結論は・・・
 宇和島の昔の花見場所は「城山」「堀部公園」「愛宕山」「金剛山」「和霊公園」「おとっさま」、予土線沿いの「大本神社」「伊井公園」 ・・・最近では「円山公園」城辺の「城辺グランド」あたりかな・・・
 様々な花が咲きそろい春爛漫ですね。鬼城様の散歩道には季節季節の花が次々と咲き、飽きないように思います。鎌倉癒やし旅も良かったと思いますが、春は、やはり、花に癒やされるのがいいですね。
野の道の花々
tentijin 様
 花は野に咲く花が良い。散歩コースは山道なので季節ごとに種々の花が咲きます。ふっと見るともう春・・・という感じです。鬼北も散歩コースには事欠かないと思います。話は変わりますが、先日は火事で大変でしたね。被害はなかったでしょうか?

管理者にだけ表示を許可する