お稲荷さん | 鬼城

お稲荷さん

2014.03.14.Fri.18:00
稲荷神社

旧宇和島には3つの稲荷神社がある。
妙典寺・竜光院・龍華山等覚寺・・・

3月の第2日曜日が妙典寺の最上稲荷祭り・初午の日(今年は3月12日)が竜光院・4月29日が等覚寺・・・
今回は妙典寺と竜光院を撮った。

妙典寺山門
この下には出店が並んでいた。 

妙典寺1 

参道

宇和津小学校横のほそいろじを100mばかり上がるとお寺である。
学校のそばなので小学生の姿が多い。
餅撒き目当ての方もいるようだ。

妙典寺2

お寺の境内
この寺は日蓮宗である。
左手には日蓮聖人の銅像が建っている。
正面の本堂前では踊りの奉納が・・・


最上稲荷
年間にお参りする人は少ないだろう。
祭り当日は賑やか?お札を頂くとくじ引きがあるようだ。


臨海山竜光院稲荷祭り

この寺は宇和島藩伊達家の祈願所となっている。
また城の北東に当たり、鬼門・・・
すなわち、宇和島の守護。
また四国八十八カ所40番札所観自在寺の奥の院でもある。

竜光院稲荷祭り003

本堂前の稲荷神社境内

大勢の見物客が法要を見守っている。
このあと餅撒きとくじ引きがあるようだ。

妙典寺稲荷祭り002

本堂

今日の主役はお稲荷さん・・・
本堂の幕には宇和島藩伊達家の縦三つ引き両紋の家紋が・・・

竜光院稲荷祭り004 

大師堂

四国八十八カ所には本堂と大師堂がある。
こちらは大師堂・・・
竜光院にはもう一つ、南予七福神毘沙門天が祀られている。

竜光院稲荷祭り001



コメント
 お寺と神社が共存しているのをよく見かけますが、いわゆる、神仏混淆?というものですか?様々な成り立ちがあったのでしょうが、その方が人が集まりやすいですよね。残念なことに上4つの写真が見えない状態になっています。あれは、どのような時に起こる現象なのですか?
稲荷神は本来渡来人の信仰してきた神で、空海が東寺の守護神にしたことから、真言宗と稲荷神とは一体のものになっています。日本の古代神道は仏教の影響を多分にうけて社殿信仰に変っていきますが、もともと日本の神は磐座信仰だった。大和三輪山が大神神社のご神体であるように。厳密には山は神の坐す場所、依代でしょうが。仏教のように塑像などありません。
神仏分離は明治以降のほんの短期間の習俗で、昔は天照大神すら仏の化身として別の名前がありました。
習合を厭わない日本人でなければ世界の平和は難しいでしょう。いま中東でつづいている紛争は宗教戦争で寂しいことですが永久に続きますね。
食いしんぼうの発想としては、稲荷→ きつね→ あぶらげ→ きつね寿司・きつねうどん なんてレベルですが、今回は奈良帰り。大和三輪山など見て帰っているので、木下先生のコメントしっかり読ませて頂き勉強になりました。
 立派な大師堂ですね。青空の下、お餅撒き目当てとは言え、こんなに人が集まっているのは活気があっていいですね。
 宇和津校4年間お隣でしたから妙典寺にはよく行きましたが、お稲荷さんの祭礼には行ったことがありません。また、龍光院には、事務所時代の散歩コースでしたからよく行きました。
 縁日とか夜市という言葉には、心をウキウキさせる何かがあるように思いますね。
妙典寺
宇和津小の悪ガキ共のテリトリーですから、妙典寺には良く行きましたね~
町内住んでいたので、祭りのときも行っているのですがね~
関心がなかったからか思い出せません。

このブログの愛読者の皆さんは宇和津校のお仲間のようなのでお尋ねします。
ここは昭和のはじめ、家政女学校のあったところですか?この女学校は戦後に南高校と一緒になりましたが、空襲被害をうけなかったので一時宇和島商業の生徒が間借りさせてもらっていたこともあったようで、宇和島教育界では創設時から特色のある学校でした。
とにかく私は、第四尋常小学校(といってもお分かりないと思いますが、後の和霊小学校)に学びました。第一尋常小学校(のちの明倫校)とは比較にならない田舎小学校でしたが、担当の大内利雄先生(先祖は伊達藩の藩士でした)が妙典寺前に住んでおられたので、招かれてご馳走になったことがしばしばありました。昔の先生は、子供たちを何人か分けてよく家に招いておられました。そんなとき他家を訪ねる礼儀作法を教えられた記憶があります。先生自前の教育方法でしょうが、この年になってもそのご恩は決して忘れません。妙典寺や隣の大用国師碑のある仏海寺へもよく行きました。
画像見えず・・・
tentijin 様
写真が見えず申し訳ありませんでした。画像入れ替えのため削除したのです。そのままにして旅行をしたのでアップできず・・・(泣)
間違いなく神仏習合ですね。しかし、寺で祀られているところもあるようです。さて稲荷神とは不思議な存在ですね。
多宗教
木下博民 様
唯一神の中東とか、ヨーロッパなど、理解に苦しむのが日本ですね。これほど宗教の重要さが分からない民族は他に無いと思います。しかし、それだから幸せなんだとも・・・全ての神や仏様のお祭り、楽しいですよね。旅行中でコメント遅くなりました。
連想ゲーム
吉野の食いしんぼう 様
宗教の歴史的な説明は木下先生の独壇場ですね。今、先生は八幡信仰の取りかかっておられるようです。さて、食いしん坊さん、私もあぶらげ、いなり寿司の発想です。混ぜご飯野中でも「いなり寿司」が一番好きなんですよ・甘辛く炊いた揚げと酢の絶妙なミックス感・・・(笑い)
楽しみ
笑隆で~す。様
 本当に子どもの数が減っている感じがします。笑隆で~す。さんが言われるように、我々の時代は待ち遠しい、そして楽しみでもありました。今の子どもはすることがないので行ってみるかという感じでしょう。見物客は、濾紙よりばっかり・・・私もそのうちの一人ですが・・・(笑い)メールありがとうございました。
遊び場
うわつ 様
 我が家の菩提寺は大超寺なんですが、祖母の家は妙典寺でした。子どもの頃はよく行きましたね。ほんとにお寺は遊び場でした。金剛山、竜華、潮音寺(廃寺)、選佛寺、西江寺、竜光院などなど・・・それと山にもよく登りました。お寺には必ず、山号がついています。潮音寺山にはよく行きました。
間借り学校
木下博民 様
 宇和津小学校は私と「うわつ」さんの母校です。tentijinさんは妙典寺前に住んでいたそうです。この学校は家政女学校、宇和島高女、宇和島商業と間借り状態が続き、城南中学校も・・・そして児童数が増加して明倫小学校を分け、宇和津小学校誕生となりました。私や「うわつ」さんが小学校3年生でした。何しろ古い建物で教室の真ん中に柱が・・・2階の教室は危険と言うことで使用禁止の状態でした。
 宇和島は城下町にありがちな神社仏閣の多い街ですね。

管理者にだけ表示を許可する