九島架橋その後 | 鬼城

九島架橋その後

2014.01.20.Mon.08:00
じぇじぇじぇ!

宇和島湾の様子を撮るため坂下津に行った。
異様な建物が・・・
こんな海岸端にマンション?それも2棟。
よく見ると「九島架橋の文字」が・・・
そういやあ、写真を撮りに行ったのは半年前だったか、と思い戎山まで出かけることにした。

九島架橋1

橋梁

この二つが橋を支える橋梁となる。
それにしても高い!
これが九島海峡に沈むとなると海は深いんだと改めて思った。

九島架橋2

工事費

予算は国および愛媛県と聞いている。80億ほどかかるとか。
宇和島市の持ち分はアクセス道路の敷設費・・・
完成すると九島島民の半世紀以上にわたる悲願達成となる。 
 
九島架橋3 

半島の先端

眼前が九島・・・海峡には杭を打つための空洞のドラムが二カ所打ち込まれている。
ここに先ほどの橋梁が沈められる。
橋はどこかでもう造られているのだろう。

九島架橋4 

九島の道路はアクセスのための新設か?
この日、海は穏やかだった。

九島架橋5

工事監督船だろうか?

クレーン船と指示をしている船と航路安全のための見張りの船と6隻が眼についた。
写真を撮った場所は、その他の宇和島市の施設工事も進んでいて、大型車が行き交い危険であった。

九島架橋6
コメント
九島架橋工事やっていますね~。橋や道路が出来て便利になるところと反対に不便になるところがあります。人も連絡船に乗れば町に出れたのに船がなくなれば車でしか町へ出れなくなります。そうならないようバスが通ると思いますが。連絡船なら物資も一緒に運んでいましたので便利でした。バスは人だけなので乗客が少なくなったら存続できるのでしょうか?車を持たない高齢者はどうするのでしょう。
 いよいよというか、既に始まっているんですね。どのように架けられていくのか、興味津々なので、今後の御報告を楽しみにしております。目の前ですごい工事が進行していくのが見えるというのは、大変興味深いところですね。
友人が九島出身なので特に春に度々連れて行って貰います。野外散策では大のお気に入りの場所です。潮干狩り・山桜・鯨大師の椿・つわぶき採り・夏みかん狩り、とても魅力的な島です。島民ではないので架橋の賛否はわかりませんが、船に乗って尋ねる方が気持ちが向く気がします。
 それにしても、すごい技術を感じます。
工事中の写真、初めて見ました。しばらく定点撮影されるといい歴史資料になります。
九島架橋については個人的には賛成しかねませんでしたが、島民の半世紀以上の悲願で大いに結構なことです。賛成しなかった理由、目と鼻の離島を逆手にとった桃源郷的環境造りも出来そうなものと思った次第。架橋すれば下手をすれば現在の宇和島のアーケード街のように特色のない環境に九島がなりそうだからです。しかし、島民の熱意で80億の投資とこれからの安全管理に市民が責任ある対策をされますことを祈ります。
ところで、この際、まず完成後の九島がどうあるべきか、いまから真賢に論議されますことを期待します。
提案。鯨大師を観自在寺の奥の院として生かすこと。奥の院は九島が不便なために遥拝札所として馬目木大師をつくり、明治の廃仏棄釈で龍光院に移り現在に至っていますが、もともとは九島鯨大師願成寺が奥の院だったのですから、ここに戻すことです。ただ現代人は我儘ですから、龍光院も馬目木大師(現在お堂在り)も鯨大師(立派な堂宇あり)も自由に参ってもらうことです。その宣伝を積極的にやってはいかが。遍路には九島の西に回ってもらって、「宇和海に沈む夕日に西方浄土を感じてもらえば、こんなありがたいことはありません。架橋する以上、車がやたら多くなるでしょう。九島の方々は施錠しない家に住んでおられるほどの現在環境が豹変することを知っていただきたい。
時間のゆっくり流れる桃源郷から気ぜわしい時間のユートビアになっても九島の人情のよさを決してうになわないように。
さて住民は?
うわつ 様
先のことは分かりませんが、歩道は付くようですね。自動車道でないので、車のない元気な人は自転車でしょうね。身体の弱い方などはタクシー利用になると思います。一番便利なことは病気の時ですね。救急車が入りますから・・・さて生活がどのように変わるか、期待したいと思います。鳥屋が森から宇和島の全景を撮りたいですね。
偉大なる?構想・・・
吉野の食いしんぼう 様
バブル景気の頃、南レク構想に堂崎から鳥屋が森にロープウェイを掛けて、それからお城山に・・・お城山から愛宕公園にという夢のような、今考えるとばかばかしいような建設計画がありました。それだけ景色が良いのでしょう。中学校の時だったか遠足で山頂まで登りました。宇和島を一望に出来、天下を取ったような気になりました。
2015年に完成とか・・・
tentijin 様
半年前に訪れましたが、ボーリング調査とヘドロを掘り起こしているときでした。ヘドロは大浦湾埋め立てのところに・・・養殖のえさの残りの残骸でしょうね。
これからが佳境になると思います。橋桁が建ち、橋を乗せるところを是非撮りたいと思っています。
どのように動いていくか?
木下博民 様
 先生が心配されていること、よく分かります。しかし、まだ架かっていないので分かりませんが、訪問する人はあまり多くないのではと思います。私は歩いて山にも登りたいと思っていますが・・・鯨大師などは大いに売り出さなくてはいけません。九島の再開発も必要でしょう。全て島民の方の意見を聞いてからになると思います。
 一昨日でしたか「秀宗入府400年祭」の対談が愛媛新聞に出ていました。「いやし博」の二の舞にならあねばと危惧しています。一市民には意見を言う場がありませんので只、傍観・・・
新聞で鼎談されたお三方、いずれもよく存じ上げている方々で、宇和島の文化発展を指導する重要なお立場にあられるわけですから、お互いにもたれかからないよう、市民がお三方を激励して「秀宗公入府400年祭」を成功させたいものですね。この催しは何方の発案か知りませんが、秀宗の宇和島入りが、喜んで意気揚々とお出でになったとはいささか思われませんし、とにかく幕府は秀吉の息のかかった人物はたとえ政宗の長男でも、遠くへ離しておこう、という算段があったかもしれず、秀宗自身もなかなか出発せず、政宗に追いたてられるようにお国入りしたという感じで、山家騒動がおきるのも「宇和島お国入り」に感情的な遠因があったとすら思われますから、400年記念祭の意義を充分固めてかからなければ単なる思い付きになります。実際に具体化する部署のどなたでしょう。
名目は名目で、従来とほとんど変らないイベント(?)に終始しても景気の後押しにはならないばかりか、歳費の無駄使いになります。とにかく、成功を祈ります。
「九島橋の架橋後の島のあり方」についても、いまから真賢にやらなければ、大浦埋め立てのようにまだ具体化していないというのでは、投資額の金利だって大変でしょうに。
蚊帳の外
木下博民 様
どこで誰がやるのか不明です。市民に対しての説明もなく、実行委員会(誰が入っているのか不明)で決まるようです。辛口評論家は居るのでしょうか?九島架橋その後に関しても同じです。一般市民の意見が入らない・・・イベントも活気のないものになるか、成功するか、全く不明です。仕事を辞めて一市民になったとたん情報が入りません。これが宇和島?

管理者にだけ表示を許可する