天赦園竹灯籠 | 鬼城

天赦園竹灯籠

2013.09.30.Mon.18:00
天赦園竹灯籠

いやし博2012のイベントとして竹灯籠による夜間開放が始まった。
今年は趣向を変え、ペットボトルによる灯篭を整列させていた。
天赦園の奥より望む、宇和島城と灯篭群・・・

竹灯籠1

灯篭全景

今回はワイドビューを試みた・・・
左手は料亭「天赦園」

竹灯籠2

春雨亭の前には竹灯籠のオブジェが・・・
昨年のものは大きかったが、私的にデザインは今年のほうが好みである。

竹灯籠3

通路に並んだ灯篭

自分は慣れた道だが、初めて来た人は暗がりで大変だ・・・
子どもは懐中電灯をつけて歩いていたが、これは灯篭を見る者にとっては艶消しだ。
西予市の宇和町が毎年やっている「卯のほたる」を参考にしたらどうだろう。
西予市まで拘束が開通した時のイベント「町並み博」の継続である。
アイディアも素晴らしい。

春雨亭で、影絵など見せると面白い・・・
暗い道には提灯を・・・
要所要所には行燈を置くとよい。
昨年より今年、今年より来年と工夫改良が必要である。

竹灯籠4

心字池

右手は春雨亭
昨年と比べ、雰囲気は非常に良い。
12日には竹灯籠コンサートが模様される・・・

竹灯籠5 

演奏会

19時より、宇和島琴伶会方々が琴演奏を・・・
また尺八、都山流若菜会の方々の演奏もありました。
日本庭園の中での和の演奏、いい雰囲気でした。
会場は潜淵館・・・
親しみやすい曲の演奏から始まりました
「となりのトトロ」だったか・・・

竹灯籠6
コメント
どの写真も幻想的ですね。中でも、心字池の雰囲気がなんともいえません。こんな風景のなかで、和楽器の奏でる音楽を聴く秋の夕べは最高でしょう。
 天赦園の竹灯籠、定着し、洗練してきましたね。池と建物と灯籠の図が私的には好みです。幻想的でいいイベントですねえ。
写真を拝見しただけでは、突然、都会の夜景が闇に浮かんだようで、多ければいいというものではないような気がしました。ご免なさい。谷崎潤一郎の随筆に『陰翳礼賛』というのがありますが、日本の明かりは「ほの暗さ」かなと思ったりしました。
演奏者の顔に光があたらないのはちょっと寂しい。
14列の竹灯籠の行列、なにか意味があるのですか?このような催しをまあ写真で鑑賞しようという私が厚釜しすぎますね。
今月半ばまで・・・
吉野の食いしんぼう 様
 今年は昨年よりヒートアップしています。ボランティアの方々や城守隊の方々の協力で準備も何ヶ月か前からやっていたようです。まだまだ2年目ですから、改良の余地はあると思います。なによりやる気ですね。そして続けること・・・池の雰囲気もよかったですよ。
 5日は竹灯籠のみ、12日は竹灯籠コンサート(3,000円)です。14日は竹灯籠ではなく、手に触れる鑑賞会(木村先生と伊達事務所主催)、薄茶、濃茶席・・・有名なお道具類を手に触れ鑑賞・・・券は3,000円だったとおもいます。F.Fさんは和服で登場でしょう。
良い雰囲気
tentijin 様
宇和島全体が盛り上げていくと良いのですが・・・金沢市は兼六園の雪見灯籠祭りのため、ボランティアの方々が200人体制で出ていました。ここは広いですから・・・それまでは行かなくても続けてほしいですね。見る価値は十分ありますよ。
結構暗い
木下博民 様
14列の灯籠(ペットボトル)には、子どもたちの絵がすべて描いてあります。昨年の反省から芝生のところが寂しいとの声が・・・人によって静かなものを好む人、賑やかなものを好む人それぞれですね。演奏者の顔が見えにくいのは逆行だったのと、ブル具アップの許可を取っていないための手段です。普通なら、フラッシュを炊くのですが、こんな場合は遠慮します。
ほの暗さにかんしては、天赦園に何度も来ている人は、普通に歩けます。初めての人は、つまづいたり、池に落ちる事故も昨年はあったようです。懐中電灯はつや消しですから・・・
素晴らしい
ワォ~どれも素晴らしいですね~歩くにはちょっと暗い天赦園事故が起きないうちにお願いしたいですね。スタッフは光る腕輪(リング)をしていましたね。もう少し大き目のリングを竹筒にはめれば歩く道がわかります。竹筒の横穴を開けて明かりが漏れるようにする。風が入るなら透明のフィルムを貼るなど何か工夫したいですね。
見習う
うわつ 様
 さすが、毎年「卯のほたる」を撮っている「うわつ」さん、言葉にも重みがあります・宇和島人の悪いところは、良いものを見に行かない欠点があります。利用できるものは利用する謙虚な心が必要ですね。それとアイディアが欠如しています。「うわつ」さんのコメントを見てくれたら良いのですが・・・
ご無沙汰してます。
その後怪我の方は快方に向かっているのでしょうか?
またいつもの散歩道で、元気な姿を拝見したいものです。
少し楽に・・・
いちろう 様
いっちゃん、お久しぶりです。ご心配かけました。怪我は一応治療は終了しました。一週間ほど足慣らしをして、昨日より歩き始めています。しかし、挫滅の状態はひどかったので、現在、右足はむくんでぱんぱんに張っています。夜寝ると朝には少し楽になります。この状態が二ヶ月ほど続くとか。足が折れていた方が治りは早いかもしれません。とにかく松葉杖なしで歩くことができはじめたのが、良いですね。年をとると治りも遅いと言うことでしょう。
遅くなりましたが、その節はお世話になりました。
和服で登場のFFです。
昨年より、灯篭もコンサートもバージョンアップしていたように感じました。
コンサートのバイオリンがとても良かったですね。
花れんさんの歌声もきれいでしたし、近くで聞くよりちょっと離れて、ペットボトル灯篭がたくさんあったところで聞くと素敵でした。
写真はさすがに鬼城さん、とても素敵な写真が撮れてますね。
14日のお茶会にも参加したのですが、手にとって多くのお茶碗など鑑賞できるところがすばらしいですね。
宇和島はお城ときものの似合う街ですね。

管理者にだけ表示を許可する