クワガタ取り | 鬼城

クワガタ取り

2013.08.16.Fri.09:30
帰省

孫たちの帰省に合わせ、行事を組むのだが、今回は日程に限りがあり、すし詰めだった。
教え子より、孫たちのためにカブトムシの「つがい」のプレゼントもあり、大変喜んでした。

クワガタ1

昨年の場所

いろんな方の協力を得ながら、昨年ジャワのマスターの情報を今年も活用させて頂いた。
昨年は7月後半だったので、今年は遅く、居ないのではないかと思っていた。
ところがヒラタクワガタを父親がゲット!
こんな自然の中で昆虫採集ができることを感謝・・・
写真は付きものの「スズメバチ」

クワガタ2

頂いたカブトムシ

さて、持ち帰りはどうなのか?
空港に行くと手荷物でOKとのこと、一安心・・・
とはいっても、昨年はどうしたか、もう忘れている。
今回も多くの人の助けを借りた。
感謝、感謝・・・

クワガタ3
コメント
鬼城さん良い夏休みでしたね~。子供は元気だけれどお爺ちゃんは疲れがドット出るのではないですか?笑
少しシャワーが降って涼しさを感じます。もう少し雨が降らないと水の心配が出てきましたね。
農作物、とりわけ柑橘は水不足だそうです。
台風を待つしか駄目ですね。しかし、異常気象といっても暑い日々ですから、積乱雲が発生し、夕立が来るはずなんですが、希望は薄いですね。疲れがどっとでました。やっと普通になったところです。しかし少し涼しくなったような気がする夜ですね。
 子どもの頃を思い出して、クヌギ林に行ってみても、なぜか虫が集まっていない場合が多い気がします。樹液が自然に出てくるには、かなりの年数が必要であったり、あるいは、何かしら樹皮が傷ついたり、破裂したりというアクシデントの後に樹液が出始めるのかもしれないという何らかの道行きがあるのかもしれません。ともあれ、子どもの頃に、現場でカブトを見つけたり、採ったりできることは、今となっては、かなり、幸せなことだと思いますし、それを体験させてあげられるお爺ちゃんは、大したものではないでしょうか。
里山
tentijin 様
昨年は大変お世話になりました。今年は時期的にもあきらめていましたが、何とかなり、喜んでいました。日程が詰まっていたので、滑床やしまんと方面には足を運べませんでした。我々の時代と違って子どもたちは便利にはなりましたが、かわいそうな気がします。
鬼北町も暑そうですね。先日は成川で夕立?に遭いました。
私は子供に田舎の話はしましたが、頼れる家がなかったので後悔しています。
人生の最後に一度でいい、私の育った宇和島を子供や孫に見せてやりたいものだと思いますが、「夢旅行」かもしれません。そうならないように、お若い皆さんは子供やお孫さんに宇和島の素晴らしさを伝えてください。
故郷
木下博民 様
ふるさとの大切さは子どもたちに教えたいですね。現在ふるさとを追われている福島の子どもたちも居ます。先生も体調を整え、子どもさん方、お孫さん方で是非、宇和島へ・・・5年前でしたか。山家家の一族の方30人ほどの方々が来られ、宇和島をご案内しました。もう、昔の面影が残っているところは少ないですが、育った街を忘れることが無いように・・・
お孫さん達、おじいさまの縁繋がり、人徳で素晴らしい体験ができ何よりでしたね。昨日(18日)滑床の奥千畳に行っていましたが、水が無く流れも止まって、水面に泡が立っていたりし、本来の渓谷の美が見られませんでした。紅葉も期待できないかも・・・。
人とのつながりの大切さ
吉野の食いしんぼう 様
昨年はtentijinさんにカブトをもらったりして、滑床に行き、マスやアマゴ釣りをしたのですが、水量が少ないことを知って今年は取りやめ・・・先日行った成川もミスはあまり流れていませんでした。雨がほしいですね。なんによらず情報は大事ですね。

管理者にだけ表示を許可する