シーロード八幡浜 | 鬼城

シーロード八幡浜

2013.08.14.Wed.09:00
海の中の釣り堀

八幡浜市向灘の沖合にいけすを設置し、釣り堀ができている。
釣りは、磯にしろ、船にしろ待つこと、釣りの技術が必要だと釣り人は言う。
この地方にはいくつもの釣り場がある。
しかし、帰省した家族、特に子どもは時間的な制約に縛られることがネックである。
釣った感触を味あわさせたいこともあり、ここに決めた。
ここから桟橋を渡り、いけすに向かう。

シーロード1
 

いけすは3つあり、「鯛」「鰺」「グレ」が養殖されている。
ごらんのようにこのいけすは「鯛」

シーロード2

釣り道具も魚に合わせたものが用意されている。
このいけすは「鰺」

シーロード3

我が家族、「鰺」をつり上げた瞬間・・・
子どもは感触に歓声を上げる。

シーロード4

大物?「鯛を前に記念写真
後ろの方は釣りの指導をしてくれる「シーロード」の方である。

シーロード5

持ち帰りのための荷造り
ここでは一匹、「鯛」が1,300円、「鰺」が300円である。
そのほか、釣り人には入場料がかかる。
少し高いような気もするが、都会から来た人たちは満足感を持ち帰ることができる。

シーロード6
コメント
ぐいぐい引き始めた時のドキドキ感、しばらく味わっていません。皆さんの歓声が伝わってきそうです。黄色いTシャツのお兄ちゃんの満足そうな顔、いいですね~。
 制限された時間では、ぼうずで帰るわけにはいかず、少々高くても確実な収穫が優先ですよね。
 お疲れ様でした。
 家族で手軽に釣りを楽しむには良い所だと聞いています。本文にもありましたが、値段が高いし、釣った分はすべて買い取りと聞きました。これがネックですね(^_^;)

 孫サービスに爺婆も大変ですね。(^_^)v
宇和島にはなぜか毎日の記事を見ていても海の記事が見当たりません。
眠った海の町宇和島であっては困りますね。このところ毎日のように樺崎が宇和島の玄関口だった昭和初期のことを考えているのですが、先日も「樺崎港と宇和島経済」の関係をしらべる資料はないかと某氏に尋ねましたが、用を得ませんでした。
八幡浜は明治以降、必ず海の経済ですね。いまなぜ「宇和島運輸が宇和島を去ったのか」何処の宇和島の欠点があるのか、真剣に「海と宇和島」を考えて欲しいですね。真珠、大丈夫ですか?養魚、大丈夫ですか?
釣り
吉野の食いしんぼう 様
釣りガールでしたね。教え子が日振に着任しています。藻烏賊はいつ来るのか、首を長くして待っていますが、釣れないそうです。海は広い!いろんな現象が起こるんですね。私も釣りはしますが、待つことが嫌いなので、すぐ釣れる場所設定となりました。e-351
北アの様子、見せてもらいました。写真はたくさん撮ったと思いますが、アップするものを選ぶのが大変でしょう。それでもアップ写真、良いですね。
アイディア
syoryuで~す。 様
結構体力を使います。このための日頃の訓練と行っても良いくらいでした。何しろ日程の制約がありますから・・・クワガタ取りなどは、いろんな人の助けを借りて楽しむことができました。
維持管理など高めの設定にしないとやっていけないのでしょうね。しかし、小さいものは放流し、予定通りの数で納竿・・・
帰りには港にできた「みなっと」で食事、超満員でした。残念ながら八幡浜チャンポンは列ができていて食べることができませんでした。
樺崎の言葉さえ・・・
木下博民 様
宇和島運輸も旅客数が相当に減っているようです。三崎フェリーもあり、燃料が高騰している為かもしれません。それと車社会になったので長く船に乗ることを嫌うのでしょう。八幡浜-宇和島は車で一時間足らずですから・・・樺崎も懐かしい存在となっていますね。記録は宇和島運輸にあるかもしれません。小学生の頃、あかつき丸で別府へ行ったことがありました。この船は旅客船ですね。映画「南海の狼煙」ではここの灯台が出てきました。それ以前は分かりません・・・

先日伺った友人宅の近所に船番所があったのですが、今その後は住宅で何の跡も残っていません。

養殖は、真珠や魚ともに頂点を過ぎ、大変だろうと思います。生産者も激減しているとか。現状は手の打ちようがない。公約でいくら声をからして言っても具体策が見えない現状です。
 釣りは、気の短い人がむいているそうです。なぜなら、気の長い人は、つれなくても、のんびり餌を泳がせて海風を楽しむタイプとなり、本来の釣りの醍醐味をあまり味わわずに終わるからだそうです。逆に気の短い人は、釣れなければ、場所を変え、餌を換え、仕掛けを換え、工夫し、学習して名人に至るからだそうです。さもありなんですね。
お孫さん嬉しそうですね。釣れた手応えがあってよかったですね。
美味しいお刺身、鯛飯、さつま汁へと舌鼓を打ったことでしょうね。
釣り体験
炎天下にお疲れさまでした~。海は照り返しもあり暑かったことでしょうね。都会っ子には魚釣りは忘れられない思い出になることでしょう。釣り体験には少々お高いかもしれませんが、自分で釣った魚を食べることなど、生き物への感謝を教えるチャンスでもありますね。
サビキ釣り
tentijin 様
釣りは釣れなくては面白くないが私の考えです。しかし、待って釣れたときの感触も忘れがたいですね。しかし、一番好きなのは沸いているゼンゴをサビキで釣るのが面白いですね。
日程
木工おじさん 様
釣りのあと明浜の海水浴に行きました。喜んだのは良いのですが、帰宅後、39度の熱・・・市立宇和島病院の救急診療で見てもらいました。薬を出してもらい、明くる日は完治でした。楽しいのも良いけれど、行事を詰め込みすぎました。
釣り
うわつ 様
暑かったですが、海は風もあり結構過ごしやすかったです。それより何十年ぶりかで海水浴をしました。偉いもので泳ぐことができました。体で覚えたものは忘れないんですね。
うわつさんは釣りも漁師級でしたね。

管理者にだけ表示を許可する