夏の花 | 鬼城

夏の花

2013.08.07.Wed.12:00
百日紅(さるすべり)

真夏の暑さにも負けない強い木である。
木肌がつるつるで、猿も滑ると言うことから名前がついたとも・・・
一番多い花色がこのピンク・・・

百日紅1

花付き

花は小さいものが集まって一つの枝になっている。
近くで見ると萎れているもの、今から咲くものと面白い。

百日紅2

白花百日紅

昨年もアップしたが、散歩コースには白花の百日紅の大木がある。
二本あるがそのうちの一本である。
彼方に宇和島城が入るのだが、私道のため遠慮した。

百日紅(白)

百日紅白花のアップ

百日紅白 

百日紅赤花

珍しいえんじ色の百日紅は吉田町の国道沿いにあるが、交通量の関係で撮ることができなかった

百日紅赤

木槿(むくげ)

今まで勘違いしていた。
芙蓉の品種の一つと思っていたが、八重咲きの木槿だった。
年をとると思い込みが激しく、反省する次第・・・

木槿

先日アップした芋朝顔の花

珍しく白花、清楚である。
水をやると部屋が一気に涼しくなった感じがした。

芋朝顔

夾竹桃

夏の花の代表、夾竹桃である。
排気ガスに強いと言うことから国道沿いには多く植えられている。
この淡いピンクの夾竹桃は珍しい。
主に赤、白、たまに臙脂色のものもある。
この木が猛毒だと言うことはあまり知られていない。
この木を燃やし、煙を吸うと害がある。
死に至ることもあるそうだから、ご注意を・・・・

夾竹桃

我が家で毎年咲かせている「グロリオーサ」
もちろん咲かせるのは嫁さん・・・
この熱いときに、この花の様子は炎のようである。

グロリオーサ
コメント
 暑い日差しの中咲きほこる夏の花は美しさと共に力強さを感じさせてくれます。清楚な白の朝顔は本当に涼しさを届けてくれる贈り物ですね。新採の頃、運転免許取りたてで、南予青年の家の官舎前の夾竹桃の幹に当たるほど前進し事務所にお断りに行った思い出が・・・・。
「道の辺の木槿は馬に食われけり」は芭蕉の句でしたっけ、思い出す句です。いつか友人の奥さんの車で宇和島へ行ったとき、途中でこの花を見つけ、馬ならず私たちがつい車を止めて眺めたことがありました。花には奇妙な思い出があるものですね。
夾竹桃には、さらに強烈な印象があって、恩師のお供をして広島経由で宇和島へ帰ったとき、広島で原爆中心地の近くに夾竹桃が咲き乱れていて、先生が「ここには100年は樹木は育たん、と騒いだが、あの花は逞しいね」といわれたことが忘れられません。
余計に暑さを感じるでしょう
吉野の食いしんぼう 様
その頃から車の前が壊れていた・・・

しかし、食いしんぼうさんが上られた北アの山々、花の季節は済んでいたかもしれませんが、すばらしい景観と山の醍醐味を味わったことでしょう。夏の暑さの花より、涼しいところに咲く山野草、あこがれ、熱い家で辛抱しているのみ・・・(しくしく)
花の思い出
木下博民 様
専門でないので分かりませんが、夾竹桃はたくましい樹木のようです。これが真夏になると満開になる、まさに酷暑の花ですね。
知らないことは恥ずかしい、木槿を芙蓉とずーっと間違え、信じていました。いろんな種類があるので間違えるのかもしれませんが、調べる手間は大事だとつくづく感じています。
夏の花
この猛暑にも、カンラカンラと笑って咲いているように見える夾竹桃の花を見ると、その逞しさに脱帽してしまう。そして咲いている期間もかなり長い。
夾竹桃の花を見ると、まだ咲いている夾竹桃の馬鹿 時実新子の句を思い出します。
得てして妙!
うわつ 様
時実新子、名川柳ですね。思わず一人笑いしました・・・時に市議、市長選は無投票かもと言われていましたが、どちらも選挙戦になりそうですね。新しいことを求めるのではなく、良き昭和の時代に戻してもらいたい候補はいませんか?
 四万十方面にも、百日紅が植えられていて、この時期、訪れた者の目を楽しませてくれます。ただ、この暑さに負けて、誰も観賞に及んではいないようですが・・・。グロリオーサは、昨年、奥様に球根をいただき、無事根付いたのか、美しい花を見ることができました。我が家の女子が喜んでおります。
夏の花
tentijin 様
グロリオーサははびこる球根類ですね。我が家も駐車場を占領しつつあります。夏の花は数少ないですね。食いしんぼうさんみたいに、北アにでも行けば、お花畑に咲いているかわいい花々に出会うことができるのですが・・・この炎天下では干渉する余裕もありません。暇な私くらいでしょうか?(爆)

管理者にだけ表示を許可する